ショーワグローブ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 39


【課題】本発明は、耐摩耗性に優れ、長期間使用してもグリップ力の低下が少ない手袋及びその製造方法を提供する。
【解決手段】繊維製の手袋本体2と、この手袋本体の外面のうち少なくとも掌領域に固着された複数の凸状部3とを備え、上記凸状部がゴム製又は樹脂製の基材と、この基材に含有されるフィラーとを有する。当該手袋は、手袋本体が、手本体を覆うよう袋状に形成された本体部と、指を覆うよう上記本体部から延設された延設部とを有し、この延設部の掌側の面の近位指節間関節相当箇所に、上記凸状部の形成されない凸状部不存在領域が配設されている。また、上記延設部が、第二指、第三指及び第四指をそれぞれ覆う第二指部、第三指部及び第四指部を有し、上記第二指部、第三指部及び第四指部の掌側の近位指節間関節相当箇所に上記凸状部不存在領域が配設されている。 (もっと読む)


【課題】断熱性、耐寒性及びクッション性を有しつつ、グリップ性及び柔軟性に優れる手袋の提供をする。
【解決手段】多層構造を有する手袋であって、少なくとも掌領域が、第一基布2と、この第一基布に重畳された第二基布3と、上記第一基布の第二基布側と反対側の面へのゴム又は樹脂組成物の被覆により得られるコーティング層5とを備え、上記第二基布が、第一基布側に突出する凸状部を有し、上記コーティング層が、少なくとも上記凸状部の先端部まで含浸されていることを特徴とする。当該手袋は、上記第一基布が外側に配設され、第二基布が内側に配設されるとよく、また、上記コーティング層中に第二基布の凸状部全体が実質的に埋設されているとよい。 (もっと読む)


【課題】強度、柔軟性、透湿性及び耐薬品性(水、アルコール、アセトン等)に優れ、長時間の着用においても内部が蒸れず、良好な装着性を有する手袋の製造方法及びこのような手袋を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、ポリエステルポリオール(a1)及びポリエーテルポリオール(a2)からなる混合ポリオール(a)とポリイソシアネート(b)とを反応させ、イソシアネート基を有するウレタンプレポリマー(A)を得る第一工程、有機溶媒(B)に溶解された上記ウレタンプレポリマー(A)に対し、ジアミン(c)を用いた鎖延長反応を行い、ポリウレタンウレア(C)の溶液を得る第二工程、及び上記ポリウレタンウレア(C)の溶液に手型を浸漬した後、上記手型を溶液から取り出し、乾燥させ、上記手型表面にポリウレタンウレア(C)の皮膜を形成させる第三工程を有する手袋の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】長期間使用しても防着性が維持され、粘着テープを取り扱う作業等においても作業効率の向上が図られる作業用手袋の提供。
【解決手段】着用者の手を覆う繊維製の手袋本体3と、通気性を有し手袋本体の外面のうち少なくとも掌領域に積層されたコート層5とを備え、上記コート層5が、ウレタン樹脂を主成分とし、変性シリコーンオイルを含有する作業用手袋1であり、上記変性シリコーンオイルとしては、ポリエーテル変性シリコーンなどの非反応性変性シリコーンオイルを採用することが好ましい。 (もっと読む)


【課題】吸湿性が良好で、着用心地、使用感及び着用時の作業性に優れるとともに、滑り止め性、防水性、強度及び耐切創性に優れた手袋を提供する。
【解決手段】金属の細線と、50〜600デニールの太さであって、フィラメント数が100〜1000のフィラメント糸からなる添糸とからなる芯材と、該芯材の周りに被覆繊維が巻きつけられた被覆層とからなる複合繊維で作られた手袋の表面がゴム又は樹脂で被覆されていることを特徴とする耐切創性手袋である。 (もっと読む)


【課題】製造時の離型性及び使用時の着脱性に優れた耐薬品性手袋を提供する。
【解決手段】クロロプレンゴムからなる手袋基体の内面に、ジエン系ゴム、イソプレンゴム、ゴチルゴム、天然ゴムから選ばれるゴム層が設けられ、該ゴム層に滑り加工処理が施されていることを特徴とする耐薬品性手袋である。 (もっと読む)


【課題】背面部の透湿性及び耐摩耗性に優れた手袋を提供する。
【解決手段】繊維製手袋基材の少なくとも背面部の表面に、気泡を含有したゴムの被覆層が形成され、該背面部の被覆層の透湿度が、JIS L 1099A−1(塩化カルシウム法)による測定値で1000〜9000g/m2 ・24hrs.の範囲であり、摩耗損失が、The European Standard EN 388; 2003に準拠し、EN ISO 12947-1で定める試験機Nu−Martindaleを用い100回転時の測定値で40mg以下であることを特徴とする手袋である。 (もっと読む)


【課題】防水性の手袋本体の開口縁を外側且つ指先側に折り返して使用することができ、この際に水が手袋本体の内側に進入することを的確に防止できる防水手袋を提供する。
【解決手段】防水性を有し、袖部分が開口方向に漸次拡径する弾性材料製の手袋本体1と、少なくとも周方向の伸縮性を持った筒状部3を有する伸縮部材とを備え、この筒状部3の一方の端縁部分7aが手袋本体1の開口縁部分に伸状態で接合され、他方の端縁部分5aが手袋本体1の内面のうち開口縁1aから内方位置に伸状態で接合され、筒状部3の長さが手袋本体1の上記開口縁部分及び内方位置の長さ方向距離より大きくする。 (もっと読む)


【課題】本発明の複合繊維は、鋭利な刃物を使用する食肉加工業等において、作業者保護のための安全防護布、防護服、防護エプロン、防護手袋等の安全防護製品に有用で、特に、該複合繊維からなる耐切創性手袋は、吸湿性が良好で、着用心地、使用感及び着用時の作業性に優れている。
【解決手段】芯材と、該芯材の周りに被覆繊維が巻きつけられた被覆層とからなり、前記芯材が金属の細線と、フィラメント糸からなる添糸とからなり、該添糸は金属の細線に巻きつけられていることを特徴とする複合繊維を提供する。 (もっと読む)


【課題】 編機の構成を大きく変えることなく、容易かつ経済的に編み目の密度を大幅に増加させることができ、薄くて風合いの良い編み地を得ることができる技術を提供する。
【解決手段】 複数並んだ各針溝に沿って編針を案内しながら往復動作させることにより編み地を編成する編機の編針案内構造において、各針溝に、単または複数のフックを有する編針を、単独で又は複数重ねられた状態で配置し、これにより、1つの針溝に対して一体的に動作する少なくとも2つ以上のフックを備えさせる。 (もっと読む)


1 - 10 / 39