説明

学校法人立命館により出願された特許

101 - 110 / 359






【課題】ECOネットにおける電力取引を自動化する。
【解決手段】 発電電力消費が行われる拠点における電力売買を管理する電力取引管理システムであって、蓄電装置1と、電力売買に伴う電力の流入出を制御する電力制御部6と、電力の買売量と価格とを示す取引条件を決定する電力取引エージェント7と、を備え、電力取引エージェント7は、蓄電装置1における蓄電残量から取引条件を決定するための方策に従って、蓄電残量から取引条件を決定する決定部71と、取引条件を電力取引市場コンピュータ8に送信する送信部72と、決済量及び決済価格を電力取引市場コンピュータ8から受信する受信部73と、決済量に応じた電力の流入出を電力制御部6に行わせる取引実行処理部77と、を備え、決定部71は取引収支を含む報酬値が最大化するように方策の強化学習を行う。 (もっと読む)


【課題】境界が比較的わかりやすい拡大画像が得られる画像拡大方法を提供する。
【解決手段】 原画像を高解像度化して拡大画像を得る画像拡大方法であって、前記原画像における単位画素に対応する前記拡大画像の対応領域中の複数の画素の各画素値として、前記原画像における前記単位画素又はその周辺にある複数の周辺画素のいずれかの画素値を選択することで、前記原画像における前記単位画素それぞれを細分化して拡大画像を得る細分化ステップを含む。 (もっと読む)


【課題】人の自然な動作によりコンピュータなどに情報を入力できるヒューマンインターフェイス装置を提供する。
【解決手段】ヒューマンインターフェイス装置は、発光手段1、撮像手段2、及び画像処理手段5を備え、発光手段1が指6に光を放射した状態で、撮像手段2が指6から反射された光を検出して画像を取得し、画像処理手段5が、画像内において、指6の表面の特定部分に該当する画像領域を検出し、検出された画像領域の特徴量と変換用データとを用いて、基準位置から指6の表面の特定部分までの距離を求め、変換用データが、基準位置からの距離と特徴量とを対応付けるデータである。 (もっと読む)





101 - 110 / 359