説明

スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニーにより出願された特許

1 - 10 / 1,802


【課題】FPCと他の回路基板との電気接続の十分な信頼性を確保しつつ、そのような電気接続を非導電性接着フィルムを用いて低温及び/又は低圧で実現する。
【解決手段】複数の導体配線が配置された端子部分を有するFPC及び他の回路基板を用意し、FPCの端子部分と回路基板の端子部分との間に接着フィルムが配置された積層体を形成し、複数の凸部が形成された押圧面を有する硬質ヘッドを用いてFPCの側から積層体を加熱押圧して、接着フィルムを軟化させかつ軟化した接着フィルムを硬質ヘッドの凸部で押圧した個所で局所的にFPCの導体配線と回路基板の導体配線との間から排除して、FPCの端子部分と回路基板の端子部分とをその個所で局所的に接触させるとともに、FPCの端子部分と回路基板の端子部分とをその個所以外の部分で接着することにより、FPCの導体配線と回路基板の導体配線とを電気接続する。 (もっと読む)


【課題】光ファイバコードの保持装置において、部品点数を削減できるとともに、かしめ工具等の専用工具を用いることなく手作業で容易に光ファイバコードを保持する。
【解決手段】保持装置10は、光ファイバコード1を支持する支持部材12と、支持部材12に光ファイバコード1を固定する固定部材14とを備える。支持部材12は、ジャケット外部に露出した抗張力体3がジャケット4の外面上に折り返された形態の光ファイバコード1のジャケット端部5を、光ファイバコード1の少なくとも自重による支持部材12からの脱落を阻止するように係止する係止部16を備える。固定部材14は、ジャケット端部5を係止した係止部16を押圧力により変形させて、係止部16とジャケット端部5とを互いに密着させる押圧部18を備える。押圧部18は、係止部16と押圧部18との寸法差に依存して生じる押圧力により、係止部16を圧縮する。 (もっと読む)


【課題】コネクタが嵌合されていないときには防塵機能を発揮し、コネクタが嵌合されたときにはコネクタの不意な離脱を防ぐコネクタカバーを提供する。
【解決手段】レセプタクル1の開放端部12を覆うプレート22と、そのプレート22から突出するアーム24a,24bとを備え、その開放端部12にプラグが嵌入されたときの、そのプラグのラッチレバーとボディとの隙間よりも、そのアーム24a,24bの厚さが小さいコネクタ用カバー14を提供する。 (もっと読む)


【課題】大きくて、複雑な形状の物品が成形可能であるガラス物品の製造方法およびその方法により得られた物品の提供。
【解決手段】粒子、ビーズ、ミクロスフェアまたは繊維の形態のガラスを準備する工程であって、そのガラスが少なくとも2種類の金属酸化物と、ガラスの重量に基づいてSiO2を0〜20重量%未満、B23を0〜20重量%未満およびP25を0〜40重量%未満とを含み、前記ガラスは、ガラス転移温度Tgと結晶化開始温度Txとを有しており、そのガラス転移温度Tgと結晶化開始温度Txとの差が少なくとも25Kである工程、Tg以上の温度で、前記粒子、ビーズ、ミクロスフェアまたは繊維が融合して、融合した形成体を成形するように前記ガラスを加熱する工程、および前記融合した形成体を加熱して、平均サイズが1マイクロメートル未満の晶子を少なくとも1容量%含むガラス−セラミックを形成する工程を含む、ガラス−セラミックの製造方法。 (もっと読む)


【課題】電磁干渉抑制シートを被着体に貼り付けるときに、被着体と電磁干渉抑制シートとの間において局所的な空気の閉じこめを防止することによって、電磁干渉抑制層を被着体表面から一定の距離に配置して、貼り付け面全体で均一な電磁干渉抑制効果を得る。
【解決手段】軟磁性体粉末及び有機結合剤を含む、電磁干渉抑制層と;構造化表面を有し、前記構造化表面の反対面が前記電磁干渉抑制層に接触するように積層された、感圧接着層とを含み、前記構造化表面に、前記感圧接着層の外周部分に達する連通した溝が形成されていることを特徴とする、電磁干渉抑制シートを提供する。 (もっと読む)


