説明

ファイザー・インクにより出願された特許

271 - 280 / 302


本発明は、アルファ−2−デルタリガンドおよび非定型抗精神病薬ならびにそれらの薬学的に許容できる塩を含む組合せ、特に相乗的組合せ、それらの医薬組成物ならびに疼痛、特に神経障害性疼痛を治療する際でのその使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(1)で示される化合物、その製造方法、その製造に用いられる中間体、該誘導体を含有する組成物及び該誘導体の使用に関する。本発明による化合物は、多くの疾患、障害及び状態に、特に、炎症性、アレルギー性及び呼吸器の疾患、障害及び状態に有用である。

(もっと読む)


本発明は式(1)の化合物、ならびに該化合物の誘導体の調製法、その調製に使用する中間体、それを含有する組成物およびその使用に関する。本発明に従っての化合物は、多数の疾患、障害、および状態、特に炎症性、アレルギー性および呼吸器の疾患、障害、および状態に有用である。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、式(1)の化合物ならびにこのような誘導体の製造方法、このような誘導体の製造において使用される中間体、このような誘導体を含む組成物およびこのような誘導体の使用に関する。本発明に従う化合物は、多数の疾患、状態および症状、特に、炎症性、アレルギー性および呼吸器系の疾患、状態および症状に有用である。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、2,5−ジメチル−2H−ピラゾール−3−カルボン酸{2−フルオロ−5−[3−((E)−2−ピリジン−2−イル−ビニル)−1H−インダゾール−6−イルアミノ]−フェニル}−アミドのいくつかの多形と非結晶形、そのような多形又は非結晶形を含有する医薬組成物、並びに、望まれない血管新生及び/又は細胞増殖と関連した癌や他の疾患状態のような、プロテインキナーゼにより仲介される疾患状態を治療するためにそのような医薬組成物を使用する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)
【化1】


(式中、R1〜R5は、明細書に記載された通りである)のスルホンアミド化合物またはその医薬上、獣医学上もしくは農業上許容しうる塩もしくは溶媒和物、このような化合物を含んでなる組成物、その合成方法および殺寄生生物剤としてのその使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、ボリコナゾールおよび抗真菌性CYP2C19阻害薬を特定の量および重量比で含む組合わせ薬剤を提供する。ボリコナゾールおよび抗真菌性CYP2C19阻害薬を含む医薬組成物、単位剤形およびキット、ならびに真菌感染症の処置におけるそれらの使用も提供する。 (もっと読む)


本発明は、シトクロムP450の酵素活性を阻害することによる、HIVプロテアーゼ酵素の阻害剤として有用なある種の化合物の薬物動態を改良するための方法に関する。本発明は、更にHIVプロテアーゼ酵素の阻害剤として有用なある種の化合物及びシトクロムP450の酵素活性を阻害する少なくとも一つの薬剤を含んでなる組成物にも関する。 (もっと読む)


本発明は、治療上有効な量の化合物の組み合わせを哺乳動物に投与することによる哺乳動物におけるHIV感染の治療方法に関する。本発明はまた、HIVプロテアーゼ酵素阻害剤として有用な所定の化合物、および、少なくとも1種の追加の治療剤を含む組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は式(1)の化合物に及び上記誘導体の製造方法、その製造において使用される中間体、それを含む組成物及びその使用に関する。本発明にしたがう化合物は多くの疾患、障害及び状態、特に炎症性、アレルギー性及び呼吸疾患、障害及び状態において有用である。
(もっと読む)


271 - 280 / 302