株式会社ツネイシリサーチアンドデベロップメントにより出願された特許

1 - 2 / 2


【課題】簡単な構成で高エネルギーの液滴を噴射でき、液滴が噴射された構造体に短時間で大きな損傷を与えることができ、金属材料の表面の錆や異物を除去する洗浄作業、ハツリ作業、アンカーパターン形成、酸化皮膜除去等の大面積の表面改質処理、切断作業や乳化物の乳化作業等を短時間で効率良く行うことができ作業性に優れ、また構造が簡単なので生産性に優れ低原価で製造でき、さらにメンテナンスも容易な液滴噴射ノズルを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、高圧液体を液滴化して噴射する液滴噴射ノズルであって、高圧液体が供給される液体室8と、液体室8の下流側端部に配設若しくは形成されたオリフィス板9と、オリフィス板9に形成されたオリフィス孔部10と、オリフィス孔部10内の上流側端部に形成され前記高圧液体を最小径に縮流する縮流部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】高エネルギーの液滴を広範囲に噴射でき、液滴が噴射された構造体に短時間で大きな損傷を与えることができ、金属材料の表面の錆や異物を除去する洗浄作業、表面の劣化塗料やコンクリート劣化層、砥石表面の磨耗層を除去するハツリ作業、金属材料や無機材料等の表面と塗料との密着性を向上させるためのアンカーパターン形成、溶接部の酸化皮膜除去等の大面積の表面改質処理、コンクリートや石材等の切断作業等を短時間で行うことができ作業性に優れる液滴噴射ノズルを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、高圧液体が供給される液体室と、前記液体室の下流側端部に配設若しくは形成された複数のオリフィス孔部と、前記オリフィス孔部の下流側に配設若しくは形成された噴射口と、隣り合う前記オリフィス孔部間の前記液体室の下流側端部に配設若しくは形成され前記液体室を区画する隔壁と、を備える。
(もっと読む)


1 - 2 / 2