説明

ファイザー・インクにより出願された特許

171 - 180 / 302


本発明は、一般式(I)[式中、R、Z及びRは本明細書で定義する意味を有する]で示されるニコチンアミド誘導体、該誘導体の製造方法、該誘導体の製造に用いる中間体、該誘導体を含有する組成物、及び該誘導体の使用に関する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、新規化合物、本明細書に記載した化合物を含む医薬組成物、それらの医薬上許容される塩、水和物及び溶媒和物、並びに医療における、及びヒト11−β−ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼ1型酵素(11βHSD1)に作用する医薬の製造のための、該化合物の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)のニコチンアミド誘導体及びそのような誘導体を含有する医薬組成物並びにそのような誘導体のPDE4阻害薬としての使用に関する。式中、R7はフェニル環の3又は4位に結合し、S(O)pR8であり、R8は所望により(C3−C6)シクロアルキルによって置換されていてもよい(C1−C4)アルキルであり;mは0又は1であり;Lは(C3−C8)炭素環式非芳香環であり;残りの変数はクレームに定義の通りである。

(もっと読む)


本発明は、一般式(I)(式中、R1、X、Y、ZおよびR2は、本明細書中に明示された意味を有する)のニコチンアミド誘導体に、そしてこのような誘導体の調製に用いられる中間体の製造方法に、このような誘導体を含有する組成物の製造方法に、ならびにこのような誘導体の使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、一般式(I)のニコチンアミド誘導体(R1、R2およびR3は明細書中に定めたものである)、ならびにそれらの誘導体を含む組成物およびPDE4阻害薬としての使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、α−多型エレトリプタン臭化水素酸の改良製法を提供する。 (もっと読む)


PDE阻害剤とバソプレッシン受容体ファミリーのアンタゴニストの相乗的な組合せについて記載する。 (もっと読む)


、R、R、R、R、およびRが、本明細書で定義されている通りである式(I)による構造を有する化合物は、運動促進剤として有用である。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、式(I)の中性エンドペプチダーゼ酵素(NEP)阻害剤、その使用、その製造の方法、その製造に使用する中間体、及び前記阻害剤を含有する組成物に関する。これらの阻害剤は、男性及び女性の性機能不全、特に女性の性機能不全(FSD)の治療が含まれる多様な治療領域において有用性を有し、具体的には、ここでFSDは、女性の性的興奮障害(FSAD)である。
(もっと読む)


本発明は、式(1)の化合物に、ならびにこのような誘導体を含有する組成物の製造に用いられる中間体の製造方法に、ならびにこのような中間体の使用に関する。本発明の化合物は、多数の疾患、障害および症状、特に炎症性、アレルギー性および呼吸器疾患、障害および症状において有用である。
(もっと読む)


171 - 180 / 302