説明

株式会社トッパン・コスモにより出願された特許

121 - 130 / 243


【課題】熱膨張による突き上げの問題を回避し、かつ隙間を設けた施工の煩わしさをなくすことが可能な表面材用成形品を提供すること。
【解決手段】成形品の相対する端部に雄実形状と雌実形状を有し、複数の成形品同士で前記端部同士を嵌合可能とする表面材用成形品において、前記成形品が樹脂系材料からなり、前記雄実形状は成形品端部の辺の厚み方向の中央に凸部を有し、前記雌実形状は前記凸部と嵌合可能な凹部を有し、前記凹部内部に、位置決め用突起を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】表面が鏡面であって干渉縞の発生が抑制され、かつシートの加工適性や表面の耐性に優れた化粧シートを提供する。
【解決手段】基材上に透明樹脂層を設けずに表面保護層を設けてなる単層化粧シートであって、熱可塑性樹脂基材1は非結晶ポリエステルまたは非晶質ポリエステルからなるシートであり、表面保護層4は電離放射線硬化型樹脂と熱硬化型樹脂とを3:7〜1:9の割合で混合したものを主剤とする樹脂からなり、表面が鏡面加工されている。 (もっと読む)


【課題】温度変化、湿度変化などが原因で発生する反りや突き上げ、層間剥離などの問題を解決し、生産性、耐衝撃性、耐キャスター性、耐水性、生産性に優れた床用化粧材を提供する。
【解決手段】木質系基材上5に化粧シートを積層してなる床用化粧材において、少なくても木質系基材の側から、着色熱可塑性樹脂層4、絵柄模様層3、アイオノマー樹脂層1を順に設けたこと、前記アイオノマー系樹脂層が50〜400μmである。 (もっと読む)


【課題】深いエンボスや横エンボスが密集したエンボス模様であっても、通称「エア噛み」の現象が発生しないようなエンボス版を提供すること。
【解決手段】エンボス板の表面1に、直径が50〜120μm、間隔が100〜300個/25.4mm(表面上に任意の長さ25.4mmの直線を引いたときに、その直線が横切る突起の個数)の点状突起2の集合体によって凸部が形成されていること、及び前記点状突起2が略円柱状であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】一度剥がしたものも再び貼り合わせることが容易となる、貼り替えが容易な壁面への化粧シートの貼り合わせ方法を提供すること。
【解決手段】壁面にエンボスを施し、化粧シート裏面に前記エンボスに嵌合可能となるエンボスを施し、前記化粧シートを適宜の大きさに切断し、前記壁面のエンボスに前記化粧シート裏面を接着剤を使用しないで貼り合わせてなること、前記嵌合可能となるエンボスの孔底部の直径と前記エンボスの孔同士の間隔とが50〜100μmで略同一であり、前記エンボスの孔底部の直径が前記エンボスの孔の入口の直径より2〜60μm広いことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】立体的な塗装の厚み感があり、寸法安定性、耐水性があり、凹みなどが付きにくく、化粧シートの巻取り適性に優れ、かつ色調の調整が容易であり、かつ耐傷付き性、耐キャスター性、耐衝撃性などもあり、容易に製造可能で加工適性も優れた床用化粧材を提供すること。
【解決手段】木質系基材1上に化粧シート3を積層してなる床用化粧材において、前記化粧シート3が、前記木質系基材1側からポリブチレンテレフタレート樹脂(以下、PBTとする。)からなるバッカー層4、ポリオレフィン系樹脂からなるシート基材6、PBTからなる透明熱可塑性樹脂層9を少なくともこの順に設けられてなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】立体的な塗装の厚み感があり、凹みなどが付き難く、化粧シートの巻き取り適性に優れ、かつ色調の調整が容易であり、かつ耐傷性、耐キャスター性、耐衝撃性などもあり、容易に製造可能で加工適性も優れた床用化粧シートを提供すること。
【解決手段】着色熱可塑性樹脂層の上に絵柄模様層と透明熱可塑性樹脂層を少なくともこの順に設けてなる化粧シートにおいて、前記着色熱可塑性樹脂がポリブチレンテレフタレート樹脂を主剤としてなり、ポリブチレンテレフタレート樹脂100重量部に対して、共重合ポリエステル樹脂を5〜15重量部、エラストマー樹脂を0.2〜0.5重量部添加してなるものからなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】単色ベタの状態であっても、表面の凹凸のみで絵柄表現や艶表現を含めた優れた凹凸感を表現した、表面に凹凸模様を有する化粧シート及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】表面に凹凸模様を有する化粧シートであって、前記凹凸模様は、その凹凸が段階的な深さを有し、かつ、その凹凸が段階的な間隔を有してなり、前記段階的な深さは、その算術平均高さ(「Ra」JIS B 0601:2001)の最大差が20μm以上あり、前記段階的な間隔は、その要素の平均長さ(「Psm」JIS B0601:2001)が500μmの前後で最大差が100μm以上あることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】着色基材シート上に透明樹脂層、表面保護層を少なくともこの順に設けてなる化粧シートであって、前記透明樹脂層が2軸延伸透明ポリエステルフィルムからなり、前記表面保護層が球状硬質粒子を含むシリコーン変性電離放射線硬化型樹脂の提供。
【解決手段】球状硬質粒子が平均粒径3〜5μmのシリカ粒子であり、表面保護層4の表面粗さRaが0.1〜0.3μmである。 (もっと読む)


【課題】製造適性、加工適性、曲面への施工性などを有し、表面硬度、表面の耐傷付き性を有し、表面の平滑性や奥行きのある意匠性に優れた内部凹凸を有する化粧シートを提供する。
【解決手段】表面に凹凸を有する着色樹脂シート1の上に表面を平面とした透明樹脂層3を設けてなる内部凹凸を有する化粧シートにおいて、前記透明樹脂層の上に透明2軸延伸ポリエステルシート4を積層し、かつ前記透明2軸延伸ポリエステルシートの表面に透明電離放射線硬化型樹脂層5を設ける。 (もっと読む)


121 - 130 / 243