説明

ファイザー・インクにより出願された特許

131 - 140 / 302


本発明は、式(I)のPDE9阻害化合物および薬学的に許容できるその塩を提供し、ここで、R、R、RおよびRは、本明細書で定義される通りである。アルツハイマー病および統合失調症などの神経変性障害および認識障害の治療における式Iの化合物を含有する医薬組成物およびその使用もまた、提供されている。
【化1】

(もっと読む)


一般式(I)の化合物(式中、X、X、X、X、X、X、X、R、R、R、R、R、R、R、R、R10、Y、n、m、pおよびqは、上記のように定義されている)、それらの調製および抗菌剤としてのそれらの使用。
【化1】

(もっと読む)


【課題】 性機能障害を治療および/または予防するための医薬組成物を提供する。
【解決手段】 選択的ドーパミンD3受容体アゴニストを含む医薬組成物であって、該ドーパミンD3受容体アゴニストは、同じ機能分析で測定した場合、ドーパミンD2受容体と比較して、ドーパミンD3受容体に対して少なくとも約15倍より機能的に選択的である医薬組成物。 (もっと読む)


位置決定装置が開示され、これはこの装置がその位置を予め定められた位置に関して変化するときに、計算された位置情報の読出しのためにページング受信機へ送信するためのページング送信機へ計算された位置情報を自動的に与えるための衛星ナビゲーション受信機を具備している。装置は小さいサイズで経済的な製造の持ち運び可能なユニットとして構成されることができる。 (もっと読む)


本発明は、糖尿病、およびメタボリック症候群(インスリン抵抗性を含む)などの関連障害を、抗体、抗体フラグメント、siRNAおよびアプタマーを含むオステオポンチン(OPN)の阻害剤を投与することにより治療するための方法を、提供する。さらに開示されるのは、OPNの阻害剤を投与することによって、対象における細胞によるグルコース取込みを増加させるための方法である。 (もっと読む)


本発明は、X、R、R、R、R、R、R、RおよびRが上で規定したとおりである式(I)の化合物および薬学的に許容できる塩に関する。本発明はさらに、化合物および薬学的に許容できる塩を含む医薬組成物、ならびに真性糖尿病および(特に糖尿病性網膜症、腎症、またはニューロパチーを含めた)その合併症、癌、虚血、炎症、中枢神経系障害、心血管疾患、アルツハイマー病、皮膚科疾患pression、ウイルス性疾患、炎症性障害、または肝臓が標的器官である疾患の治療方法に関する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、化合物の薬学的に許容できる塩を包含する、明細書中で定義されている通りの式(I)の構造を有する化合物の群を対象とする。本発明はまた、式(I)の化合物を含有する組成物を対象とする。
【化1】

(もっと読む)


【目的】 アジスロマイシンを、食物摂取したばかりの患者に投与することができる剤形を提供する。
【構成】 食物摂取した哺乳類に投与することができるアジスロマイシンの経口剤形であって、アジスロマイシンを含有し、実質的に不利な食物の影響を現わさず、該剤形は、少なくとも以下と同じ位厳密な条件下:900mlの燐酸緩衝液、pH6.0、100rpmで回転するパドル付の37℃のUSP−2溶解装置内で、USP試験<711>に示された通りに、250mgのアジスロマイシンに相当する量の剤形を試験した場合、約30分以内に少なくとも約90%のアジスロマイシンの溶解を成し遂げる。但し、該剤形はカプセル剤ではなく、味覚遮蔽量未満のアルカリ土類金属酸化物もしくは水酸化物を含有することを特徴とする、食物の悪影響を現わさないアジスロマイシンの経口剤形。 (もっと読む)


本発明は、式AおよびBの化合物および薬学的に許容できる塩に関する:(A)および(B)[式中、A、B、R、R、R、R、R、R、R、R、RおよびR10は、上記で定義される通りである]。本発明はさらに、化合物および薬学的に許容できる塩を含む医薬組成物、ならびに真性糖尿病およびその合併症、癌、虚血、炎症、中枢神経系障害、心臓血管疾患、アルツハイマー病および皮膚疾患圧力、ウイルス性疾患、炎症性障害または肝臓が標的臓器である疾患を治療する方法に関する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物および薬学的に許容できるその塩、その合成ならびにHSP−90阻害剤としてのその使用を対象とする。
【化1】

(もっと読む)


131 - 140 / 302