説明

学校法人立命館により出願された特許

61 - 70 / 359


【課題】バルーンのサイズが浮遊移動体の運動性能に干渉しにくい基本構造からなると共に、スラスタ推力が浮遊移動体の姿勢に干渉しにくいスラスタ配置とされた、制御すべき4次元の推力を4個のスラスタで発生させることが可能な浮遊移動体の提供。
【解決手段】機体の揚力に頼らない基本構造からなる浮遊移動体とした上で、スラスタS1−S4をバルーンBより下方に配置することをも含め浮遊移動体上で適切に配置すること、そしてスラスタの推力だけではなく回転スラスタの回転方向の反作用トルクを利用することで制御すべき4次元の推力を4個のスラスタで発生させることが可能な浮遊移動体1とした。 (もっと読む)


【課題】 アンテナの給電点を携帯端末から離し、広帯域における整合を実現できる人体装着型アンテナ装置を提供する。
【解決手段】 イヤホンの音声信号伝送線路10の枝分かれ部に、受信機、音響出力機、一端がアンテナ素子に接続され、前記受信機に前記アンテナ素子からの信号を伝送する給電線路、前記アンテナ素子側の平衡と前記受信機側の不平衡とを変換するバラントランス、給電線路の給電点側に装荷された第1整合用集中定数素子、及び、前記給電線路の給電点側の反対側に装荷された第2整合用集中定数素子と等価なICチップ60が配置される。 (もっと読む)



【課題】耐熱性の比較的低いポリマーフィルム等の低耐熱性基板に、高純度のカーボン材料からなる導電性パターンを低ランニングコストで形成することができる導電性パターンの形成方法および導電性パターンを備えた基板装置を提供する。
【解決手段】基板装置の電極を構成するパイロポリマーからなる導電性パターン30に対応する初期パターンを、耐熱性基材21上にパイロポリマーの前駆体ポリマーによって形成し、この初期パターンを酸素欠乏雰囲気下に加熱して、パイロポリマーからなる導電性パターン30を形成し、耐熱性基材21と低耐熱性基板41とを、加熱して軟化させた状態で、圧接させて、当該耐熱性基材21上に形成された導電性パターン30を低耐熱性基板41の表面に転写する。 (もっと読む)



【課題】エッチング液の液面をできるだけ正確に検出して、精密な深度制御を可能とする。
【解決手段】本発明は、光ファイバ3の先端3aをウエットエッチングにより加工することで先端加工光ファイバを製造する製造方法に関するものである。本発明の製造方法は、光ファイバ3の先端3aを、エッチング液2の液面2aに接近するように移動させ、その移動中において、光ファイバ3の他端から入射された光のうち光ファイバの先端において反射した反射光を光検出部7にて検出する。そして、検出された反射光の変化に基づいてエッチング液の液面位置を検出する。さらに、検出された液面位置に基づいて、光ファイバ先端3aを、エッチング液2の液面2aからの目標深さに位置させる。 (もっと読む)






61 - 70 / 359