説明

株式会社正電社により出願された特許

21 - 30 / 34


【課題】 光ケーブルの通信事業者側と加入者側に対するクロージャの設置方向を決定するに当たって即時に対応させることができる構成にして現場での心線接続作業の簡素化と安全化を図り、クロージャの形態のコンバクト化と軽量化とも実現させる。
【解決手段】 光ファイバ心線aを接続するためのコネクタAを収納するコネクタ収納部1と、該コネクタ収納部1に隣接して設けた心線余長収納部2とを備えた成端トレイと、該心線余長収納部2に収納されている分岐光ファイバ心線bを配線するための配線用把持具ベース4とをクロージャ本体5内に左右非対称に設けると共に、前記コネクタ収納部1に接続部ホルダによって多目的接続部収納部として備えた光ケーブル接続用クロージャとした。 (もっと読む)


【課題】 太い光ケーブルと細い光ファイバ心線とが混在する収容トレイでも細い心線を断線することなく保護すると共に接続作業が容易にでき、配線の状態をも目視での識別確認を簡便化し、接続処理作業をも安全に行なえることを図る。
【解決手段】 コネクタ収納部1と、コネクタAに接続された分岐光ファイバ心線bの心線余長を収納する心線余長収納部2とを備えた成端トレイ3と、分岐光ファイバ心線bを配線するための配線用把持具ベース4とをスリーブ5内に設けた光ケーブル接続用クロージャであって、前記コネクタ収納部1が、前記コネクタAを個別に収納する縦壁6と、収納した前記コネクタAを縦壁6に上向き若しくは水平方向或いは下向きに回動自在に支持する支持ピン7のあるコネクタ固定ベース8とを設けて、該コネクタ固定ベース8に嵌脱できるコネクタAに接続される光ファイバ素線或いは光ファイバ外被線を上下傾きで層分け保持するようにした。 (もっと読む)


【課題】光スプリッタ、幹線ケーブルの心線の余長、支線ケーブルの余長、各光ファイバの接続余長を狭いスペースに整然と収納する。
【解決手段】キャビネット本体10の背面板14に、当該背面板との間に空隙ができるように中間基板18を取り付け、中間基板に2組のトレイ積層体22L、22Rを取り付ける。背面板の左側のオープンスペースS2と、それに近い方の前記空隙には、幹線ケーブル44の心線78の余長を収納する。背面板の右側のオープンスペースS4と、それに近い方の前記空隙には、支線ケーブル48の余長を収納する。左側のトレイ積層体22Lの最下層のトレイに光スプリッタを収納し、その上のトレイに光スプリッタの入力側光ファイバと幹線ケーブルの1本の光ファイバとの接続部を収納する。それ以外の複数枚のトレイに、光スプリッタの出力側の光ファイバを複数本ずつに分けて収納し、それらの光ファイバと支線ケーブルの光ファイバ88との接続部を収納する。 (もっと読む)


【課題】細い心線と太い光ケーブルとを別個に収容して細い心線を保護するとともに作業性を改善し、さらに、小型化を図ることができる光ケーブル接続用クロージャを提供する。
【解決手段】光ケーブル12の任意の点において光ケーブル12に含まれている光ファイバ心線11の内の必要な光ファイバ心線11aを切断し、この光ファイバ心線11aに分岐ケーブル13を接続する。この際、光ファイバ心線11aと分岐ケーブル13とを接続するコネクタ14は、トレイ20のコネクタ収納部21に収納される。また、分岐ケーブル13側のコネクタ14bに接続されている外被が除去された分岐光ファイバ心線15の余長をトレイ20の心線余長収納部22に収納するとともに、外被に覆われた分岐ケーブル13の余長はトレイ20の下方に設けられている分岐ケーブル余長収納部31に収納される。 (もっと読む)


【課題】外観形状を小型化することができ、しかも光ファイバ心線の配線形態が整理し易く、施工及び保守点検作業が容易となるスプリッタモジュールを提供する。
【解決手段】光ファイバ心線を分配するスプリッタモジュール10において、光ファイバ心線を分岐した各心線の余長部を円形状の心線ガイド部で許容曲率半径に確保して受ける心線受部11と、心線受部11で分岐した各心線を各光ソケットに接続するコネクタ収納部12と、コネクタ収納部12の開口部を覆う蓋体13とを備え、心線受部11とコネクタ収納部12とを積重構造とし、コネクタ収納部12には心線受部11から掛け渡された各心線を挿通する開口部が設けられ、心線受部11は、各心線の一群を心線受部11の心線ガイド部の外周側に掛け渡し、かつ各心線の残りの一群を記心線受部11の心線ガイド部にS字状に掛け渡して受け、各心線の端部をコネクタ収納部11の各光ソケットにそれぞれ接続する。 (もっと読む)


