説明

ザ ジェネラル ホスピタル コーポレイションにより出願された特許

51 - 60 / 177


【課題】望ましくない皮膚状態の治療薬及び腫瘍性疾患治療薬の提供及び肝細胞増殖因子依存性リンパ内皮細胞増殖を抑制する化合物の同定方法の提供。
【解決手段】リンパ管の発生及び機能を調節するために肝細胞増殖因子活性を調節するための組成物を使用する。肝細胞増殖因子活性作動薬として、肝細胞増殖因子ポリペプチド、その類似体をコードする核酸が例示される。また腫瘍性疾患治療には、肝細胞増殖因子活性拮抗薬を使用する。より具体的には、α9インテグリン活性拮抗薬が使用される。 (もっと読む)


MiR−33マイクロRNAを標的とする核酸配列を含む組成物が、コレステロール関連障害の治療におけるその組成物の使用と共に記載される。
(もっと読む)


抗血管新生化合物の投与、または血管破壊療法もしくは切除療法と抗血管新生化合物の投与の組合せを使用する、ウイルス関連病変を治療する方法が記載される。 (もっと読む)


生物組織上又は生物組織内の位置を決定するための代表的な実施形態の装置、方法、及びシステムを提供することができる。例えば、かかる代表的な実施形態を用いて、光学撮像プローブの焦点を制御することが可能である。他の代表的な実施形態では、光学的撮像ブロー部とともに、又は光学的撮像プローブの内部にマーキング装置を実施することができる。一代表的な実施形態によると、光学的撮像技術を用いて取得された生物組織の少なくとも一部の少なくとも一つの画像に関連付けられた情報を(1以上の構成部を用いて)受けることができる。さらに、この情報に基づいて、少なくとも一つの電磁放射を用いて少なくとも一つの部分の少なくとも一つの場所の上又は内部の視覚的変化をもたらすことができる。 (もっと読む)


本発明は、アテローム性動脈硬化性プラークを検出するための造影剤、及び、アテローム性動脈硬化性プラーク及びアルツハイマー病の治療剤として有用な新規のクロモリン類似物、及び、前記クロモリン類似物の製造方法を提供する。そのクロモリン類似物は、下記の式(I)又は(II)にて表される化合物、又は、その塩、若しくは、エステルである。
【化1】


【化2】


(式中、Xは、OH,C1−C6アルコキシル、18F、又は、19Fであり、YおよびZは、 C1−C6アルキル、C1−C6アルコキシル、ハロゲン、非置換若しくはC1−C6置換アミン、18F、19F 、又は、Hから独立して選択され、nは1,2、又は3であり、そして、式(I)において、両方のnが1であり、かつ、YおよびZの両方がHであれば、XはOH以外のものとなる。)
(もっと読む)


【課題】損傷または罹患した腎臓細胞において発現されるポリペプチドに結合する抗体、ならびにそのような抗体の産生および使用のための方法を提供する。
【解決手段】本発明は、損傷または罹患した腎臓細胞において発現されるポリペプチドに結合する抗体、ならびにそのような抗体の産生および使用のための方法に関する。KIM−1(腎臓損傷分子−1)発現細胞からの可溶性KIM−1ポリペプチドのタンパク質分解性放出を阻害する抗体、抗体誘導体、または抗原結合ポリペプチドが開示される。KIM−1ポリペプチドの分断を阻害するために、この抗体、抗体誘導体、または抗原結合ポリペプチドを使用する方法もまた、開示される。 (もっと読む)


本発明は、失われた記憶の回復を増強および改善のための方法および製品に関する。特に、本方法は、HDAC2を阻害することおよびまたはHDAC1/2またはHDAC1/2/3を選択的に阻害することにより達成される。
(もっと読む)


【課題】ガンの初期段階の検出やガンのスクリーニング及び腫瘍縁の外科的検出のような臨床的処置に、標準的な組織病理学に近い分解能をもつ非侵襲性画像化技術を提供する。
【解決手段】光ファイバ9の末端に接続された可撓性プローブによる内視鏡法に特に有用な走査型共焦点顕微鏡法システム及び装置。プローブは、対象物のある領域にわたって1次元に延びるスペクトル成分を有する多重スペクトル光のビームを送出し、別の次元での走査のために動かされる、回折格子12及びレンズ14を有する。上記領域の画像を提供するために、反射共焦点スペクトルが測定される。 (もっと読む)


本発明の主題は、対象のサンプル中のアルギニンバソプレシンプロホルモン又はそのフラグメントのレベルを決定することを含む、対象がメタボリック症候群及び/又は糖尿病に罹患するリスクを予測するための、並びにメタボリック症候群を診断するためのアッセイ及びin vitro方法である。 (もっと読む)


本発明は、脂肪移植片中の細胞膜に対する損傷を防止するために用いることができるポリマーを提供する。ポロキシマーP188などのトリブロックコポリマーを、対象に移植する脂肪細胞または脂肪組織と混合することは、細胞膜を安定化させ、これにより軟部組織の再建または増大での脂肪移植の成功を高める。かかる方法はまた、成人幹細胞または脂肪組織由来の他の細胞の移植においても用いることができる。リポ酸などの他の剤も、細胞移植のためのポリマー/細胞組成物に加えることができる。
(もっと読む)


51 - 60 / 177