説明

マツクス−プランク−ゲゼルシャフト ツール フエルデルング デル ヴイツセンシャフテン エー フアウにより出願された特許

1 - 10 / 13




膜外皮2を有するセル1に分路する膜電位のために設定された電極装置100は、セルを保持するように設計されたセルホルダ10と、第1の極性の少なくとも2つの電極21を有する電極支持体20とを具備し、ここで電極21は電極支持体20の1表面に延在し電極支持体20の表面に関して電気的に絶縁された突出部分として設計され、電極21はセルホルダ110がセル1でポピュレートされるとき電極21がセル1中に位置されるように構成されている。膜外皮2を有するセル1へ分路する膜電位を通して電力を発生するように設計されている発電装置200と、膜電位をセル1へ分路することにより電力を発生する方法も記載されている。 (もっと読む)



【課題】改良された光周波数コム発生器を提供する。
【解決手段】インプットレーザ光を発生するように配置されているレーザデバイスと、パラメトリックに発生される光を与える、3次の非線形性を示すキャビティを有する誘電性マイクロ共振器と、このマイクロ共振器に光学的に結合され、マイクロ共振器の中にインプットレーザ光を内部結合させ、マイクロ共振器の外でパラメトリックに発生される光を外部結合させる導波路とを具備する光周波数コム発生器であって、レーザデバイスと導波路とマイクロ共振器とは、キャビティ内の光の場が、インプット光周波数のサイドバンドの周波数と、パラメトリックに発生された光のサイドバンドの周波数とを有する、所定のカスケードパラメトリック発振の、パラメトリックに発生される光でのしきい値を超えるように、最小パワーレベルでレーザインプット光をマイクロ共振器のモードに共振内部結合させるように配置されている。 (もっと読む)


【課題】移相型の素子と、移相型の素子を有する粒子ビーム装置とを提供するという課題が、本発明の基礎になっている。移相型の素子および移相型の素子を有する粒子ビーム装置では、粒子ビームを遮蔽する構成部材が回避されるので、良好な情報内容が得られ、位相コントラストが実質的に空間周波数に依存しない。
【解決手段】移相型の素子(1)は、不均一なおよび/または異方性の電位を発生させるための少なくとも1つの手段(2)を有する。 (もっと読む)



フィラメント状の複数の突出部(11)を有する構造化面(10)を形成するための方法において、スタンプ面(21.1,21.2)とパターン面(31.1,31.2)との少なくとも一方が流動可能な物質(20)でできており、これらスタンプ面とパターン面とを互いに接触させる工程と、前記流動可能な物質の複数の連結フィラメントのストランド(22)が、前記スタンプ面と前記パターン面との間で延伸されるように、これらスタンプ面とパターン面とを分離移動させる工程と、前記フィラメント状の突出部が、前記スタンプ面と前記パターン面との少なくとも一方に形成されるように、前記連結フィラメントのストランドを分断する工程とを具備することを特徴とする方法。この方法により形成された構成物品(100)が示される。
(もっと読む)




1 - 10 / 13