ユニバーシティー・オブ・マイアミにより出願された特許

1 - 5 / 5


【課題】コエンザイムQ10(CoQ10)を含んでなる薬剤組成物、および、がんを治療し、がん細胞の増殖を選択的に低下させ、がん細胞にアポトーシスを引き起こし、腫瘍が媒介する血管形成を阻害するためのCoQ10の使用方法を提供する。
【解決手段】CoQ10の局所用製剤は、動物対象における腫瘍の増殖速度を低下させる。本明細書に記載された実験では、CoQ10は、皮膚がん細胞培養物におけるアポトーシス速度を増大させるが、正常細胞では増大させないことが示された。さらに、担がん動物をCoQ10の局所用製剤で処理すると該動物における腫瘍の増殖速度を劇的に低下させることが示された。 (もっと読む)


TNF受容体スーパーファミリーメンバー25(TNFRSF25、DR3)に特異的な組成物は、制御性T細胞を制御することによって免疫応答を調節する。 (もっと読む)


SDF−1αが成熟内皮細胞(EC)におけるE−セレクチンの発現を特異的にアップレギュレートして、EC−内皮前駆細胞(EPC)間の接着及びEPCホーミングを増加させるという発見に基づく、組成物、キット、及び糖尿病性創傷の治癒を促進する方法。糖尿病の対象における創傷治癒を促進する方法は、E−セレクチンタンパク質又はE−セレクチンタンパク質をコードする核酸、及び任意に、E−セレクチンの発現を特異的にアップレギュレートする薬剤(例えば、SDF−1α)、を含有する治療有効量の組成物を提供する工程を含む。前記方法は、対象に高圧酸素療法を実施する工程をもまた含む場合がある。組成物の対象への投与は、骨髄由来前駆細胞の創傷への遊走、創傷治癒の促進、及び対象におけるE−セレクチンの発現のアップレギュレーションをもたらす。 (もっと読む)


病原細胞上の抗原および免疫細胞に結合するキメラ融合分子を含む癌処置用組成物。分子は、免疫細胞を病原細胞へ方向転換すなわちリダイレクトする。精製された融合タンパク質は、腫瘍細胞表面の抗原、NK細胞等の免疫細胞の細胞表面受容体に結合する能力を示した。キメラ融合タンパク質は腫瘍標的に対して向けられる細胞毒性活性の増加を呈した。 (もっと読む)


CoQ10の局所用製剤は、動物対象における腫瘍の増殖速度を低下させる。本明細書に記載された実験では、CoQ10は、皮膚がん細胞培養物におけるアポトーシス速度を増大させるが、正常細胞では増大させないことが示された。さらに、担がん動物をCoQ10の局所用製剤で処理すると該動物における腫瘍の増殖速度を劇的に低下させることが示された。
(もっと読む)


1 - 5 / 5