説明

サムソン エレクトロ−メカニックス カンパニーリミテッド.により出願された特許

101 - 110 / 1,585


【課題】本発明は、プローブピンが接合される電極パッドがプローブ基板から剥離することを防止できるプローブカード及びその製造方法に関する。
【解決手段】本発明の実施例によるプローブカードは、一面に少なくとも一つの電極パッドを備えるセラミック基板と、上記電極パッドに接合されるプローブピンと、を含み、上記電極パッドは、上記プローブピンの接合面より広く形成されることができる。 (もっと読む)


【課題】実用温度で粘度が低く、蒸発損失が少なく、酸化安定性も向上された流体動圧軸受用潤滑油組成物及びこれを利用したHDD用モータを提供する。
【解決手段】下記式で表されるカルボン酸と、イソプロピルアルコールとのエステル化反応により得られる脂肪族モノカルボン酸エステルを基油として含む流体動圧軸受用潤滑油組成物。具体的な例としては、イソパルミチン酸イソプロピル、イソステアリン酸イソプロピルなどが挙げられる。


(式中、nは6から20の整数である。)。 (もっと読む)


【課題】ファインピッチ及び半田ボールの高さを、従来より高く形成することができるとともに、設計自由度が向上するプリント回路基板及びその製造方法を提供する。
【解決手段】本発明のプリント回路基板100は、接続パッド120を有するベース基板110と、接続パッド120上に第1開口部を有する半田レジスト層130と、前記第1開口部に形成される半田ボール160と、を含み、半田ボール160が雪だるま状であるものである。 (もっと読む)


【課題】マイクロ流路内に触媒を充填する方法及び改質器が提供される。
【解決手段】本発明は、水を用いて流路内に触媒を充填する段階と、上記流路内の触媒に一方向の圧力を加えて高密度に充填する段階と、上記流路内の触媒を乾燥する段階と、を含んで流路内に触媒を充填するマイクロ流路内の触媒充填方法及びこれを用いて作られた改質器を提供する。本発明によると、改質部のマイクロ流路内に粒子型の触媒を均一かつ高密度に充填できることにより、燃料と触媒粒子の反応表面積を大きくして高効率の改質効果が得られる。 (もっと読む)


【課題】エネルギ貯蔵素子の各々に対して冷却が可能にし、エネルギ貯蔵装置の冷却の効率を高めるような構造を有する熱電モジュールを提供する。
【解決手段】本発明の熱電モジュール100は、交互に配置される複数のP型熱電素子110及びN型熱電素子120と、P型熱電素子110とN型熱電素子120との間の各々に設けられる金属電極130と、P型熱電素子110とN型熱電素子120との間に位置する金属電極130の下面に接続される吸熱板140と、N型熱電素子120とP型熱電素子110との間に位置する金属電極130の上面に接続される発熱板150とを含む。 (もっと読む)


【課題】本発明は、インクジェットプリントヘッド組立体に関し、より詳細には、プリンティングの際に発生する熱を効果的に吸収及び放出して一定のサイズの液滴を噴射することができるインクジェットプリントヘッド組立体に関する。
【解決手段】本発明のインクジェットプリントヘッド組立体は、インクジェットプリントヘッドと、当該インクジェットプリントヘッドに形成されて当該インクジェットプリントヘッドから発生する熱を吸収及び放出させる第1のコーティング層と、を含むことができる。 (もっと読む)


【課題】製造コストを低減することができ、電極パターンが構造的に安定したタッチパネル及びその製造方法を提供する。
【解決手段】本発明によるタッチパネル100は、メッシュパターンに凹部115が形成された透明基板110と、凹部115に金属で形成され、凹部115に隙間117が存在するように所定パターンにパターニングされた電極パターン120と、を含むものである。 (もっと読む)


【課題】本発明は、プローブピンが接合される電極パッドがプローブ基板から剥離されることを防止できるプローブカード及びその製造方法に関する。
【解決手段】本発明の実施例によるプローブカードは、一面に少なくとも一つのパッド用溝が形成され、上記パッド用溝に埋め込まれる形態に形成される電極パッドを具備するセラミック基板と、上記電極パッドに接合されるプローブピンと、を含むことができる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、線形振動子に関し、より詳細には、携帯用電子機器に取り付けられて無音の着信信号発生装置に適用されることができる線形振動子に関する。
【解決手段】本発明の一実施形態による線形振動子は、一定サイズの内部空間を提供する固定部と、上記内部空間に配置され磁力を発生させる少なくとも一つのマグネットと、当該マグネットと対向するように配置されて当該マグネットとの相互作用によって電磁気力を発生させるコイルと質量体とを備える振動部と、上記固定部と上記振動部に結合して当該振動部の振動を媒介し表面の所定領域にダンピング増加部が付着される弾性部材と、を含むことができる。 (もっと読む)


【課題】実用温度で粘度が低く、蒸発損失が少なく、酸化安定性も向上した流体動圧軸受用潤滑油組成物及びこれを利用したHDD用モータを提供する。
【解決手段】流体動圧軸受用潤滑油組成物は、炭素数9〜23のイソアルコールと、2−エチルブタン酸(2−Ethylbutanoicacid)とのエステル化反応により得られる脂肪族モノカルボン酸エステルを基油とし、添加剤として、オイル酸化防止剤0.01から2重量部、金属酸化防止剤0.01から2重量部、耐圧防止剤0.01から2重量部を含む。 (もっと読む)


101 - 110 / 1,585