全星薬品工業株式会社により出願された特許

1 - 9 / 9


【課題】安定性に優れたカンデサルタンシレキセチルを含有する固形医薬組成物を提供すること。
【解決手段】本発明の固形医薬組成物は、カンデサルタンシレキセチルおよび低分子量の可塑剤を含有する粒子を含む。 (もっと読む)


【課題】製剤を口腔内で服用するとき、苦味や痺れ感などの口腔内の不快感を隠蔽することが可能であって、かつ、胃内で速やかに有効成分を放出することが可能な製剤化用微粒子とそれを含む製剤を提供する。
【解決手段】製剤化用微粒子は、1つの局面においては、塩基性薬物の酸付加塩および薬学的に許容される無機または有機塩基性化合物を含んでいるコア粒と、該コア粒の外側に形成された、水不溶性高分子を含んでいる水透過性皮膜からなり、服用時、口腔内で塩基性薬物の拡散溶出は抑制されるが、胃内または小腸上部で皮膜が破れ、速やかに薬物が放出されることを特徴とする。製剤化用微粒子は、別の局面においては、塩基性薬物の酸付加塩を含んでいるコア粒と、該コア粒の外側に形成された、薬学的に許容される無機または有機塩基性化合物を含んでいる水溶性高分子を含んでいる中間皮膜と、該中間皮膜の外側に形成された、水不溶性高分子を含んでいる水透過性の最外層皮膜からなり、服用時、口腔内で塩基性薬物の拡散溶出は抑制されるが、胃内または小腸上部で最外層皮膜が破れ、速やかに薬物が放出されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】口腔内崩壊速度と錠剤硬度が最適にバランスされた口腔内崩壊錠を提供する。
【解決手段】薬物またはコーティングされた薬物含有微粒子と錠剤用補助成分との混合物を45℃以上63℃未満の温度で加熱処理したデンプン水懸濁液を用いて湿式造粒し、得られた造粒物に少なくとも滑沢剤を混合して圧縮成形してなる口腔内崩壊錠。 (もっと読む)


【課題】製造が簡単で、薬物含有量が高い新しい剤形の口腔内崩壊製剤を提供する。
【解決手段】薬物または機能性コーティングが施された薬物粒子を、固形分として糖分を70wt%以上含有する高濃度糖類溶液(例えば、マルトース、フルクトース若しくはスクロースから選ばれた糖の高濃度糖類溶液、またはマルチトール、キシリトール、ソルビトール若しくはラクチトールから選ばれた糖アルコールの高濃度糖類溶液)、または5%水溶液の粘度(25℃)が55mPa・s以下の結合剤の15wt%以上の水含有溶液で練合し、細分化した後乾燥して得られる口腔崩壊製剤。 (もっと読む)


【課題】滑沢剤を使用することなく圧縮成形によって錠剤に成形することができるアスピリン錠剤の製造方法の提供。
【解決手段】a)アスピリンにポリビニルアルコール水溶液を噴霧して造粒し、乾燥する工程、およびb)得られた造粒物に、デンプンを主体とし任意に他の賦形剤を含む賦形成分を添加し、滑沢剤を添加することなく圧縮成形する工程よりなるアスピリン錠剤の製造方法。 (もっと読む)


【課題】発泡性を有しながら口腔内で発泡を感知させず、一般的な製剤技術で製造でき、製造過程および流動過程で崩壊しない強度を有する口腔内速崩壊性錠剤を提供する。
【解決手段】 口腔内において唾液との接触により発泡して速やかに崩壊する錠剤であって、発泡源がアルカリ金属またはアルカリ土類金属の炭酸塩または重炭酸塩であり、発泡源と反応する酸源が繊維素グリコール酸であることを特徴とする口腔内速崩壊性錠剤。 (もっと読む)


【課題】D−マンニトールをベースとし、一般的な製剤技術で製造でき、製造工程および流通過程で崩壊しない強度を有する口腔内速崩壊性固形製剤を提供する。
【解決手段】a)医薬有効成分、b)D−マンニトール、c)デンプン、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、繊維素グリコール酸およびヒドロキシプロピルスターチから選ばれる1種または2種以上の崩壊剤を混合し、2%水溶液の粘度(以下表示粘度と呼称する)が25mPa・s以下の結合剤を固形剤組成物全量の2重量%以下の量で用いて、湿式造粒・乾燥したものを圧縮成型してなる口腔内速崩壊性固形製剤。 (もっと読む)


【課題】吸水によりゲル化する水溶性高分子を使用した徐放性経口固形製剤からの薬物の溶出が始まるまでのタイムラグを実質的になくすことができる製剤を提供する。
【解決手段】 薬物および吸水によりゲル化する水溶性高分子を含む素錠に、薬物を含まない水透過性の第1のフィルムコーティング層を施し、該第1のフィルムコーティング層を透過した水で徐々に膨潤した素錠の局部的崩壊によって薬物の徐放を達成することを企図した徐放性経口固形製剤において、該第1のフィルムコーティング層の上に、薬物を含む第2のフィルムコーティング層を施し、該第2のフィルムコーティング層のフィルム形成物質が水溶性高分子または水溶性高分子と疎水性物質との混合物であることを特徴とする徐放性経口固形製剤。 (もっと読む)


【課題】 特に酸性および弱酸性領域において溶出率が高いイトラコナゾール経口製剤を提供する。
【解決手段】 賦形剤粉末に、少なくとも水溶性ポリマー及び胃溶性ポリマーを含んでいるイトラコナゾールの溶液を噴霧、造粒、乾燥して得られる細粒よりなるイトラコナゾール経口投与製剤。 (もっと読む)


1 - 9 / 9