ピーピージー インダストリーズ オハイオ,インコーポレイテッドにより出願された特許

1 - 10 / 267


【課題】ポリウレタン、ポリウレタン(ウレア)、硫黄含有ポリウレタンおよび硫黄含有ポリウレタン(ウレア)ならびにそれらの調製方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、ポリウレタン、ポリウレタン(ウレア)、硫黄含有ポリウレタン、硫黄含有ポリウレタン(ウレア)およびそれらの調製方法に関する。本発明のポリウレタンは、ポリイソシアネートと、200グラム/モル以下の分子量を有する三官能性以上のポリオールと、200グラム/モル以下の分子量を有するジオールと、を組み合わせることにより調製され得る。本発明のポリウレタン(ウレア)は、ポリイソシアネートと、三官能性以上のポリオールジオールと、ジアミンと、を組み合わせることにより調製され得る。 (もっと読む)


【課題】結晶コロイドアレイにおける画像化の方法の提供。
【解決手段】結晶コロイドアレイにおいて画像を生成する方法が、開示される。この方法は、硬化可能なマトリックス組成物中に受容される粒子の秩序化されたアレイを提供するステップと;マトリックス組成物の第一部分を硬化させるステップであって、第一硬化部分が放射線を第一波長で回析する、ステップと;マトリックス組成物の別の部分を硬化させるステップであって、他の硬化部分が、放射線を別の波長で回析する、ステップと;画像を呈するために、アレイを放射線に曝露する、ステップとを含む。結晶コロイドアレイの積み重ねにおける多色画像を生成する方法もまた開示される。 (もっと読む)


【課題】角度色彩特性を示すコーティングの色を合わせるための改良されたツールを提供する。
【解決手段】物品上のコーティングの色と合わせるためのツール10が開示される。これらのツールは、(a)見掛け上の角度特性を示すコーティングを含む色票20、および(b)色票の少なくとも一辺30に直接隣接して配置される窓40を含み、ここで、この窓は、観察者が、下にある物品のコーティングの見掛け上の角度特性を見、そして、この物品のコーティングの見掛け上の角度特性と、色票上のコーティングの見掛け上の角度特性とを比較するのに十分な寸法を有する。また、そのような複数のカラーツールを有するページを1ページ以上含むペイントチップ掲載本、および、そのようなカラーツールを利用して、物品上のコーティングの色と合わせるための方法が開示される。 (もっと読む)


【課題】良好な貯蔵安定性を維持しつつ、伝統的な1液の上記利点を保持し、周囲条件で急速に硬化し、低VOCを達成する能力を与え、良好な柔軟性を与える、1液ポリシロキサンコーティング剤組成物を提供すること。
【解決手段】シラノール官能性シリコーンと、アルコキシ官能性シリコーンと、2種類以上の反応物の反応生成物を含む柔軟性付与剤と、アミン、アミノシラン、ケチミン、アルジミン及びその組合せから選択される硬化剤とを含む、貯蔵安定性の高い1液低温湿分硬化型コーティング剤組成物を開示する。かかる組成物から沈着した被覆物で少なくとも部分的に被覆された基材、及びかかる組成物で基材を被覆する方法も開示する。 (もっと読む)


【課題】タングステンを含むサブミクロンおよびナノ材料組成物及びのその組成物の調製方法を提供する。
【解決手段】(a)タングステン;および(b)タングステン以外の少なくとも1つの金属を含み、ナノ顔料である、ナノ材料組成物。タングステン以外の少なくとも1つの金属がナトリウムであるナノ材料組成物。さらに、タングステンブロンズを含むナノ材料組成物であり、ナノ粒子を含むタングステンを試薬と反応させることによって調製される、ナノ材料組成物。 (もっと読む)


【課題】シリコーンを含むコーティング組成物を提供すること。
【解決手段】特定の点において、本発明は、(a)アルコキシ官能性および/またはシラノール官能性シリコーン;(b)エポキシ官能性シリコーン;ならびに(c)硬化剤を含むコーティング組成物に関する。他の点において、本発明は、(a)アルコキシ官能性および/またはシラノール官能性シリコーン;(b)エポキシ官能性シリコーン;(c)(a)および(b)と異なるヒドロキシ官能性および/またはエポキシ官能性材料;ならびに(d)硬化剤を含むコーティング組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】二価金属の顔料を含む水性アニオン分散体、およびこれらの分散体の安定化を提供すること。
【解決手段】本発明によれば、水性アニオン樹脂分散体は、二価金属の顔料、特に、クロムもまた含む二価金属の顔料を含む。このような顔料、例えばクロム酸ストロンチウムは、分散体にキレート剤を添加することによって安定化される。安定化された水性分散体は、アニオン電着法において、より詳細には、アルミニウム基板へ耐腐食性皮膜を電着するために特に有用である。 (もっと読む)


【課題】アルミニウム基板上の使用のための電着皮膜の提供。
【解決手段】電着皮膜に伴う1つの問題は、外観が悪く粗い皮膜を生じる、皮膜におけるピンホールの形成である。本発明は、アルミニウム基板に、向上した外観を有する皮膜を付けるための電着の使用に関する。リン酸と有機ホスホン酸および/または有機ホスフィン酸との両方によるポリエポキシドのリン酸エステル化によって製造されるリン酸エステル化エポキシ樹脂のアニオン電着によってアルミニウム基板に皮膜を付ける方法。皮膜はピンホールを形成する傾向が少ない。 (もっと読む)


【課題】Braggの法則に従って放射線を回折する放射線回折センサーを製造する方法の提供。
【解決手段】このセンサーは、基盤上に周期的に整列された粒子のアレイを形成する工程、粒子のアレイをポリマーマトリックスでコートする工程、マトリックスを硬化してマトリックス内の粒子のアレイを固定する工程、および固定アレイを活性剤に接触する工程によって製造され、そこにおいて、この活性剤は、センサーによって回折された放射線の波長を、第1波長から第2波長へ偏移する。 (もっと読む)


【課題】被覆組成物が耐食性特性を示すように耐食性粒子を含んでいる被覆組成物を提供すること。
【解決手段】(a)接着促進成分;ならびに(b)(i)100ナノメートル以下の平均基本粒径を有する酸化マグネシウム粒子;(ii)1つ以上の無機酸化物を含む無機酸化物ネットワークを含んでいる粒子;および/または(iii)500ナノメートル以下の平均基本粒径を有する化学的に改変された粒子から選択される耐食性粒子を含んでいるプライマー被覆組成物および/または前処理用被覆組成物。そのような組成物および多成分複合被覆剤から沈積された被覆剤で少なくとも部分的に被覆されている基材もまた開示される。ここで、少なくとも1つの被覆剤は、後でそのような被覆組成物から沈積される。超微細な固体粒子を調製するための方法および装置もまた開示される。 (もっと読む)


1 - 10 / 267