説明

みずほ情報総研株式会社により出願された特許

41 - 50 / 187


【課題】分散処理におけるリソースを効率的に利用してシミュレーション処理全体の処理時間を短くすること。
【解決手段】本発明にかかる取引計算シミュレーションシステムは、市場情報に基づく複数種類の取引単位についての取引計算のシミュレーション処理を複数の計算ノードに分散して実行するものである。各計算ノードが実行する取引計算のスケジュールを特定するスケジュール情報を格納するスケジュール情報格納部を備え、スケジュール情報は、複数種類の内、処理負荷の低い種類の取引単位を所定数まとめてなる第1のタスクと、第1のタスクに含まれる取引単位に比べて処理負荷の高い種類の取引単位について所定数より少ない数の取引単位よりなる第2のタスクとが、全てのタスクの計算が終了するまでに要する各計算ノードにおける計算時間が相互に近付くように組み合わされている。 (もっと読む)


【課題】土地所有者が土壌汚染サイトの土地を保有しながら、土壌汚染の浄化を促進するとともに、浄化費用の負担軽減を図るための土地浄化取引評価システム、土地浄化取引評価方法及び土地浄化取引評価プログラムを提供する。
【解決手段】取引支援サーバ20の制御部21は、クライアント端末10から取引対象の土地情報を取得する。更に、制御部21は、土壌汚染状況に応じて浄化費用を算出する。次に、制御部21は、借地期間、利用形態情報を取得し、この借地期間において、利用形態での賃料収入を算出する。また、この利用形態に必要な土地利用支出金額を算出する。更に、制御部21は、政策的支援額、賃料収入や浄化費用に対する保険料を算出する。そして、制御部21は、賃料収入を含む総収入額、浄化費用や土地利用支出金額を含む総支出額を算出する。そして、制御部21は、クライアント端末10に対して収支についての評価結果を出力する。 (もっと読む)


【課題】効率的にプログラムの更新管理を行なうためのリソース管理システム、リソース管理方法及びリソース管理プログラムを提供する。
【解決手段】リソース管理サーバ20の制御部21は、サポート情報を取得したソフトウェアがインストールされたハードウェアを特定する。このサポート情報がパッチに関する情報の場合には、制御部21は、パッチの種類を特定する。パッチの種類が「セキュリティ対応」と判定した場合、制御部21は、攻撃方法と利用環境情報とを比較し、セキュリティ上のリスクを判定した結果を出力する。一方、「バグ対応」と判定した場合、制御部21は、エラー実績を出力する。更に、このハードウェアに既にインストールされているソフトウェアを特定し、コンフリクト情報を検索する。コンフリクト情報がある場合には、不適用事由を出力する。 (もっと読む)





【課題】作業対象システムについての作業申請や、作業内容の的確性についての判断を効率的に行なうための作業申請管理システム、作業申請管理方法及び作業申請管理プログラムを提供する。
【解決手段】申請管理サーバ20の制御部21は、申請処理において、クライアント端末10から作業内容を取得した場合、申請雛形情報記憶部23において申請書の雛形を検索する。そして、制御部21は、申請書の雛形をクライアント端末10に提供する。また、作業実績確認処理において、制御部21は、作業実績と作業申請との不整合の有無を判定する。不整合がある場合には、申請者や作業者に注意を喚起する。作業後処理において、作業結果の承認申請を取得した場合、制御部21は、作業結果と申請内容とを比較する。そして、内容が一致していない場合、差分補完処理として、元の申請の修正処理、追加作業申請処理のいずれかを実行する。 (もっと読む)





41 - 50 / 187