説明

大陽ステンレススプリング株式会社により出願された特許

1 - 10 / 11


【課題】配管接続金具であり、剛性の高い形状であるとともに配管への装着時に突出部分が最小限となり、確実な装着結果が得られるようにする。
【解決手段】異なる配管P1,P2の開口端部を相互に接続するにあたり、前記開口端部に形成されたフランジP1−F,P2−Fに装着する配管接続金具1であり、板状体をその中心部および前記配管の側部に対応する位置で折曲して頂部折曲部2と側部折曲部5,6を形成し、前記頂部折曲部と側部折曲部で確定される上腕部と下腕部7,8が左右対称に形成され、前記上腕部および下腕部に前記配管フランジが臨む窓孔3a,4aを設けるとともに、前記下腕部の開放端に折返部9,10を形成してなり、該折返部の先端が前記配管中心からの最小回転半径となるようにして前記頂部折曲部および側部折曲部の突出方向の先端が前記最小回転半径に内接する。 (もっと読む)


【課題】配管接続金具の支脚の外側を覆いつつ弾性装着し、その弾性力によりクリアランスギャップを吸収して弛緩状態とならないようにすることにより、振動を受けた場合においても遊動することがない係止部材となるようにする。
【解決手段】締結時に配管のフランジが臨む窓孔が形成され、略コの字状をなす基部から延びる左右対称形状の一対の腕部の先端を折曲して支脚となるようにした配管接続金具の前記支脚に装着する係止部材であり、前記配管接続金具を配管に装着した状態において定めた支脚の端部間の基準となる横幅の長さより小さい寸法で板状主体の両端部を折曲して係止壁を形成するとともに、該係止壁と配管接続金具の支脚の先端との間に生じるクリアランスギャップを吸収するため、前記板状主体が弾性変形可能となるように曲成することにより、配管接続金具の支脚へ弛緩せずに弾性装着できるようにする。 (もっと読む)


【課題】装着したパイプ断熱カバーのスリットが配管の接続部分で拡開し、この部分に開口が形成されないようにした配管接続金具を提供する。
【解決手段】配管の開口端部を相互に接続するにあたり、前記開口端部に形成されたフランジに装着する配管接続金具であり、前記配管フランジの外周に接面する平坦頂部、および該平坦頂部から配管外周の接線方向に延びる左右対称形状の一対の腕部の先端に前記配管フランジの外周に接面する平坦側部を形成し、且つ、前記腕部に配管フランジが臨む窓孔を形成することにより、配管フランジから突出する部分を最小限にとどめる。 (もっと読む)


【課題】機械的強度の低下を抑えてセパレータを薄型化することにより、電池スタックの全体形状を小型化且つ軽量化すると共に、反応ガス流通路の角部にR形状が発生しないようにしたPEFC用セパレータ及びその製造方法を提供する。
【解決手段】第1の平板1と第2の平板2とからセパレータ5を構成する。第1の平板1はスリット状の孔1aを並設し、第2の平板2は片方の面に導電性被覆層4を形成し、この導電性被覆層4を間に挟むようにして第1の平板1と第2の平板2とを接触させる。第2の平板2は、前記スリット状の孔1aの片方の面側を閉塞して凹溝状の反応ガス流通路3を形成する底壁部材としての機能と、第1の平板1を補強する機能とを有する。第1の平板1は、例えばプレス加工によってスリット状の孔1aを並設することが可能であり、そのスリット状の孔1aの角部にR形状が発生するのを抑えることができる。 (もっと読む)


【課題】特定の配管接続金具に対し、これに装着する所定の係止部材の選定作業を払拭できるようにし、係止部材の装着に伴う作業能率を向上するとともに、片手の指先の作業のみで係止部材のワンタッチ装着が可能となるようにする。そして、装着された係止部材は容易に脱落することがない装着安定性が得られ、配管接続金具の支脚の先端の鋭利な部分が覆蔽されるようにし、傷害あるいは配線類の断線の危険性を払拭できるようにする。
【解決手段】締結時に配管のフランジが臨む窓孔が形成され、略コの字状をなす基部から延びる左右対称形状の一対の腕部の先端を折曲して支脚となるようにした配管接続金具において、前記配管接続金具の支脚の一方に片端が遊動状態で連結された係止部材を具備する。 (もっと読む)


