有限会社寿通商により出願された特許

1 - 8 / 8


【課題】取扱上重量バランスの良い構造にすることができ、水質浄化材の寿命を長くする浄水機能付きシャワーヘッドを提供する。
【解決手段】直接手で持つことができる長尺の外形状に形成し、一方の端部にホース取付部を形成した把持部11と、この把持部のホース取付部とは反対側の端部に設けられるとともに吐出口を形成した頭部12と、筒状の水質浄化材15aを具備し、把持部内に交換可能に収容される水質浄化用カートリッジとを有し、把持部を持って取り回すことができる浄水機能付き吐水ヘッドであって、水質浄化材と把持部との間に形成される外周側流路21と、水質浄化材の内側に形成される中央空間部22とを有し、水が水質浄化材を透過せずに上記外周側流路を通過する原水流路と、水が外周側流路から上記中央空間部へと水質浄化材を透過する浄水流路とを形成し、流路切換弁を頭部に配設する。 (もっと読む)


【課題】原水と浄水との流路の切換が容易であり、取扱が容易な製造が容易で、浄水機能付きシャワーヘッドを提供することを課題とする。
【解決手段】シャワー吐出口を有する頭部と水質浄化用カートリッジを交換可能に収容する把持部とを一体に形成し、この把持部の水質浄化用カートリッジ収容箇所の上流側または下流側に浄水と原水とを切り換える流路切換弁を設け、この流路切換弁を弁座流路に対して平行な軸の軸回りに弁体を回動する回動式遮断弁として形成するとともに前記把持部の外部に前記流路切換弁の操作部を配置し、さらに前記頭部の吐出口の上流側に前記流路切換弁とは独立に機能してシャワー吐出とストレート吐出とを切り換える吐出切換弁を設け、この吐出切換弁を弁座流路に対して交差方向に弁体が移動する遮断弁として形成するとともに前記頭部の外部に前記吐出切換弁の操作部を配置するように構成する。 (もっと読む)


【課題】浄水機能付きシャワーヘッドの把持部110に収容され原水流路と浄水流路とを形成する水質浄化用カートリッジ130を提供する。
【解決手段】円筒形状に形成された水質浄化材からなるカートリッジ本体133と、カートリッジ本体133の下流側の端面を被覆するとともに中央空間部132に連通する接続口を穿設した接続端を有し、この接続端を把持部のカートリッジ受け116に差し込み固定する下流端接続部材130aと、カートリッジ本体133の上流側の端面を閉鎖するとともに、把持部110の水流入口の周縁近傍に設けられた突起物112aに当接してカートリッジ本体133を軸方向に位置固定する上流端閉鎖部材130bとからなり、把持部110内に、外周側流路131から中央空間部132へ水質浄化材133を透過して水が吐出される浄水流路と、水質浄化材133を透過せずに外周側流路131を通過して水が吐出される原水流路とを形成する。 (もっと読む)


【課題】切換弁の形状、構造および収容容積等の制約を大幅に緩めるとともに取扱上も重量バランスの良い形状および構造にすることができる浄水機能付きシャワーヘッドを提供することを課題とする。
【解決手段】直接手で持つことができる大きさに形成し、他部品との接続端を設け、水質浄化用カートリッジを内蔵した把持部と、この把持部の先端に一体に形成され、原水と浄水とを選択する流路切換手段を内蔵し、シャワー吐出口を設けた頭部とを備え、この頭部に設ける原水吐出路と浄水吐出路とを各独立した流路に形成し、前記原水吐出路と前記浄水吐出路とのいずれか一方の吐出口を前記シャワー吐出口の形成領域内または形成領域外に設けるように構成する。 (もっと読む)


【課題】水質切換弁の形状、構造および収容容積等の制約を大幅に緩めるとともに取扱上もバランスの良い形状・構造にすることができる浄水機能付きシャワーヘッドを提供することを課題とする。
【解決手段】他部品との接続端を備える把持部と、この把持部の先端に一体に形成された吐出口を有する頭部とを備えたシャワーヘッドにおいて、前記把持部には水質浄化用カートリッジを内蔵するとともに、この水質浄化用カートリッジの内蔵により前記水質浄化用カートリッジを透過する浄水流路と前記水質浄化用カートリッジを透過しない原水流路とが形成され、前記水質浄化用カートリッジの外周側流路から水質浄化用カートリッジに設けられた水質浄化材を介して中心部に形成された中央空間部に至る前記浄水流路を形成し、前記頭部には、前記浄水流路からの流出と前記原水流路からの流出とを切り換える流路切換弁を組み込んだ構成である。 (もっと読む)


【課題】切換弁の形状、構造及び収容容積等の制約を緩めた重量バランスの良い浄水機能付きシャワーヘッド。
【解決手段】頭部には、その内部に固定された固定仕切部材と、この固定仕切部材から下方に突設した軸部材に軸支され、上面が固定仕切部材の下面に接して回動可能な回動部材とからなる切換弁を設け、固定仕切部材には上記軸部材からの距離が相違する原水流路の原水流出口、及び浄水流路の浄水流出口を下面に各別に穿通し、回動部材には、上記軸部材からの距離が原水流出口に等しい半径上の上面に設けた2箇所の開口のうちの一方をストレート吐出口に連通する原水ストレート流路と、他方をシャワー吐出口に連通する原水シャワー流路とを設け、さらに上記軸部材からの距離が浄水流出口に等しい半径上の上面に設けた2箇所の開口のうちの一方をストレート吐出口に連通する浄水ストレート流路と、他方をシャワー吐出口に連通する浄水シャワー流路とを設けた。 (もっと読む)


【課題】水質切換弁の形状、構造および収容容積等の制約を大幅に緩めるとともに取扱上もバランスの良い形状・構造にすることができる浄水機能付きシャワーヘッドを提供することを課題とする。
【解決手段】他部品との接続端を備える把持部と、この把持部の先端に一体に形成された吐出口を有する頭部とを備えたシャワーヘッドにおいて、前記把持部には水質浄化用カートリッジを内蔵するとともに、この水質浄化用カートリッジの内蔵により前記水質浄化用カートリッジを透過する浄水流路と前記水質浄化用カートリッジを透過しない原水流路とが形成され、前記水質浄化用カートリッジの外周側流路から水質浄化用カートリッジに設けられた水質浄化材を介して中心部に形成された中央空間部に至る前記浄水流路を形成し、前記頭部には、前記浄水流路からの流出と前記原水流路からの流出とを切り換える流路切換弁を組み込んだ構成である。 (もっと読む)


【課題】施工の際に水栓取付具の台座に設けた角度表示を参考にして取り付けられるようにした水栓取付具および水栓取付方法を提供することを課題とする。
【解決手段】水栓の筒状に形成された下端部を嵌め込む筒部とこの筒部の端部に形成した鍔状の座とを設けた鍔付き筒形状の台座により、水栓の向き規定する水栓取付具において、台座の筒部の外周面又は鍔部の外周面に、直線又は点状の角度表示を刻設するか、又は、上記台座の筒部の端面又は鍔部の筒部側に向いた端面に直線又は点状の角度表示を刻設するように構成し、流しの正面中央部で作業する作業者の位置に蛇口を向けた水栓を固定するに際し、角度表示として刻設されている角度表示に基づき台座を軸心周りに回動して、台座の向きを定め、その後に台座と固定具とにより天板を挟持するように取付ける。 (もっと読む)


1 - 8 / 8