説明

国際ディスプレイ工業株式会社により出願された特許

1 - 6 / 6





【課題】従来の揺動玩具は人形が左右、前後の三次元方向に揺動することにより、面白い動きをすることが出来たが、その揺動は滑らかな一定の振幅であり、面白みを求め、変化を求めるには、人があらためて人形に触れて押し、揺動の規則性を不規則揺動にしなければならなかった。
【解決手段】駆動永久磁石に磁気的な駆動力を働かせるための電磁石を玩具固定部の駆動永久磁石と対向する位置に固設し、その電磁石に公知の電子回路で間欠通電させることにより、ピボット軸受部を回転中心として立体的に回動しながら揺動する玩具揺動部の揺動を電磁的に励振する揺動玩具において、前記玩具揺動部固設の駆動永久磁石の立体的作動範囲を拘束制限するための拘捉磁石を前記玩具固定部で且つ前記駆動永久磁石に磁力の影響を与える位置に、少なくとも1個以上前記駆動永久磁石に対峙させた揺動玩具。 (もっと読む)


【課題】 人形搖動部の振幅や振動方向を変化させて、見ている人を飽きさせず、視覚により楽しむことができる搖動人形玩具を簡単な構成で得る。
【解決手段】人形固定部と人形搖動部とを上下の軸と軸受によって人形搖動部の水平搖動自在に支持させ、上下の軸の軸芯中心線上に弾性体棒を配置させながら搖動部を固定部に吊り下げ連結させ、固定部に設けた電磁コイルに通電することにより、搖動部周辺固着の永久磁石が電磁力を受け、搖動部を回転させ、その回転により弾性体棒をねじることにより搖動の復元力を得て搖動を持続させる。
(もっと読む)


【課題】 人形揺動部の振幅や振動数を変化させることによって、見ている人を飽きさせず、視覚によって楽しむことができる揺動人形玩具を簡単な構成で得る。
【解決手段】 人形固定部に対し人形揺動部を揺動自在に支持させる支持機構と、固定部に回動自在に設けた振り子と、この振り子の一端に固設した主動磁石と、この主動磁石の磁力作用を受けるように上記人形揺動部の後側に埋設した従動磁石と、振り子揺動装置によって揺動する前記主動磁石との相対的磁力により上記人形揺動部を上下(前後)、左右に動かすようにしたものである。
(もっと読む)


1 - 6 / 6