説明

横浜油脂工業株式会社により出願された特許

11 - 20 / 29


【課題】油分の拭き取りなどの前処理工程を必要とせずに撥水膜塗布作業を行うことができるガラス表面に付着された油分などの汚れ除去機能を有し、かつPFOS規制及びVOC排出規制に対応した水溶液タイプの撥水剤を提供。
【解決手段】(A)ガラス表面に露出したシラノール基と共有結合する変性シリコーンオイルを5〜20重量%、(B)研磨剤を1〜10重量%、(C)ヒュームドシリカを0.2〜4重量%、(D)アルコールを10〜40重量%、(E)酸を前記変性シリコーンオイルの5〜30重量%、および(F)残部として水を含む油汚れ除去機能を有する撥水剤。 (もっと読む)


【課題】本発明の解決しようとする課題は、鶏肉加工食品の製造工程における加熱時の歩留まりを向上させ、且つ鶏肉加工食品の食感を柔らかくジューシーにすることができる鶏肉加工用組成物及び当該鶏肉加工用組成物を利用した鶏肉加工食品の製造方法を提供することにある。
【解決手段】油脂と乳酸ナトリウムを含むことを特徴とする鶏肉加工用O/W型エマルション組成物を用いることにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】油分の拭き取りなどの前処理工程を必要とせずに撥水膜塗布作業を行うことができるガラス表面に付着された油分などの汚れ除去機能を有し、かつPFOS規制及びVOC排出規制に対応した水溶液タイプの撥水剤を提供。
【解決手段】(A)ガラス表面に露出したシラノール基と共有結合する変性シリコーンオイルを5〜20重量%、(B)研磨剤を1〜10重量%、(C)分散剤を0.2〜2重量%、(D)アルコールを10〜40重量%、(E)酸を前記変性シリコーンオイルの5〜30重量%、および(F)残部として水を含む油汚れ除去機能を有する撥水剤。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、水に溶けにくいクルクミンを水に分散しやすい組成物とすることによって飲料等への配合を可能とし、長期間保存してもクルクミン含有粒子の沈殿を生じることがなく、光に対する高い安定性を保持し、かつ、添加された飲食品においても食感や風味等に悪影響を及ぼすことのない水分散性の優れたクルクミン組成物を提供することにある。
【解決手段】クルクミン含有粒子を乳化剤、水系溶媒の存在下210ナノメートル以上420ナノメートル以下に粉砕することにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】塗膜剥離工程において、作業の安全性を確保でき、低コストで簡便な剥離処理を行うことができ、かつ高温使用時でも鉄系素材に錆を発生させないように腐食抑制添加成分を添加した塗膜用水系剥離剤およびこれを用いる塗膜剥離方法を提供する。
【解決手段】高温使用時でも鉄系素材に錆を発生させないように腐食抑制添加成分を添加した塗膜用水系剥離剤であって、1価または2価のアルコール系溶剤を5〜90重量%、水を5重量%以上、腐食抑制添加成分としてグルコン酸塩を0.01〜10重量%含有する塗膜用水系剥離剤、および該塗膜用水系剥離剤を用いる洗浄・剥離工程による塗膜剥離処理方法。 (もっと読む)


【課題】アルミニウムまたはアルミニウム合金製の部品に付着した固体潤滑剤系の硬化被膜に対して、優れた剥離性と部品への防食性を有し、硬化被膜の剥離後に、部品の再利用を可能にする剥離剤及び剥離方法を提供すること。
【解決手段】アミン系溶剤と、1価アルコール系溶剤及び/または2価アルコール系溶剤と、リン酸エステル系化合物と、水とを含む剥離剤で、高温高圧下の厳しい環境下でも使用されるアルミウニウムまたはアルミニウム合金製の部品に強固に付着した固体潤滑剤系の硬化被膜を剥離除去し、かつ、部品を溶解または変色または劣化させることなく、再度硬化被膜を形成することが可能な状態に戻すことができる。 (もっと読む)


【課題】剥離剤成分として環境破壊の原因となる溶剤などの成分を使用することなく、また剥離処理に際し、浸漬槽などの設備を必要とせず、しかも取扱が容易な2液型塗料用剥離液を提供すること。
【解決手段】剥離成分として無機アルカリまたは有機アルカリを使用するとともに、増粘成分としてエマルジョン化した酸型アクリル系ポリマーを使用し、塗料剥離処理にあたり両成分を混合し、中和反応を行うことによりゲル状増粘塗料剥離剤を作成する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、水に溶けにくい遊離型植物ステロールを水に分散しやすい組成物とすることによって、水系の飲食品への使用を可能とし、かつ、添加された飲食品においても食感や風味等に悪影響を及ぼすことのない水分散性粉末状遊離型植物ステロール組成物を提供することにある。
【解決手段】遊離型植物ステロール粒子のレーザー光散乱法による平均粒子径を5μm以下とし、それに、粉末状の乳化剤と、重量平均分子量が6万以下の寒天粉末とを配合することにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、水に溶けにくい遊離型植物ステロールを水に分散しやすい組成物とすることによって、水系の飲食品への使用を可能とし、長期間保存しても植物ステロールの結晶の沈殿や浮遊を生じることなく、安定した分散状態を保持し、かつ、添加された飲食品においても食感や風味等に悪影響を及ぼすことのない水分散性植物ステロール組成物を提供することにある。
【解決手段】乳化剤として、クエン酸モノグリセライド及び/又はコハク酸モノグリセライドを必須成分とする乳化剤を使用し、水系溶媒に平均粒子径1μm以下の遊離型植物ステロール粒子を分散させることにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、撥水性が高く、且つ、撥水剤のコーティング後において、高い透明性(光沢性)と強度を併せ持つ撥水剤を提供することを課題とする。
【解決手段】撥水剤に少なくともシリコーンオイル、微粒子、微粒子の結合剤、水系溶剤及び水を含有させることで、上記課題が解決できた。
本発明は、また、撥水剤の製造方法、撥水剤を適用したコーティング物品、撥水剤を用いる洗車機にも関する。 (もっと読む)


11 - 20 / 29