説明

ザ・コールマン・カンパニー・インコーポレイテッドにより出願された特許

1 - 10 / 44



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】ひじ掛け部材が、その中間部から前端部にかけて他の部材に支持されていない、棒状に折り畳み可能な収束型の折畳み椅子を提供する。
【解決手段】1対の側方脚構造、1対の座面支持構造、1対のひじ掛け構造、これらの構造を連結する前後2つの連結構造とを備え、各側方脚構造は、下半部が前脚を構成し、上半部が背もたれ支持部を構成する第1の側方交差部材と、第1の側方交差部材の中間部に上端寄り部が回動可能に連結され、後脚を構成する第2の側方交差部材とを備え、各座面支持構造は、第1の側方交差部材の下端寄り部に回動可能に連結され、伸縮可能な前柱体と、前端寄り部が前柱体の上端部に回動可能に、かつ、後端部が第2の側方交差部材の上端寄り部に回動かつ摺動可能にそれぞれ連結された座面支持部材とを備え、各ひじ掛け構造は、その後端部から中間部の間で前記側方脚構造の一方または両方の交差部材に支持され、その中間部からその前端部にかけて他の部材により支持されていない。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】運搬時や保管時に分解できて、中央部にたき火台やバーベキュー用コンロ等を配置するための開口を有し、安定性に優れる構造を実現する。
【解決手段】第1天板10と、第1天板10の長さ方向両側面から長さ方向外方に突出した状態で設けられた、1対の腕部11とを有する、1対の第1テーブル片7と、第2天板12と、第2天板12の長さ方向両端部に設けられ、前記腕部11の1つを水平に受け入れて支持する、1対の支持部13とを有する、1対の第2テーブル片8と、2個以上の脚部9と、を備え、テーブル面4aの中央部に開口5aを有するように、矩形状に組み立てられる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

内部への通気を可能とする、テントまたはシェルタ用のベント22を提供する。ベント22は、中央に位置し、ベントフラップ24を縦方向に横切るベントポール30により支持される。ベントポール30は、使用時において、ベントフラップ24を開いた位置に支持するために十分な弾力を有する構造を形成するが、簡単に取り外すことができ、収納に際して折り畳むことができる。好ましくは、ベントポール30は、ベントフラップ24に沿って縦方向に、かつ、ベントフラップ24の外縁28に位置する開口部36に対してほぼ直角方向に伸長する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

1 - 10 / 44