【課題】隣り合うコネクタ間のスペースを十分小さく抑えて、小型化する。
【解決手段】底板12上に、コネクタの厚さに相当する間隔をおいて複数枚の壁14A、14B、14Cを立設してコネクタ差込凹部16を形成する。一端側の壁14Aと中間の壁14Bに第一の弾性支持片40を立設し、他端側の壁14Cと中間の壁14Bに、第一の弾性支持片14Aからコネクタのフランジ部の厚さに相当する間隔だけ離して第二の弾性支持片42を立設する。第一の弾性支持片40の先端部に、他端側の壁14Cの方に向けて第一の係止爪44を突設し、第二の弾性支持片42の先端部に、反対側に向けて第二の係止爪46を突設する。弾性支持片40、42は、中間の壁14Bの厚さの範囲内で、それぞれ係止爪44、46と反対側へ反り返るように弾性変形可能である。コネクタのフランジ部を筋向かいの位置関係にある第一と第二の係止爪44、46の側面で挟み、第二の係止爪46でコネクタの壁高さ方向への抜け出しを抑える。 (もっと読む)


【課題】外観形状を小型化することができ、しかも光ファイバ心線の配線形態が整理し易く、施工及び保守点検作業が容易となる光ケーブル用コネクタ収納ケースを提供する。
【解決手段】光ケーブルの各心線を分配するコネクタ収納ケースであって、コネクタ収納ケース10が、光ケーブルよりの各心線を円形状の心線ガイド部で一定の曲率半径に確保して受ける心線受部と、該心線受部からの各心線の余長部を収納する余長収納部と、該余長収納部からの各心線を接続するコネクタ収納部とを備え、前記心線受部にて、前記各心線の一群を前記心線受部の心線ガイド部の外周側に掛け渡し、かつ前記各心線の他の群を前記心線受部の心線ガイド部にS字状に掛け渡して受け、前記余長収納部を経て各心線の端部を前記コネクタ収納部の各ソケットに接続するようにした。 (もっと読む)


【課題】ケース外に引き出された光伝送線に弛みがある場合に、その弛みをケース外に簡単に保持できる光伝送線分岐部収納ケースを提供する。
【解決手段】ケース本体22が底板18と外周壁20とを有する。外周壁20の4つのコーナー部のうちの1つのコーナー部付近に幹側光伝送線12の引出部26を設け、引出部26から遠い方の2つのコーナー部に光伝送線の保持部28を設ける。保持部28は、周方向に離して設けられた、外周壁の上端縁側から光伝送線を抱える上側抱持片30と下端縁側から光伝送線を抱える下側抱持片32とで構成される。 (もっと読む)


【課題】複数本の光伝送線の余長を収納する場合に、個々の光伝送線の引き出し長さを容易に調整できるようにする。積層厚さを薄くして小型化する。
【解決手段】中心部に開口部34を有する鍔板36の上面に環状の巻き胴38を突設し、前記鍔板36及び巻き胴38に、鍔板の開口部34から巻き胴38を超えて巻き胴38の外側の鍔板36の内周部にまで達する切欠き部40を形成してなるリール単体32を用いる。このリール単体32を複数枚、前記切欠き部40を周方向に順次ずらして、かつ上下に隣り合う鍔板36の間隔を光伝送線3が1本だけ入る間隔に保って積層する。各層毎に鍔板36の開口部34から導入された光伝送線3を、前記切欠き部40を通して巻き胴38の外側に引き出し、巻き胴38の周りに渦巻き状に巻いて収納する。 (もっと読む)


【課題】光ケーブル端末固定具や光ファイバ心線の把持具をコンパクトに纏め、かつ作業性の良い光ケーブル引留把持機構を提供することにある。
【解決手段】光ケーブル端末の抗張力線を挿入する孔を有し、該孔に挿入された抗張力線をネジ留めする引留めブロック51と、該引留めブロックを固定保持する固定台55とを備えた光ケーブル端末固定具と、少なくとも1個以上のスリット21を有し、該スリットが複数本の光ファイバ心線を束ねて被う角チューブを把持するように構成された光ファイバ心線把持具本体20と、該把持具の上面を被う蓋体30とを備えた光ファイバ心線把持具と、光ケーブル入力側に前記光ケーブル端末固定具が、またその後方に近接して光ファイバ心線把持具が取り付けられる台座40を備えた。 (もっと読む)


21 - 30 / 34