【課題】大きくて、複雑な形状の物品が成形可能であるガラス物品およびその製造方法の提供。
【解決手段】融合した第一のガラスと第二のガラスを含み、その第一のガラスは、少なくとも2種類の金属酸化物を含み、前記第一のガラスは、ガラス転移温度Tg1と、結晶化開始温度Tx1とを有しており、そのガラス転移温度Tg1と、結晶化開始温度Tx1との差が少なくとも5Kであり、また前記第一のガラスは、SiO2を20重量%未満、B23を20重量%未満、およびP25を40重量%未満含み、また、前記第二のガラスは、少なくとも2種類の金属酸化物を含み、前記第一のガラスは、ガラス転移温度Tg2と、結晶化開始温度Tx2とを有しており、そのガラス転移温度Tg2と、結晶化開始温度Tx2との差が少なくとも5Kであり、また前記第一のガラスは、SiO2を20重量%未満、B23を20重量%未満、およびP25を40重量%未満含む物品とその製造方法。 (もっと読む)


【課題】費用対効果性の高い、撥水、撥油、耐久性を有するグラウト粉末及びグラウト並びにその製造法の提供。
【解決手段】本発明は、グラウトを製造するために水と混合されるグラウト粉末に関する。本発明のグラウト粉末はセメント粉末を含み、グラウト粉末がフルオロケミカル化合物と混合されていることを特徴とする。さらに本発明は、セメント粉末を含むグラウト粉末をフルオロケミカル化合物と混合する工程を含む、グラウトを製造するために水と混合されるグラウト粉末の調製方法に関する。さらに、本発明は、グラウト粉末の別の製造方法に関し、この方法は、グラウト粉末の少なくとも1つの成分をフルオロケミカル化合物で処理する工程を含む。 (もっと読む)


【課題】口腔環境での使用に適切な接着剤を提供する。
【解決手段】接着剤は、充填剤と硬化性樹脂と硬化剤と着色剤とを含み、この組成物は、化学放射線に露光する前に初期色を有し、そして化学放射線への組成物の露光に続いて初期色とは異なる最終色を有する。この接着剤を歯科矯正装置にプリコートすることができる。 (もっと読む)


【課題】効果的な滅菌ワークフロー、記録保持、安全性を実現する。
【解決手段】滅菌手順に関連する情報管理、資材配送の自動化システムは、ネットワーク・サーバ、クライアント・コンピュータを含む。クライアント・コンピュータは、滅菌サービスを要求する滅菌施設にわたって分散され、ネットワーク・サーバは、滅菌施設と各種の情報を交換する。ネットワーク・サーバはクライアント・コンピュータからの情報に応答して、滅菌施設への資材の配送を開始させ、記録保持または原価計算目的のためのレポートを生成する。ネットワーク・サーバから配信された情報は、滅菌設備の運用、保守および制御、滅菌資材の特徴・性能、専門家の技術的助言に関するものであってよい。滅菌施設から受信された情報には、情報の要請、購入の注文、資材の配送、並びに滅菌施設内で実行された滅菌手順を文書化した滅菌工程情報が含まれる。 (もっと読む)


【課題】光を異方性散乱させ、導波デバイスおよびフィルムから光を抽出する、またはその両方に使用され得る高分子組成物の提供。
【解決手段】光学異方性を有する接着材料と、前記接着材料内に、複数の細長構造体として配置される光学異方性を有する分散相材料と、を含む高分子組成物であって、細長構造体は、それぞれ主軸を有し、前記細長構造体の主軸が、実質的に配列され、前記分散相材料の屈折率が、前記接着材料の屈折率と、少なくとも0.01異なる。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,802