説明

ファイザー・リミテッドにより出願された特許

1 - 10 / 107


【課題】
より有効で、かつ/または忍容性のより良好な痛風のための新規な治療を提供すること。
【解決手段】
本発明は、高尿酸血症または痛風などの、高血中尿酸レベルに関連する疾患を治療するための4−[2−(5−アミノ−1H−ピラゾール−4−イル)−4−クロロフェノキシ]−5−クロロ−2−フルオロ−N−(1,3−チアゾール−4−イル)ベンゼンスルホンアミドまたは薬学的に許容できるその塩を提供する。別の一態様において本発明は、4−[2−(5−アミノ−1H−ピラゾール−4−イル)−4−クロロフェノキシ]−5−クロロ−2−フルオロ−N−(1,3−チアゾール−4−イル)ベンゼンスルホンアミドのトシル酸塩を提供する。 (もっと読む)


【課題】投与デバイスに関し、信頼度が高く繰返し可能であり、かつ正確な吸入量の粉末を提供を可能にする。
【解決手段】個別の粉末用量を1対のキャリア12のそれぞれのポケットから投与するためのデバイスが、各ディスク形のキャリアが、それぞれのポケットが中に形成され、それぞれの第1の蓋シートが空洞部を密閉するために第1の側面を密封する、空洞部の環状アレイを有する少なくとも1つのほぼ平面の第1の側面を含み、支持体30がほぼ共通軸周りで回転可能に前記キャリアを支持する、2つのディスク形のキャリアのための支持体と、キャリア12から粉末を運搬する気流を吸入するためのマウスピースと、支持されたキャリアのそれぞれのポケットの粉末を気流中に放出するため投与機と、異なるポケットから粉末を放出することが可能になるように、投与機構に対してキャリアを回転させるためのインデックス機構とを含む。 (もっと読む)


【課題】注入システム、およびそのような注入システムを形成するようにペン型注入器に取り付けるための作動デバイスを提供すること。
【解決手段】注入システム(1)は、
− 細長い外側表面、ならびに近位区分および遠位区分を有する胴(3)と、
− 胴(3)の近位区分上に摺動可能に取り付けられた作動装置(10)とを含むペン型注入器(2)を備え、
前記注入システムは、
− 胴(3)の近位区分に枢動可能に接続され、患者によって作動されると作動装置(10)の少なくとも一部を覆って押すように適合されたレバー(30)と、
− 胴(3)の外側表面から放射状に突出し、患者の指(61)に支えられながら、患者に別の指(62)でレバー(30)を作動させることを可能にするように適合された保持部材(50)とを備える作動デバイス(15)をさらに備える。 (もっと読む)


【課題】フェソテロジン水素フマレートおよびポリマー性結合剤の固体分子分散物に関する。
【解決手段】前記の固体分子分散物でコートされた不活性なコアビーズまたは粒子、および該固体分子分散物でコートされたビーズまたは粒子を含む医薬配合物。 (もっと読む)


【課題】計量皿領域にある材料が計量皿領域と計量機構領域との間のバリアーに形成した穴を通り計量機構領域に入ることを防止する。
【解決手段】重量を量るべき対象物21をその上面で支える計量皿42と、その計量皿に結合し、下方向に伸びる細長い部分23と、計量皿領域と計量機構領域との間に形成されたバリアーと、細長い部分が接続する計量機構44を具備する重量計量装置は、バリアーである装置の計量皿領域の床36に設けられた穴24を通り伸びる細長い部分23と、床の下の計量機構領域に設置される計量機構とは、計量皿が床から離隔する上部位置と、計量皿領域にある材料が穴を通り計量機構領域に入ることを防止するため、計量皿又は細長い部分の少なくとも一方が床に接触する下部位置との間で密封関係を構築する下部位置に、細長い部材と計量皿を選択的に向かわせ、動かすための駆動手段28を具備する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物および薬学的に許容できるその塩[置換基については本明細書に記載のとおりである]、ならびにその医薬品への使用、特にオピオイド作動薬としての使用に関する。
【化1】

(もっと読む)


【課題】効果、薬物動態、または作用持続時間の点で適切な薬理学的プロフィールを有し、吸入経路による投与に特に適した、改良されたM3受容体拮抗薬の提供。
【解決手段】ビフェニル−2−イル−カルバミン酸1−{9−[(3−フルオロ−4−ヒドロキシ−ベンゾイル)−メチル−アミノ]−ノニル}−ピペリジン−4−イルエステル塩酸塩の水和物、溶媒和物、および多形体で、実質的に結晶質である新規なM3受容体拮抗薬ならびに医薬品。 (もっと読む)


【課題】複数の単一用量(2)の乾燥粉末を投与するための装置を提供すること。
【解決手段】この装置は、単一用量(2)の1つを搬送する気流のための流路をそれぞれ画定する導管を備える少なくとも1つの支持体を備え、この支持体は、導管の1つを画定するために第1部材の第1導管部分(29)が第2部材の第2導管部分(43)に面し、かつ第1部材の第1分離部分(30)が第2部材の第2分離部分(45)に面するように互いに固着された第1部材(26)と第2部材(27)とを有し、支持体は、乾燥粉末が導管の1つから隣接する導管の1つに移ることを防止するように対応する第1分離部分(30)と第2分離部分(45)の間にそれぞれ配置された複数の障壁形成要素(31、46)を備える。 (もっと読む)


【課題】乾燥粉末の複数の単位用量を分配するための装置を提供する。
【解決手段】第1支持体25a及び第2支持体25bと、第1支持体25a及び第2支持体25bを移動するようになった割り送り機構であって、装置が第1分配状態にあるとき、第1支持体25aが割り送り機構と係合し、第2支持体25bが割り送り機構から係合解除され、装置が第2分配状態にあるとき、第2支持体25bが割り送り機構と係合し、第1支持体25aが割り送り機構から係合解除されるように形成された割り送り機構と、装置を第1分配状態から第2分配状態にするようになった切り換え機構とを含み、切り換え手段は、装置が第1分配状態にあるとき、第2支持体25bを係止し、装置が第2分配状態にあるとき、第1支持体25aを係止する。 (もっと読む)


【課題】併用治療用の複数の吸入可能な薬品を単一の吸入デバイスを用いて異なる頻度で供給することを可能にする投薬ユニットを提供する。
【解決手段】この投薬ユニットは:−吸入に適した一投薬量の薬物粉末を収容するように各々が適合されておりかつその中身が連続的に吸入されるように空気の流れに順番に露出され得るように連続的に配置されている複数のポケット17を含む投薬キャリアと、−投薬キャリア15のポケット17内に配置される複数の薬物粉末投薬量Xとを有する。 (もっと読む)


1 - 10 / 107