説明

ザ ジェネラル ホスピタル コーポレイションにより出願された特許

41 - 50 / 177


医薬品についての医薬品識別データを読み出すために第1の医薬品容器を認識する医薬品識別コンポーネントと、第1の医薬品容器内の医薬品を含む医薬品の組についての属性および関連値を含む場所特有のデータベースを記憶する記憶媒体と、医薬品識別データならびに医薬品についての属性および関連値を取得し、医薬品識別データならびに属性および関連値を用いて医薬品についての情報を生成するプロセッサと、医薬品取扱情報を生成するために医薬品についての情報に1つ以上の規則を適用する規則エンジンと、第2の容器に関連付けられる、医薬品取扱情報を含むマークを、人間または機械あるいはその両方により読み取り可能な形式で出力する出力ユニットとを含む、第1の医薬品容器から第2の医薬品容器へ医薬品を移し替えることを可能にするためのシステムおよび方法が開示される。
(もっと読む)


生物試料から質の良い核酸を抽出するための方法を開示する。本明細書に記載された方法によって得られる抽出物は高収量および高度の完全性を特徴とし、抽出された核酸は、質の良い核酸抽出物が好ましいさまざまな用途、例えば、医学的病状の診断、予後予測または治療法評価に有用である。

(もっと読む)


装置、システムおよび方法の例示的実施形態は、解剖学的構造の範囲内で流体の流れを測定するために提供可能である。例えば、血管内に挿入可能に構築されて、解剖学的構造の少なくとも一部に少なくとも1つの放射を導くように構成される、少なくとも1つの第1のプローブ・アレンジメントを使用することは、可能である。さらに、プローブ・アレンジメントを介して流体から提供される第1の放射と、自身の波長に応じて参照経路から提供される第2の放射との間の干渉を検出するように構成される、少なくとも1つの第2のアレンジメントを提供することは、可能である。さらに、干渉に応じて流体の少なくとも1つの特性を決定するように構成される、少なくとも1つの第3のアレンジメントは、提供されることができる。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物に関し、式中、R1はL1C(O)OTまたはL1C(O)OL2C(O)OTであり;R2は、置換もしくは非置換のC1〜C10アルキル、C2〜C10アルケニルもしくはC2〜C10アルキニル、またはR1であり;nは0〜5の整数であり;各R3は独立してハロゲンまたはR2であり;R4およびR5は独立してH、ハロゲン、CN、またはCF3であり;L1およびL2は各々独立して、結合、置換または非置換のC1〜C10アルキレン、C2〜C10アルケニレン、またはC2〜C10アルキニレンであり;かつTは、H、置換もしくは非置換のC1〜C10アルキル、C2〜C10アルケニルもしくはC2〜C10アルキニル、ニトロフェノール、またはシクロプロピルである。本発明はまた、式(I)の化合物および薬学的に許容される担体を含む薬学的組成物に関し、かつこのような薬学的組成物を投与する工程により哺乳動物に麻酔を提供するための方法に関する。

(もっと読む)



乳オリゴ糖または乳オリゴ糖を含む複合糖質の投与を含む、被験体において炎症を阻害する方法が開示される。本発明の1つの局面は、その必要のある被験体に、1つまたはそれ以上の乳由来オリゴ糖またはそのオリゴ糖を含む1つまたはそれ以上の複合糖質を含む、有効な量の組成物を投与することによって炎症を阻害する方法を特徴とする。乳由来のオリゴ糖は、オリゴ糖の非還元末端に位置する第1の糖単位(すなわち、フコース、ガラクトース、マンノース、またはシアル酸)、および第1の糖単位に直接連結した第2の糖単位(すなわち、ガラクトース、グルコース、マンノース、またはN−アセチルグルコサミン)を含む。
(もっと読む)


本発明の目的は抗白髪剤の提供にある。本発明は抗白髪剤のスクリーニング方法であって、候補薬剤をin vitroで細胞に適用し、当該細胞のAFF−4の発現を亢進させる薬剤を選定することを特徴とする方法、並びにかかる方法により選定されたレイシ(Ganoderma lucidum (Fr.) Karst.)、ニンジン(Panax schinseng Nees)、コメヌカ(Oryza Sativa (Rice) Bran)及びヒキオコシ(Rabdosia japonicus)からなる群から選ばれる少なくとも一種の生薬のエキスを、AFF-4の発現亢進に有効量で含有する抗白髪剤を提供する。
(もっと読む)


気道器官バイオリアクター装置、その使用方法、ならびに前記方法を使用して作製したバイオ人工気道器官、ならびに前記バイオ人工気道器官を使用して被験体を処置する方法を提供する。

(もっと読む)


【課題】正確な画像システム、プロセスおよび穿刺生検プローブであって、干渉計測距装置を用いて組織タイプを認識するためのシステム及び装置、プロセス、ソフトウェア構成、記憶媒体を提供する。
【解決手段】システム600は、光学連結器58を介して光学ファイバ25に連結された画像システム5と、光学ファイバ29とを含む。光学ファイバ25は、注射器51に操作可能に連係され、かつ注射針52の内径部を通過する。ホルダ612は注射外筒により注射器51に連係される。フィードバック装置620はホルダ612に連係されてもよい。 (もっと読む)


【課題】望ましくない皮膚状態の治療薬及び腫瘍性疾患治療薬の提供及び肝細胞増殖因子依存性リンパ内皮細胞増殖を抑制する化合物の同定方法の提供。
【解決手段】リンパ管の発生及び機能を調節するために肝細胞増殖因子活性を調節するための組成物を使用する。肝細胞増殖因子活性作動薬として、肝細胞増殖因子ポリペプチド、その類似体をコードする核酸が例示される。また腫瘍性疾患治療には、肝細胞増殖因子活性拮抗薬を使用する。より具体的には、α9インテグリン活性拮抗薬が使用される。 (もっと読む)


41 - 50 / 177