説明

テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル)により出願された特許

101 - 110 / 2,266


第1のメモリと第2のメモリを備えるシステムにおけるデータベースにデータを記憶する方法が提供される。この方法は、前記第2のメモリから第1のページを読み出すステップと、前記第2のメモリから読み出したデータの少なくとも一部を変更して、前記データベースに記憶すべき変更されたデータを作成するステップと、前記変更されたデータを、前記第1のメモリのデータの第2のページに書き込むステップと、前記第2のページを、前記第1のメモリから前記第2のメモリへコピーするステップとを有する。前記第2のページのデータは、前記データが変更された順序に基づいて連続的に順序が付けられている。 (もっと読む)


セルラ無線システムの方法及び装置において、1つ以上のセルがスリープモードに移行することが許可されるなら、その結果として得られるエネルギー消費が現在のエネルギー消費と比較される。これにより、セルラ無線システムにおけるエネルギー消費を継続的に最適化することが可能なシステムが得られる。
(もっと読む)


【課題】 IPTV高速チャネル変更のためのPIPストリームの使用を提供する。
【解決手段】インターネットプロトコルテレビジョン(IPTV)チャネルの第1のマルチメディアストリームに対するIPTVチャネル変更を制御し、このチャネル変更がネットワークデバイスに結合されたセットトップボックスによって開始される方法及び装置を記載する。ネットワークデバイスは、下流デバイスからの高解像度マルチメディアストリームについての要求をセットトップボックスから受信し、高解像度マルチメディアストリーム要求の代わりに低解像度マルチメディアストリームを上流に送信する。ネットワークデバイスは、低解像度マルチメディアストリームを受信し、この低解像度ストリームを要求側のセットトップボックスに転送する。セットトップは、低解像度ストリームを受信し、このストリームを表示する。更に、ネットワークデバイスは、高解像度マルチメディアストリーム要求を送信し、高解像度マルチメディアストリームを受信する。セットトップボックスは、高解像度マルチメディアストリームを受信し、このストリームを表示する。 (もっと読む)


本発明は、ローカルアドホック通信とセルラ通信を共にサポートする無線ネットワーク内で起こる無線リソース競合を解決する方法および配置構造に関する。競合は、ローカルアドホック通信の必要性とローカルアドホック通信のため確保されたリソースとに起因する無線リソースマネージメント制約をセルラネットワークに通知することによって解決される。
(もっと読む)


【課題】世代間のハンドオーバ命令メッセージの情報要素のサイズを小さくする。
【解決手段】UTRAN RRC“HANDOVER TO UTRAN COMMAND”メッセージにおける情報要素のサイズが、UTRANへの無線間接続技術ハンドオーバを実行しているユーザ機器による排他的な使用のためにIEパラメータの値のサブレンジをリザーブすることによって、小さくされる。スクランブルコード番号或いはS−RNTI番号の最小値は、1つのシステムネットワークからUTRANへのハンドオーバを実行するUEへの初期割当てのためにリザーブされる。ハンドオーバ手順の完了時、UTRANは別のスクランブルコード番号或いはS−RNTI番号をそのUEに割当てることができる。その結果、IEのサイズをかなり小さくすることにより、付加的なパラメータが同じメッセージにおいても用いられる。 (もっと読む)


第1の決定値及び第2の決定値は、映像フレームにおいて画素ブロック(10)に対して算出される。第1のフィルタ決定値は、映像フレームにおいてブロック(10)における画素(11、13、15、17)の第1のライン及び隣接ブロック(20)における画素(21、23、25、27)の対応する第1のラインの画素値がフィルタリング方向に平行する方向にどの程度平滑であるかを表す。第2のフィルタ決定値は、ブロック(10)における画素(11、13、15、17)の現在のライン(12)の画素値がどの程度平坦なラインに近似するか、隣接ブロック(20)における画素(21、23、25、27)の対応する現在のライン(22)の画素値がどの程度平坦なラインに近似するかを表す。あらゆるブロッキングアーチファクトを抑制するために、2つのフィルタ決定値はそれぞれの閾値と比較され、第1のフィルタ決定値が閾値を下回る場合、強いデブロッキングフィルタが現在のライン(12)に対して選択され、第1のフィルタ決定値が閾値を下回らない場合、弱いデブロッキングフィルタが選択される。
(もっと読む)


本発明はユーザ装置と無線基地局とに関し、また、関連する方法であって、省電力の優先順位に従って、ユーザ装置と無線基地局との接続の間の、システムにおける省電力に基地局が作用することを可能とする方法に関する。方法は、ユーザ装置のユーザインタフェースを介して受信され、システムにおける省電力の優先順位と関連付けられているトリガを検出するステップ(210)を有する。方法は、また、無線基地局へ優先順位の表示を送信し、無線基地局が、ユーザ又はシステムに関連する様々なパラメータを設定することにより、優先順位に従って、接続の間のシステムにおける省電力に作用することを可能とするステップを有する。 (もっと読む)


【課題】よりフレキシブルでより簡単な設計を有する可変ビーム特性を有するアンテナを提供する。
【解決手段】本発明は、それぞれ直交する偏波に対応づけられた第1及び第2の給電点を有する複数の配列素子を備えるアンテナに関するものであり、各配列素子は、直交する偏波とそれぞれ対応づけられた第1及び第2の位相中心を有し、前記配列素子の第1及び第2の位相中心は、少なくとも2列に配置され、1つのアンテナ・ポートは、各給電ネットワークを介して、前記少なくとも2列に配置される第1の位相中心及び第2の位相中心を有する少なくとも2つの配列素子の第1及び第2の給電点に接続される。給電ネットワークは、アンテナ・ポートに接続される一次接続及び少なくとも4つの二次接続を有するビーム形成ネットワークを備える。ビーム形成ネットワークは、第1の給電点と第2の給電点との間で電力を分け、異なる列に配置される位相中心を有する各給電点間の位相シフト差を制御する。 (もっと読む)


【課題】移動局が従来の無線ネットワークによって提供される件数より多い件数のマルチキャストサービスに加入することを可能にする。
【解決手段】ネットワークはマルチキャスト通信セッションを確立し、データ転送段階の間に、NSAPIを通信セッションに割り当てる。引き続き、ネットワークは、確立された通信セッションの間、マルチキャストデータを送信する。別の典型的な実施形態によると、ネットワークは2つの重複しない数値スペースを含んでおり、その場合、数値スペースのうちの1つはマルチキャストNSAPI用に確保される。この実施形態においてネットワークは、参加段階の間に移動局によってこの数値スペースから選択されたNSAPIを受信する。データ送信段階の間、ネットワークは、選択されたNSAPIに基づいてマルチキャスト通信セッションを確立し、通信セッションの間に、対応するマルチキャストデータを送信する。 (もっと読む)


FECデコーダにおいてビット信頼度情報と組み合わせて、シンドローム情報を各繰り返しにおいて利用して、最小の推定ビットエラー構成、即ち、復号処理期間中の送信コードワードに最も近いブロックを抽出し、復号の最後の繰り返しにおける結果が、より大きな推定ビットエラーの数を有する場合に、そのようなブロックを選択する方法。 (もっと読む)


101 - 110 / 2,266