説明

ファイザー・インクにより出願された特許

91 - 100 / 302


本発明は、式I(式中、R〜RおよびX〜Xは、本明細書で定義されている通りである)の化合物の誘導体に関する。本発明は、カッパオピオイド受容体(KOR)により仲介される疾患、状態および/または障害を治療するためのそれらの使用に関する。具体的に、化合物は、KORの選択的拮抗薬であり、ミューおよびデルタオピオイド受容体と比較してKORに対して極めて選択的である。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、テルペノイドと、ステロールと、免疫調節物質と、ポリマーと、Th2刺激物質との様々な組合せを含むアジュバント製剤、アジュバント組成物を作製するための方法、ならびに様々な抗原との免疫原性組成物およびワクチン組成物におけるアジュバント製剤の使用に関するものである。本発明はさらに、動物の治療におけるこの製剤の使用にも関するものである。 (もっと読む)


【課題】インスリン様成長因子I受容体(IGF-IR)、好ましくはヒトIGF-IRに特異的に結合する抗体、およびその抗原結合部分の提供。
【解決手段】キメラ抗体、二重特異性抗体、誘導体化抗体、一本鎖抗体、または融合タンパク質の部分を含む、ヒト抗IGF-IR抗体。抗IGF-IR抗体およびこのような分子をコードする核酸分子に由来する、単離された重鎖および軽鎖免疫グロブリン分子。抗IGF-IR抗体の作製、これらの抗体を含む薬学的組成物、ならびに抗体およびその組成物を診断および治療のために用いる。ヒト抗IGF-IR抗体を含む重鎖および/または軽鎖免疫グロブリン分子をコードする核酸分子を用いる、遺伝子治療。該核酸を発現する非ヒトトランスジェニック動物。 (もっと読む)


ヒトIL−6に結合する抗体及びその抗原結合部分が提供される。このような抗体及び抗原結合部分をコードする核酸、このような抗体及び抗原結合部分を作製する方法、このような抗体又は抗原結合部分を含む組成物、並びにこのような抗体又は抗原結合部分の使用も提供される。
(もっと読む)


本発明は、R、RおよびRが本明細書に記載されている通りである式(1)の化合物または薬学的に許容できる前記化合物の塩;その医薬組成物;および動物におけるアセチルCoAカルボキシラーゼ酵素(複数可)の阻害によって調節される疾患、状態または障害を治療する際のその使用を提供する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、式(1)の化合物または前記化合物の薬学的に許容できる塩(式中、R、RおよびRは、本明細書に記載された通りである)、その医薬組成物、および過体重の状態に罹った哺乳動物の治療におけるその使用を提供する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、中空チューブ状本体(2);本体(2)に伸縮自在に係合できる中空キャップ(3);それらの間の内容積を画成し、そして完全に閉じられた最終位置においてキャップ(3)を本体(2)上にロックするための補足的なスナップフィット手段(12、21)を備えている本体(2)及びキャップ(3);本体(2)上に形成されるロックリング(12)及びキャップ(3)上に形成される補足的なリッジ部材(21)を含む補足的なスナップフィット手段(12、21);本体(2)の外部表面上に軸凹部として形成され、そして内容積及び大気の間の液連通を確保するために好適な少なくとも一つの空気ベント(14);を含むカプセルに関する。
完全に閉じられた最終位置において、連続した円周接触セクション(33)に亘って、キャップ(3)の内部表面が本体(2)の外部表面上にぴったり合うようにカプセル(1)が構成され;そして接触セクション(33)に亘ってキャップ(3)の内部表面が本体(2)の外部表面と密閉するように係合する完全に閉じられた最終位置を除いて、係合位置の全範囲に亘って、内容積及び大気の間の液連通を供するように、空気ベント(14)が本体(2)の開放端(5)から接触セクション(33)に向かって軸方向に延びる。液体製剤のためのカプセルへの応用。 (もっと読む)


本明細書で規定する式(I)の構造を有する化合物およびその化合物の薬学的に許容できる塩が開示される。対応する医薬組成物、治療方法、合成方法、および中間体も開示される。
【化1】

(もっと読む)


遺伝的形質の予測値が、個別の分子推定値と、量的形質の測定値から導かれる少なくとも1つの遺伝値の推定値とを混合することにより生じる。個別の分子推定値には、分子形質の推定値または分子形質の分散が含まれ得る。個別の分子推定値は、個別のデオキシリボ核酸(DNA)マーカー、DNAマーカーパネル、特異的パラメータの推定値およびその特異的パラメータの分散、ならびに試験標本の遺伝子型を適用することにより決定され得る。量的形質の測定値には、推定育種データ、生の形質データ、および品種構成のデータが含まれ得る。遺伝的予測値は、正確であり、かつ広範な条件下において安定であり、かつパラメータ推定における誤差に比較的影響されないものである。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物[式中、Arは5員のヘテロアリール部分であり、X、YおよびZは独立に、NまたはCHである]または薬学的に許容できるその塩;化合物を調製する方法;化合物の調製で使用される中間体;化合物を含有する組成物;および脂肪酸アミドヒドロラーゼ(FAAH)活性に関連する疾患または状態を治療する際の化合物の使用に関する。
【化1】

(もっと読む)


91 - 100 / 302