パーデュー・リサーチ・ファウンデーションにより出願された特許

1 - 10 / 59


【課題】インデノイソキノリン化合物の合成プロセス及びその医薬製剤の提供。
【解決手段】下記インデノイソキノリン化合物を下の2化合物を反応させた後環化する製造法。




本化合物は哺乳動物の癌を治療する方法に有効である。 (もっと読む)


【課題】転移性疾患の検出及び診断のための方法及びキットを提供する。
【解決手段】細胞集団内の転移性又は潜在的転移性細胞の存在のin vitro検出方法であって、以下の(a)細胞を、(i)細胞膜チロシンキナーゼ、エフリン(Eph)A2に特異的に結合可能な試薬;又は(ii)EphA2タンパク質の少なくとも一部をコードする核酸と特異的に結合可能な試薬とインキュベートして、該試薬とEphA2又は該核酸とを結合させ、(b)EphA2又は該核酸と結合する試薬を検出する、ただし試薬の結合は細胞集団内の転移性又は潜在的転移性細胞の存在を示すものとする、ステップを含む上記検出方法。および、EphA2の細胞内エピトープに特異的に結合する抗体。 (もっと読む)


【課題】活性化マクロファージが仲介する病態を治療またはモニター/診断する方法の提供。
【解決手段】本方法は、マクロファージが仲介する病態にある患者に、以下の一般式のコンジュゲートまたは複合体を含有する組成物の有効量を投与するステップを含む。A‐X(式中、グループAは、活性化マクロファージとの結合能をもつリガンドを含み、グループXは、該コンジュゲートを該病態の治療に用いる場合、免疫原、細胞毒、もしくはマクロファージ機能を変化させる能力をもつ化合物を含み、また、該コンジュゲートを該病態のモニター/診断に用いる場合は、画像化剤を含む。)この方法は、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、クローン病、炎症、感染症、骨髄炎、アテローム性動脈硬化症、臓器移植拒絶反応、肺繊維症、サルコイドーシス、および全身性硬化症からなる群から選択される疾患に罹患している患者の治療に有用である。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

臨床的に得られた子宮頚部上皮細胞集団から、タンパク質バイオマーカー表現型と特定のHPV遺伝子型データを共に収集することが可能な、2つの部分からなる試験法が開示されている。形質転換関連多重タンパク質バイオマーカーの存在は、細胞ソーティングのゲーティング基準として作用し、その後、ソーティングで捕捉された細胞から個々のHPV型を検出し同定するのに十分な感度を有するPCRプロトコールが適用される。ワークフローは、常法によりPreservCyt(Cytyc)に固定された細胞を扱うように最適化されており、パップテストが行われた後に保存された試料に残っている残留細胞に対して実施することができる。 (もっと読む)


エレクトロスプレーイオン化を用いて、検体から第1の極性のイオンを生成すること;試薬から第2の極性のイオンを生成すること;第1の極性のイオンと第2の極性のイオンとがチャンバ中で相互作用して第2の極性を持つ検体イオンを形成するように、第1の極性のイオンと第2の極性のイオンとを質量分析計のチャンバ中に順に注入すること;および第2の極性の検体イオンの質量スペクトルを分析することを含む、質量分析計を用いた試料のための装置および方法が記載される。所望の質量対電荷比を持つ第2の極性の検体イオンを優先的に生じさせるように、ポリアミドアミン(polyamidomine)のような試薬が選択される。
(もっと読む)


複数のノード(12)による共有通信媒体へのアクセスを制御する方法の実施形態が開示される。この方法は、複数のノード(12)のうちの各ノード(12)に対し、イベントが将来の時点でこの各ノードのセンシング・フィールド(40)の範囲内で発生するかどうかを予測するステップと、各ノード(12)に関する予測に反応してこの各ノード(12)の通信スケジュールを順応させるステップと、を含む。複数のノード(12)による共有通信媒体へのアクセスを制御する方法の実施形態を実施するワイヤレス・センサ・ネットワーク(10)とコンピュータ読み取り可能な媒体とがさらに開示される。
(もっと読む)


本開示は、複数のノード(12)を含み、各ノードは、指向性を有するセンサ(18)と、通信モジュール(14)と、指向性を有するセンサ(18)から較正オブジェクト(20)のローカルな測定値を受信し、通信モジュール(14)を介して近傍ノード(12)から較正オブジェクト(20)の追加的な測定値を受信し、ローカルな及び追加的な測定値に応じて較正パラメータの初期集合を推定し、通信モジュール(14)を介して近傍ノード(12)から較正パラメータの追加的なセットを受信し、較正パラメータの追加的な集合に応じて較正パラメータの更新された集合を再帰的に推定するよう構成されたプロセッサ(16)とを有する、センサネットワーク(10)に関する。カメラノード(12)の大規模ネットワーク(10)を構成する更なるシステム及び方法が開示されている。
(もっと読む)


1 - 10 / 59