説明

アルバニー インターナショナル コーポレイションにより出願された特許

1 - 10 / 110


【課題】継ぎ目の強さを改善し、端部カールを除去し、シート形成を改善し、平滑性を改善し、寸法安定性を改善し、3重層布を含む全てのタイプの布中の布低品位を減少する。
【解決手段】成形布として使用される抄紙布10。布10は、熱処理後に本質的な強さ及び粘着力を保持する材料から形成されてもよい結合可能又は溶融可能な単繊維糸を含んでいるかもしれない。更に、成形布中のその他の糸は、熱により接合又は溶融するであろう単繊維材料より高い溶融温度を有している材料から形成されるかもしれない。 (もっと読む)


【課題】最終的に作られるファブリックの幅より小さい幅を有する編まれたファブリック帯状片の部分から作成されるファブリックを提供すること。
【解決手段】フルワイドの産業用ファブリックを製造する方法であって、ファブリックがファブリックの所定の機械方向において無端であるものにおいて、ファブリック帯状片を編むステップであって、その編まれたファブリック帯状片の幅がフルワイドのファブリックの幅より狭いステップと、編まれたファブリック帯状片を螺旋状に巻き付けるステップであって、編まれたファブリック帯状片のエッジが、その後に巻き付けられる編まれたファブリック帯状片のエッジと隣り合うステップと、巻き付けられた編まれたファブリック帯状片の隣り合ったエッジに沿って編みループを位置付けるステップと、編まれたファブリック帯状片の隣り合ったエッジ上の編みループを連結するステップとを備える。 (もっと読む)


【課題】
スパンボンド法において模様を有する不織物の形成用の装置及び方法を提供する。
【解決手段】
第1のベルト上に不織材料の第1のウェブを形成するためのスパンボンド装置と、第2のベルト上に不織材料の第2のウェブを形成するためのメルトブロー装置とを含む不織物の製造装置及び製造方法。第2のベルトは第1のベルトの移動方向とは反対に移動し、そして形成後、模様を第1のウェブ上に第2のウェブを堆積させることにより複合スパンボンド及びメルトブローウェブを形成する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、干渉を減少させたパターンを有し、従って、改良された脱水均一性を有する抄紙機用の多層多軸布を提供する。
【解決手段】本発明は、複数の織り交ぜられたMDヤーン及びCDヤーンを有する上部層と、複数の織り交ぜられたMDヤーン及びCDヤーンを有する下部層と、前記上部層と前記下部層との間に配置された不織層とを有することを特徴とする抄紙機に使用する多軸布を提供する。また本発明は、複数の織り交ぜられた機械方向MDヤーン及びCDヤーンを有する上部層であって、内側及び外側を有する上部層と、複数の織り交ぜられたMDヤーン及びCDヤーンを有する下部層であって、内側及び外側を有する下部層とを有する抄紙機に使用する多軸布であって、前記上部層の前記内側及び前記下部層の前記内側は、所定の技術により、平坦化されることを特徴とする多軸布を提供する。 (もっと読む)


【課題】不法侵入の可能性や不要な通気を減少させ、機械保護ドア装置におけるドアカーテンの内側又は外側への不要な隆起に安全に耐えることが出来る工業用ドアを提供することである。
【解決手段】ドア開口部の上に配置された上部ロールの周囲に巻くことが可能で、かつ駆動システムが設けられた柔軟性ドアカーテンを含む、高負荷運転工業用ロールドア。そのロールドアは、ドアカーテンに固定された底部梁と、負荷がかけられたときドアが移動することに抵抗するためのバイアススプリングと、予め決められた点を越えてバイアス手段が移動することを防ぐためのポジティブストップ部と、を含む。 (もっと読む)


【課題】成形布として使用される抄紙布であって、端部カールを除去し、継ぎ目の強さ、シート形成、平滑性、寸法安定性を改善し、3重層布を含む全てのタイプの布中の布低品位を減少する。
【解決手段】複数のMD糸16,20及びCD糸18,22を有する第1層12;複数のMD糸とCD糸を有する第2層14;第1層と第2層中のMD糸とCD糸は単繊維糸であり;第1層並びに第2層のCD糸の少なくともいくつかを含むある群は、第1の融点温度を有し、そしてその他の糸は1つ以上の融点温度を有し、各融点温度は第1の融点温度より高く;また布は、その他の糸の1つ以上の融点温度の各々よりなおいっそう低い第1の融点温度と少なくとも等しい前もって決められた温度に加熱され;及び第1層のCD糸並びに第2層のCD糸は、加熱される以前に互いに接触あるいは互いに近接しており、前もって決めた温度に加熱された後に互いに接合する、ことを含む形成布。 (もっと読む)


【課題】より滑らかで、より平坦で、恒久的に変形している表面を有しながらも、耐久性があり及びコスト効果の良い工業用加工布を提供する。
【解決手段】抄紙機用布を加工する方法において:基材が恒久的に変化させられる様に少なくとも2つの平滑ロールに該基材を通過させる工程より成り、そこで前記平滑ロールは前記基材に隙間型又は負荷型平滑を適用するのであり、基材の全幅を平滑にする場合は、前記平滑ロールは予め選択された隙間幅に設定されており、基材の全幅より狭い幅を平滑にする場合は、前記平滑ロールは予め選択された隙間幅又は予め選択された負荷に設定されていることを特徴とする抄紙機用布を加工する方法。 (もっと読む)


【課題】溝を形成するようにリボン配置を用い、機械加工を用いずにベルト及びロールの表面上に溝又はその他のパターンを形成する手法を提供すること。
【解決手段】紙及び紙製品の製造に使用するロールカバーの製造方法であって:a)前記ロールカバーの基礎構造を設けるステップと;b)前記基礎構造上に化学反応性材料を載置するステップと;c)前記化学反応性材料の層上にエラストマー材料を堆積させるステップと、ここで前記化学反応性材料は溝のパターンを作るために前記エラストマー材料と反応し結合を作り出す;を有することを特徴とする方法。 (もっと読む)


2つの横方向端に配置された縫い目ループを伴うファブリックを製造するために、ベースファブリック層が内側に折り畳まれて平らにされる平らに織られた全幅のベースファブリック層から、機上での縫い合わせが可能な積層された産業用ファブリックを作る。
(もっと読む)


本発明は、平織りファブリックの超音波ギャップ溶着に関する。特に、本発明は、制御されたギャップを用いてファブリックの末端縫い目編み糸端部を超音波溶着する方法に関する。溶着の深さと溶着エネルギの量とに基づいてホーン(26)と金敷きの間の距離又はギャップを所定レベルに制御するために機械式ストップ(15)を用いることができる。制御の他の程度を加えることにより、本発明の超音波ギャップ溶着は、従来の縫い目より、更には接着によって強化されたそれらよりも強いファブリック縫い目を達成することができ、かつ、スポット溶接によって、或いはファブリックの末端編み糸端部に沿って、ファブリック縫い目を形成するのみ貢献する。
(もっと読む)


1 - 10 / 110