説明

三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社により出願された特許

601 - 609 / 609





【課題】加水分解に対する安定性に優れ、金属に腐食を発生させにくく、とりわけ離型性に優れ、成形サイクルが短く、自動車部品及び電気電子部品に好適なポリブチレンテレフタレート樹脂組成物及びこれからなる成形品を提供する。
【解決手段】示差走査熱量計で降温速度20℃/minにて測定した降温結晶化温度が175℃以上であり、末端カルボキシル基量が30eq/t以下又は残存テトラヒドロフラン量が300ppm(重量比)以下であるポリブチレンテレフタレート100重量部に対して、炭素数12〜36の脂肪酸残基と炭素数1〜36のアルコール残基からなる脂肪酸エステル0.01〜2重量部を含有することを特徴とするポリブチレンテレフタレート樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 高湿度条件下におかれた場合でも加水分解し難く、耐湿性が改良され、透明性、耐衝撃性、耐熱性、熱安定性などに優れた難燃性ポリカーボネート樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】 直鎖状芳香族ポリカーボネート樹脂0〜80重量%と、構造粘性指数Nが1.2以上の芳香族ポリカーボネート樹脂100〜20重量%の合計量100重量部に、オルガノポリシロキサン0.1〜15重量部、および、有機スルホン酸金属塩0.01〜5重量部をそれぞれ配合してなる難燃性ポリカーボネート樹脂組成物において、前記オルガノポリシロキサンが、重量平均分子量が400〜1500で、分子中に必須置換基としてフェニル基を有し、かつ、オルガノオキシ基の含有量が5重量%未満であることを特徴とする、難燃性ポリカーボネート樹脂組成物。
【効果】 上記課題が解決される。 (もっと読む)




芳香族ポリカーボネート樹脂100重量部に、粘度が25℃において300センチストークス以下であるシリコーンワニス0.1〜15重量部および有機スルホン酸金属塩0.01〜5重量部を配合してなる難燃性ポリカーボネート樹脂組成物。
【課題】 難燃性と熱安定性に優れ、且つ高い衝撃強度を有する難燃性ポリカーボネート樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 (もっと読む)


【目的】デザインの自由度が高く、生産性が高く、一体となった安価な合成樹脂製シャワー成形品を提供する。
【構成】合成樹脂製シャワー成形品1は、キャビティが設けられた金型を備えた射出成形装置を使用して、キャビティ内に溶融した樹脂を射出した後、キャビティ内の溶融樹脂中に加圧流体を導入することによって、中空部を有する射出成形品を製造する射出成形法にて作製され、合成樹脂製シャワー成形品1に形成された中空部10は水又は温水の流路を構成する。 (もっと読む)


601 - 609 / 609