説明

ザ ジェネラル ホスピタル コーポレイションにより出願された特許

101 - 110 / 177


【課題】ガストリン/コレシストキニン(CCK)レセプターリガンド、特にガストリン、および表皮増殖因子(EGF)レセプターリガンド、特にトランスファー成長因子アルファ(TGFα)による組み合わせ共同作用の剌激で、膵島前駆細胞が成熟したインスリン産生細胞へと分化するのに影響を与えることによる真性糖尿病の治療を提供する。
【解決手段】ガストリン/CCKレセプターリガンドペプチドとEGFレセプターリガンドペプチドとを含むことを特徴とする。 (もっと読む)


うつ病性障害を処置するための組合せ治療が本明細書において提供される。組合せ治療は、ブプロピオンまたはその代謝物の有効量を、少なくとも1種のセロトニン5−HTIA部分アゴニストまたはその代謝物と共に、うつ病性障害の処置を必要とする患者に投与することを含む。この組合せを含む医薬製剤(包装された医薬製剤を含む)もまた、本明細書において提供される。 (もっと読む)


本明細書において、発達的再プログラミングの際にマウスおよびヒト多能性幹細胞の生成に関して選択するための方法が開示される。本明細書において記述される方法は、誘導多能性幹細胞、すなわち遺伝子選択を必要とすることなく、分化した細胞から生成または誘導された多能性幹細胞の選択に関する。本明細書において1)コロニーの形態、または2)雌性細胞におけるX染色体の再活性化に基づいて、再プログラムされた細胞を選択するための特定の態様が記述される。

(もっと読む)


本明細書では、抗ErbB治療剤を用いた治療に耐性であり、活性化MET遺伝子突然変異またはMET遺伝子増幅に関連する癌を治療するための方法を提供する。この方法では、抗ErbB治療剤と抗MET治療剤の組合せを対象に投与する。癌細胞におけるErbB媒介シグナル伝達またはPI3キナーゼ媒介シグナル伝達を低減するための方法も提供する。ある特定の実施形態では、この癌は、例えば、肺癌、脳の癌、乳癌、頭頸部癌、大腸癌、卵巣癌、胃癌、または膵癌とすることができる。例示的な実施形態では、癌は非小細胞肺癌(NSCLC)である。
(もっと読む)


【課題】電磁放射をフィルタリングするための例示的システム及び方法を提供できる。
【解決手段】例えば、少なくとも一つの第一の電磁放射を受け取り、少なくとも一つの第二の電磁放射を第一の電磁放射の入射方向に関して異なる角度で進行させることが可能な、少なくとも一つの第一の構成(4)を提供できる。第二の電磁放射を受け取り、少なくとも一つの第三の電磁放射を第一の構成(4)に進行させ、さらに少なくとも一つの第四の電磁放射を受け取るよう構成される、少なくとも一つの第二の波長分散構成(5)を提供できる。第三の電磁放射は、第二の電磁放射に基づくことが可能であり、第四の電磁放射は第三の電磁放射に基づくことが可能である。例えば、第二の構成は、少なくとも一つの特定の電磁放射の入射角に関して異なる角度で第二の電磁放射を進行させるよう構成できる。方法の例示的実施形態を提供し、このような例示的技法を実装できる。 (もっと読む)


本明細書の開示は、前立腺癌に臨床的に関連する遺伝子発現プロフィールの同定及び使用を含む。特に、本明細書の開示は、患者の生存及び前立腺癌再発と相関する遺伝子の同定に基づく。該遺伝子発現プロフィールは、核酸発現、タンパク質発現、又は他の発現フォーマットを含み、そして前立腺癌に罹患する対象の生存を予測し、そして前立腺癌再発を予測するために使用することができる。また、該プロフィールは前立腺癌細胞及び組織の研究及び/又は診断、ならびに患者の予後の研究及び/又は決定のために使用することができる。診断又は予後のために使用される場合、該プロフィールは平均余命及び癌再発及び/又は転移の可能性に基づき前立腺癌の治療を決定するために使用することができる。
(もっと読む)


本発明は、Islet 1+(Isl1+)系統に入るように細胞を誘導するための方法、およびislet 1+系統の細胞を拡大するための方法に関する。本発明の1局面は、islet 1+系統に入るように細胞を誘導する方法、より特には、Isl1+系統に入り、内皮系統、平滑筋系統、または心臓系統などの複数の異なる系統に沿って分化することができるIsl1+前駆体となるように細胞を誘導する方法に関する。特に、本発明の1態様は、細胞においてwntシグナル伝達経路を阻害することによって、細胞がIsl1+系統に入るように誘導する方法に関する。本発明の別の局面は、Isl1+前駆体においてwntシグナル伝達経路を活性化させることによって、Isl1+前駆体などのIsl1+系統の細胞を拡大する方法に関する。本発明の別の局面は、心血管疾患の治療的および予防的処置のための、被験体におけるisl1+系統の細胞の使用に関する。

(もっと読む)


装置の典型的な実施形態を提供する。例えば、典型的な装置は、少なくとも一つの第一の電磁放射線をサンプルに提供し、少なくとも一つの第二の電磁放射線を第一のレファレンスに提供し、少なくとも一つの第三の電磁放射線を第二のレファレンスに提供する、少なくとも一つの第一の機構を含むことができる。第一の機構によって提供される放射線の周波数は、通常、時間と共に変化する。典型的な装置は、第一の電磁放射線に付随する少なくとも一つの第四の電磁放射線と第二の放射線に付随する少なくとも一つの第五の電磁放射線との間の第一の干渉を検出するように構成される少なくとも一つの第二の機構も含むことができる。第二の機構も、第一の電磁放射線に付随する少なくとも一つの第六の電磁放射線と第三の放射線に付随する少なくとも一つの第七の電磁放射線との間の第二の干渉を検出するように構成される。 (もっと読む)


電磁放射をフィルタする装置および発生源の構成が提供され、これらは、電磁放射の周波数に基づいて電磁放射の1つ以上の成分(320,340)を物理的に分離するように構成された少なくとも1つのスペクトル分離構成(200)を有しうる。装置および発生源の構成は、回転リフレクタディスクスキャナ(500)など、1つ以上の成分(320,340)に関連する少なくとも1つの信号を受け取るように構成された少なくとも1つの連続回転光学構成を有しうる。更に、装置および発生源の構成は、信号を受け取るように構成された少なくとも1つのビーム選択構成も有しうる。回転ディスク(500)は、ディスク(500)の回転の周波数に応じて、波長スキャンを生成するための反射パターン(520)を有しうる。

(もっと読む)


【課題】癌などの疾患組織をインビボで早期に検出および分子標的評価する。
【解決手段】深部組織における近赤外蛍光賦活の検出を目的として設計した、蛍光媒介式の分子断層撮影撮像システムを使用する。システムでは、標的蛍光分子プローブまたは活性化可能な高感度の蛍光分子プローブを使用できる。このようなプローブにより分子の特異度が向上し且つ高い蛍光コントラストがもたらされる。本発明の新規の断層撮影撮像システムにより、分子プローブの定量および深部組織における三次元の位置特定が可能になる。 (もっと読む)


101 - 110 / 177