説明

ファイザー・インクにより出願された特許

181 - 190 / 302


本発明は、式(1)の化合物に、ならびにこのような誘導体を含有する組成物の製造に用いられる中間体の製造方法に、ならびにこのような中間体の使用に関する。本発明の化合物は、多数の疾患、障害および症状、特に炎症性、アレルギー性および呼吸器疾患、障害および症状において有用である。
(もっと読む)


非晶形の化合物6−[2−(メチルカルバモイル)フェニルスルファニル]−3−E−[2−(ピリジン−2−イル)エテニル]インダゾール、またはその薬学的に許容できる塩もしくは溶媒和物を含む医薬組成物である。 (もっと読む)


本発明は、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)のソーキング可能な結晶及び、PDE5リガンド及び阻害物質化合物を含むPDE5リガンドの同定におけるその使用に関する。本発明は同様に、かかるPDE5阻害物質化合物の同定方法及びその医学的使用にも関する。本発明はさらに、中にリガンドをソーキングできるPDE5の結晶及び結晶内にソーキングされたPDE5リガンドを含むPDE5、10の結晶にも関する。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物ならびにその薬学的に許容できる塩および溶媒和物、その合成およびHSP−90阻害剤としての使用を対象とする。
【化1】

(もっと読む)


【課題】液体製品を投与するための装置の提供
【解決手段】開口部を有するハウジングと、ハウジングに対して実質的に静的に構成された供給ノズルを有する液体用容器と、第1のオリフィスおよび第2のオリフィスを含むバルブを有する投薬チャンバと、第2のオリフィスを介して液体の放出を可能にするように構成された機構と、放出される液体を、供給ノズルとは異なる方向で前記開口部の外に向けて通過させるように構成された貫通路とを備え、i)機構が、投薬チャンバの第1のオリフィスおよび供給ノズルの流れが連通する少なくとも第1の位置と、第2のオリフィスおよび貫通路の流れが連通する第2の位置との間で、ハウジングまたはフレームに対して移動可能な移動エレメントを備え、ii)機構が、移動エレメントが第1の位置で、第1のオリフィスを介して液体を吸引し、また移動エレメントが第2の位置で、第2のオリフィスを介して液体の放出が可能である (もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物に関する。

(もっと読む)


本発明は、尿失禁、好ましくは混合尿失禁又はストレス性尿失禁の治療のための5−HT2C受容体アゴニストの使用に関する。本発明はまた、残尿の治療のための5−HT2C受容体アンタゴニストの使用にも関する。本発明はさらに、失禁の治療方法、失禁の治療に有用な化合物をスクリーニングするためのアッセイ、及び尿失禁の治療用組成物の製造方法にも関する。 (もっと読む)


本発明は、P−カドヘリンと結合し、P−カドヘリンを阻害する働きをするヒト抗体を含めた抗体およびその抗原結合部分に関する。本発明はまた、ヒトP−カドヘリン抗体に由来する重鎖および軽鎖イムノグロブリン、ならびにそのようなイムノグロブリンをコードする核酸分子にも関する。本発明はまた、ヒトP−カドヘリン抗体を作製する方法、これらの抗体を含む組成物、ならびに抗体および組成物を使用する方法にも関する。本発明はまた、本発明の核酸分子を含む遺伝子導入動物または植物にも関する。 (もっと読む)


【課題】ヒトを含めた哺乳動物における骨格障害の、予防および治療方法の提供。
【解決手段】治療上有効量のEP2受容体サブタイプアゴニストを哺乳動物に投与することによってEP2受容体サブタイプの作用を阻害することを含む、低骨量を示す疾患または骨格障害に罹っている哺乳動物を治療する(たとえば、骨損失を予防する)ための、あるいは骨折の治癒を促進するための方法。また、EP2受容体サブタイプアゴニストを低骨量状態の哺乳動物に投与することによって、EP2受容体サブタイプを選択的に作動させて哺乳動物を治療することもできる。 (もっと読む)


NIMA調節タンパク質(PIN1)の活性をモジュレートし、および/または阻害するリン酸/硫酸エステル化合物、およびかかる化合物を含有する医薬組成物が記載されている。本発明はまた、かかる化合物および組成物の治療的または予防的使用、ならびにかかる化合物の有効量を投与することによる、高血圧、細胞の異常増殖、感染症、および神経変性脳疾患を特徴とする疾患の治療方法にも関する。 (もっと読む)


181 - 190 / 302