説明

テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル)により出願された特許

1 - 10 / 2,266



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】HARQプロセスからのコートワードは無線チャネル上の情報の伝送及び/又は再送のために様々なレイヤにマッピングされ割り当てられる送信機又は送受信機において、HARQプロセスを容易にするマッピングを提供する。
【解決手段】HARQのコードワードを生成し、レイヤ数が送信に用いられる無線チャネルのチャネル・ランクの数に等しくなるように、コードワードを伝送ランクに対応する複数のレイヤにマッピングする。 (もっと読む)


【課題】MIMO無線リンクにより送信や受信を行う方法及び装置を提供する。
【解決手段】プリコーディング・マトリクスが送信信号に適用され、プリコーディング・マトリクスを適用することが原因となって生じる最大電力と平均電力との比(PAPR)の付加的な増加を制限するように制約を受ける。例えば、プリコーディング・マトリクスの各行は少なくとも1つのゼロである要素と1つのゼロでない要素をもち、各列は少なくとも1つのゼロでない要素をもつかもしれない。 (もっと読む)


【課題】セルラー無線システムにおける安全な通信を提供する。
【解決手段】UEと無線基地局の両方に知られた1組のデータビットを決定し、この決定した1組のデータに応答して無線基地局鍵を生成することにより、無線基地局鍵を生成する。 (もっと読む)


【課題】呼の目標ユーザの識別子として電話番号(そして、埋め込み電話番号の付いたSIP URIではなく)を用いて呼のルーティングを可能にする。
【解決手段】変換モジュールを導入し、その変換モジュールは、IMS着信ネットワーク内に位置していて、埋め込み電話番号付きSIP URIを、同等のtel URIに変換することができ、それが次いで、呼を目標ユーザまでルーティングできるように着信I−CSCFおよびS−CSCFによってSLFおよび/またはHSSに問い合わせを行うために使用される。 (もっと読む)


【課題】個別のIPマルチメディア・サブシステム・サブスクリプションを持たないユーザ端末に対して、IPマルチメディア・サブシステム・サービスを利用できるようにする。
【解決手段】サブスクリプションについて定義されている暗黙登録セット内に、パブリック・ユーザ・アイデンティティの範囲を示す、ワイルドカード化されたパブリック・ユーザ・アイデンティティ又はパブリック・ユーザ・アイデンティティ・サブドメインを含める。IPマルチメディア・サブシステム・ネットワークとのアクセスポイントのIPマルチメディア・サブシステム登録において、暗黙登録セットに含まれるパブリック・ユーザ・アイデンティティは、上記アクセスポイントに割り当てられているサービング呼/セッション制御機能と、上記アクセスポイントが接続されているプロキシ呼/セッション制御機能とへ配信される。 (もっと読む)


【課題】無線ネットワークにおける隣接セル集合の設計および維持のコストを削減する。
【解決手段】基地局は、移動端末から周辺セルの測定情報を受信し(107)、受信した移動端末の周辺セルの測定情報に基づいて該基地局の隣接セル集合を作成し(109)、受信した測定情報に以前の隣接セル集合には含まれていなかった新規のセルの測定情報を含む場合には、さらに移動端末に一意のセルアイデンティティの検索を要求するモニタ命令を送信し(111)、移動端末から得られた一意のセルアイデンティティに基づいて隣接セル集合を更新する。 (もっと読む)


【課題】トラヒックの要求レベルに応じて、第1のパスと、第2のパスの動作モードを選択する。
【解決手段】互いに異なる第1のパス2及び第2のパス3を通ってネットワーク1を介して接続される第1のノードAと、第2のノードBと、複数のノード4とを含むネットワーク1は、第1のノードAと第2のノードBとの間のトラフィックの要求レベルに基づいて動作モードを選択するように構成されるモード選択器10により、第1のノードと第2のノードとの間のトラフィックが第2のパス3ではなく第1のパス2を介して送信される第1の動作モードと、トラフィックが第1のパス2及び第2のパス3を介して送信される第2の動作モードとを選択する。 (もっと読む)


【課題】同期、現行のチャネル構造、そして現行の符号化方式を有利に維持し、E−DCHチャネルのための自律的な再送を行う。
【解決手段】同期型HARQプロトコルを使って、かつ、(1)所定の長さの単一の送信時間間隔の名目モードか、(2)擬似的送信時間間隔の拡張モードかいずれか一方のE−DCHチャネル上でデータを送信する機能を使って動作するように構成されたユーザ装置ユニットに関する。擬似的送信時間間隔は、データが送信される第1の送信時間間隔と、データが再送される第2の送信時間間隔とを含む。第2の送信時間間隔は、第1の送信時間間隔と連続しており、第1の送信時間間隔と第2の送信時間間隔はそれぞれ、(同じ)所定の長さである。 (もっと読む)


【課題】サービス・ノードからクライアントに情報をプッシュ配信するためセキュリティ・アソシエーションをクライアントとサービス・ノードとの間に確立するための方法を提供する。
【解決手段】クライアントと鍵サーバは基本秘密を共有し、サービス鍵の生成および提供に対する要求をサービス・ノードから鍵サーバに送信する。当該要求はクライアントおよびサービス・ノードを識別する、ステップと、クライアントおよびサービス・ノードの識別情報、基本秘密、付加情報を使用してサービス鍵を鍵サーバで生成し付加情報と一緒にサービス鍵をサービス・ノードに送信するステップと、付加情報をサービス・ノードからクライアントに転送するステップと、受信した付加情報および基本鍵を使用してクライアントでサービス鍵を生成するステップとで構成する。同様な手法はp2p鍵管理にも適用出来る。 (もっと読む)


1 - 10 / 2,266