大分県により出願された特許

1 - 10 / 31


【課題】ウシ個体における枝肉重量、または、体高を増加させる遺伝的能力を評価する遺伝子マーカー、及び、そのマーカーを用いた評価方法を提供すること。
【解決手段】配列番号1の塩基配列から成るウシPTPDC1遺伝子のcDNAの964番目の塩基に対応する塩基、配列番号2の塩基配列から成るFGD3遺伝子のcDNAの47番目、556番目、または、557番目の塩基に対応する塩基、あるいは、配列番号3の塩基配列から成るウシSUSD3遺伝子のcDNAの53番目の塩基に対応する塩基を決定し、順に、G、C、T、G、Aである時に、そのウシ個体の枝肉重量、または、体高を増加させる遺伝的能力が、各塩基が野生型であるウシ個体より高いと評価し、枝肉の重量が重く、体高が高いと予測する。 (もっと読む)


【課題】可撓性を保持しつつ耐部分放電性を高めるとともにコストの低廉化を図ることのできる絶縁電線を提供すること。
【解決手段】導体100上に少なくとも2以上の耐部分放電層300a〜300eが形成された絶縁電線であって、前記各耐部分放電層は、所定の樹脂と所定の無機絶縁微粒子との混合物で構成されており、前記所定の無機絶縁微粒子は、表面に近い前記耐部分放電層ほど濃度が高まる濃度勾配をもって配合されたものである。 (もっと読む)


【課題】凍結精液を作出し、それを用いた人工授精を普及させるために、全ての品種にお
いて安定的に凍結精液を作出できる技術を提供することを、本発明の課題とする。
【解決手段】精漿を除去して凍結した精子が融解後に高い運動性を維持すること、精漿を
除去して凍結した精子を融解した場合に融解直後に受精可能な精子へと変化するために受
胎効率が低下すること、および、精漿を除去して凍結し融解の際に精子に精漿を添加する
と先体反応が抑制されその結果受胎率が上昇することを見出し、従来法よりも優れた凍結
精子の調製を可能とすることによって、上記課題を解決した。 (もっと読む)


【課題】 生産性に優れ、圧潰れがなく、安価な製品を容易に得られる、竹材の曲がり矯正方法及びその装置を提供する。
【解決手段】元々持っていた曲がりとは逆向きの曲がりに反転させる負荷を一時的に加えることによってその竹材の曲がりを矯正するにあたって、竹材1を支持する1対の支持ロール2、3と、前記竹材1に対し直角方向の集中荷重を加える押し込みロール4を前記2支持ロール2、3間に配置し、いずれのロールも鼓状に形成し、且つ少なくとも1個のロールを回転駆動させると、前記竹材1がその軸の周りに回転しながら前記2支持ロール2、3の一方から他方に向って通過するよう、前記各ロールの軸を前記竹材1の通過方向に対して傾斜させている。 (もっと読む)


【課題】ウシの脂肪交雑形成能力を遺伝子型解析により判定するウシの脂肪交雑形成能力の予測、遺伝子型判定方法およびそれに使用するキットを提供する。
【解決手段】ウシのRPL27遺伝子の第1エキソン開始点から−7272bp部位におけるSNPタイプをPCR−RFLPで分析することによりウシの脂肪交雑形成能力の予測、遺伝子型を判定する。 (もっと読む)


【課題】プローブカードに設けたコンタクトピンを付勢するための付勢手段の破損を防止し、通電できる電気信号の電流値を大きくできるようにすること。
【解決手段】本発明では、プローブカードにおいて、検査対象物の電極に接触させるコンタクトピンと、コンタクトピンを検査対象物の電極に向けて付勢する付勢手段と、コンタクトピンと導通し、コンタクトピンに伴って移動可能な信号線とを有することにした。特に、前記コンタクトピンを移動可能に保持するホルダーを基板に装着するとともに、前記基板に、前記コンタクトピンを移動自在に保持するためのコンタクトピン保持層と、前記信号線を形成するための電極層と、前記信号線をコンタクトピンに伴って移動可能とする間隙を形成するための間隙形成層と、前記付勢手段を収容するための付勢手段収容層とを積層して形成することにした。 (もっと読む)


【課題】長時間にわたるコンピュータ操作に起因する使用者の頸部や肩甲帯の苦痛の発生を防止すること。
【解決手段】本発明では、コンピュータ(2)にキーボード(3)とともに接続される入力装置(1)において、コンピュータ(2)の使用者(6)の頸部又は肩甲帯に装着され、使用者(6)の頸部、肩甲帯、頸部及び肩甲帯のいずれかの動作によってコンピュータ(2)への入力操作を可能としたスイッチ(17,18)を設けることにした。特に、前記スイッチ(17,18)は、周囲を弾性体(23,24)で被覆し、また、使用者(6)の頸部に引掛けるための首掛け体(7)で支持し、また、使用者(6)の頸部の左右両側又は使用者(6)の左右両側の肩甲帯に配置し、さらに、コンピュータ(2)に接続されるマウス(4)の左右のクリックボタン(21,22)として機能するようにした。 (もっと読む)


【課題】温泉施設のメンテナンス作業を十分に軽減するのに有用なスケール付着抑制方法及びこれに用いる硫黄含有材料を提供すること。
【解決手段】本発明に係るスケール付着抑制方法は、カルシウム系温泉及び/又はマグネシウム系温泉が接触する流路又は貯槽の内面を、硫黄及び骨材を含む原料組成物を溶融させた後に固化させて得られる硫黄含有材料によって形成することを特徴とする。本発明によれば、温泉成分に由来するスケールが流路又は貯槽の内面に付着するのを抑制できるのみならず、仮にスケールが付着したとしても、これを容易に取り除くことができる。 (もっと読む)


【課題】竹製圧縮材の材料となる多数の竹材料をまとめたものを圧縮するときに竹組織の密度が低い部分を効率よく圧縮できるようにして全体における竹組織の密度の均一化を図り、曲げや割れ等に対する強度が従来のものよりすぐれた竹製圧縮材を提供する。
【解決手段】圧縮用竹材料(9)は所要の長さを有し断面形状が台形状の八本の竹材料(90)で構成されている。竹材料(90)は、圧縮用竹材料(9)の外面側となる幅広側が組織の密度が低く、内面側となる幅狭側が組織の密度が高くなっている。各竹材料(90)は傾斜面を互いに密着させて円を描くように配され、傾斜面間には接着剤が入れてあり、中心に孔部(91)が形成されている。圧縮用竹材料(9)を、竹組織の密度が低い外面側に所要の圧力がかかるように、加熱しながら断面円形状の狭小部を通し、組織を圧縮して所要の形状に成形する。 (もっと読む)


【課題】魚の免疫力を強化し、魚病の発生を簡便に抑制できる、魚類用免疫賦活剤及び魚類用免疫賦活用飼料を提供する。
【解決手段】カンゾウ油性抽出物からなる魚類用免疫賦活剤。 (もっと読む)


1 - 10 / 31