説明

ライフスキャン・インコーポレイテッドにより出願された特許

11 - 20 / 100


【課題】サンプルへのヘマトクリット値の影響を計上すること。
【解決手段】サンプル中の分析物の濃度を定量するための方法、これと共に使用される装置及びシステムが本明細書で提供される。サンプル中の分析物の濃度を定量するための方法の一例示的実施形態では、この方法は、2つの電極を含む電気化学センサーにおいてサンプルの存在を検出することを含む。サンプルの充填時間は2つの電極を用いて定量され、補正因子は少なくとも充填時間を考慮して計算される。この方法はまた、分析物を反応させて2つの電極間で分析物の物理的変形を生じさせることも含む。次に、分析物の濃度は、同じ2つの電極を用いて補正因子を考慮して定量されてもよい。分析物濃度定量を行うために充填時間を利用するシステム及び装置もまた提供される。 (もっと読む)


【課題】血液サンプルのヘマトクリット値を決定するための方法、並びに併せて使用するデバイス及びシステムを提供する。
【解決手段】作用電極及び対電極を有するサンプル分析デバイスに血液サンプルを供給する際、電極間に電位を印加し電流を求める事により、サンプルのデバイスへの初期充填速度を計算する。次いで、求められた初期充填速度を考慮して、ヘマトクリット値並びに分析物の濃度を決定する。 (もっと読む)


ここに記載されているのは、治療用糖尿病プロトコルの安全性及び順守を確実にする様々な方法である。本方法は、複数のデータに基づいて、基礎インスリン投与量におけるいずれかの変更の前に、ユーザーの低血糖症に対して安全措置を実施することによって達成され得る。 (もっと読む)


【課題】検査計と共に使用するための検体検査ストリップが、その検査計と共に使用するのに適切なものかを判別する。
【解決手段】検体検査ストリップ100は、第1の絶縁層102と、その第1の絶縁層上に設けられた導電層104とを有する。導電層は、少なくとも1つの電極部分と、少なくとも1つの電気接触パッド112a、112bとを有し、その電気接触パッドは、検査計に検体検査ストリップを挿入する間に検査計の電気コネクタピンが電気接触パッドに沿って移動するように構成されている。加えて、電気接触パッドは電極部分と電気通信する。検体検査ストリップはまた、少なくとも1つの計器識別機構116a、116bを有し、その計器識別機構は、検査計に検体検査ストリップを挿入する間に検査計の電気コネクタピンが計器識別機構を横断して移動するように、電気接触パッド上に設けられている。 (もっと読む)


中央値の間の顕著な差が生じる度に、ユーザー又は糖尿病のユーザーの介護者が気づくように、別個の期間にわたって収集された共通の種類のフラグを有する中央値の使用により、フラグ付けしたグルコース濃度パターンを検出するシステム及び方法。 (もっと読む)


慣性センサ又は加速度計を有する薬物送達ペンを含む「スマート」薬物送達ペンの様々な実施形態が提供される。データ管理ユニット(DMU)とともに使用するスマート薬物ペンを含むシステムもまた提供される。これらのペン及びシステムの様々な代表的な使用方法も説明及び図示される。 (もっと読む)


拡張モジュールと、再利用可能又は使い捨ての薬物ペンとを含む「スマート」薬物送達システムの様々な実施形態を提供する。ペンに取り付けられると、拡張モジュールは、選択された投与量、選択された投与量の注入、注入の持続時間、注入時刻、インスリン混合物を完全に混合するためにペンがプライミングされたか又は振られたかどうかを決定すること、インスリン投与量及び注入に関係する情報をデータ管理ユニットに送信すること、不適切な使用又は針の再利用についての通知、エラー警告又はメッセージを提供すること、ペンに乗せられている残りの薬物の量又はペンに乗せられている薬物の使い切りに関してペンの使用の持続期間を追跡すること、あるいは所在が不明のペン及びモジュールを見つけるために可聴アラームを提供することが可能である。 (もっと読む)


データ管理ユニットDMUと併用される拡張モジュール及び再利用可能な薬物ペン又は使い捨ての薬物ペンを含む、様々な実施形態の「スマート」薬物送達システムが提供される。ペンに取り付けられると、拡張モジュールは、選択された投与量、選択された投与量の注入、注入の持続時間、注入時刻、インスリン混合物を完全に混合するためにペンがプライミングされたか又は振られたかどうかを決定すること、インスリン投与量及び注入に関係する情報をデータ管理ユニットに送信すること、不適切な使用又は針の再利用についての通知、エラー警告又はメッセージを提供すること、ペンにある残りの薬物の量又はペンにある薬物の使い切りに関してペンの使用の持続期間を追跡すること、あるいは所在が不明のペン及びモジュールを見つけるために可聴アラームを提供することが可能である。この薬物送達システムを使用する方法も記載する。 (もっと読む)


第1のモジュールハウジングと、第2のモジュールハウジングと、投与量センサと、電源と、マイクロコントローラと、を含む、様々な実施形態の医療モジュールが提供される。このモジュールは、使い捨て薬物送達ペン又は再利用可能な薬物送達ペンに取り付けられるように構成され、したがってこのモジュールは、選択された投与量、選択された投与量の注入、注入の持続時間、注入時刻、インスリン混合物を完全に混合するためにペンがプライミングされたか又は振られたかどうかを決定すること、インスリン投与量及び注入に関係する情報をデータ管理ユニットに送信すること、不適切な使用又は針の再利用についての通知、エラー警告又はメッセージを提供すること、ペンにある残りの薬物の量又はペンにある薬物の使い切りに関してペンの使用の持続期間を追跡すること、あるいは所在が不明のペン及びモジュールを見つけるために可聴アラームを提供することが可能である。 (もっと読む)


【課題】 留置型バイオセンサ、関連する挿入装置、及び関連する方法を提供する。
【解決手段】 可撓性留置型バイオセンサは、本体部分、尖頭部、末端及び基端を有する、可撓性材料(例、ニチノールストリップ)から形成された長尺の枠組みを含む。可撓性留置型センサは、長尺の枠組みと一体化されるとともに長尺の枠組みの本体部分又は尖頭部のうち少なくとも一方の上に配置された(例えば、その上に配置されるか又はその上に懸垂される)センサ要素を有するバイオセンサ(例えば、組織液グルコースセンサ)を更に含む。更に、尖頭部は長尺の枠組みの末端に配置され、尖頭部及び少なくともバイオセンサのセンサ要素は標的部位(例えば、皮下の標的部位)に挿入されるように構成されている。 (もっと読む)


11 - 20 / 100