【課題】配管接続金具に対し、片手の指先の作業のみで装着が可能となる係止部材となるようにし、装着された後は、工具などを用いるような作為的な作業によらなければ取り外すことができない装着の確実性が得られるとともに、配管接続金具の支脚の先端の鋭利な部分を覆蔽して作業者の傷害に対する危険性、あるいはセンサー用などの配線類を傷付けたり切断する危険性を払拭できる係止部材となるようにする。
【解決手段】締結時に配管のフランジが臨む窓孔が形成され、略コの字状をなす基部から延びる左右対称形状の一対の腕部の先端を折曲して支脚となるようにした配管接続金具の前記支脚に装着する係止部材であり、板状主体の両端部を前記配管接続金具の支脚の両端部の横幅に略一致する位置で折曲して係止壁を形成し、該係止壁の少なくとも一方に前記配管接続金具の支脚の端部に向けて垂下する逆止爪を形成するとともに、前記支脚に形成された窓孔に臨む起立片を形成する。 (もっと読む)


【課題】固体高分子型燃料電池(Polymer Electrolyte Fuel Cell, PEFC)用金属セパレータとして必要とされる十分な耐食性とガス拡散層との導電性とを両立させた金属セパレータの提供。
【解決手段】有機溶媒からなる分散媒に、BET法による平均粒径が1,000ナノメートル未満の導電性粒子とゴム系バインダーを分散させた分散系を用いて、表面処理をし、該導電性粒子とゴム系バインダーを含む導電性被覆層を固体高分子形燃料電池用金属セパレータ基材の表面に形成する。 (もっと読む)


【課題】配管と配管とを連結する際に使用する配管用接続金具において、繰り返しのウォーターハンマー現象への衝撃耐久性が高く、バラツキのない配管用接続金具を提供する。【解決手段】接続しようとする配管の端部に形成されたフランジを接合し、この接合されたフランジを嵌合する配管用接続金具の矩形孔の孔周縁部に面押し部を形成することにより、亀裂の起点を無くした滑らかな孔面を作り上げることで耐久性の向上を図る。 (もっと読む)


【課題】コストダウンを可能とするためにカップ型電極と導入線の加工、及び溶接方法を提供する。
【解決手段】本発明により、所定の板厚で所定の幅を有する高融点金属箔を所定の長さに切断し、切断された両端が突接するように丸め加工を行い円筒状とする工程と、円筒状とした何れか一方の開口を漏斗状に所定径まで絞り込む工程と、接続端子をモリブデンにより底板となる大径の円板2cと小径の導入線2dとより成る略釘形状に形成する工程と、絞り込まれた開口の底部に接続端子の円板2cが嵌合するように反対側の開口から接続端子を挿入する工程と、開口と接続端子をレーザ溶接により溶着固定を行う工程とから成る。 (もっと読む)


【課題】 プレス成型が可能で安価な金属材料に固体高分子型燃料電池(Polymer Electrolyte Fuel Cell,PEFC)用金属セパレータとして必要とされる十分な耐食性と電極基板との接触導電性とを両立する事ができる安価で且つ迅速に行える表面処理技術を確立する。
【解決手段】 PEFC用金属セパレータにおいて、金属表面の耐食性を担っている不動態被膜が電極基板となるカーボンペーパーとの接触抵抗を増加させている事に着目し、導電性粒子とゴム系バインダーを分散させたアルコール中に金属を浸漬またはその状態で電場を印加する事により、耐食性を低下させることなく、金属表面に導電性被覆層を形成させる。 (もっと読む)


1 - 10 / 11