説明

ユニチカテキスタイル株式会社により出願された特許

1 - 10 / 53


【課題】コスト低減や染色効率向上の点で有効なだけでなく、織編物に対し優れた風合い、光沢感をも付与でき、しかも高い堅牢性をも付与できる染色方法を提供する。
【解決手段】本発明は、ポリエステル繊維とセルロース繊維とを含む織編物を染色する方法に関し、特に、ポリエステル繊維とセルロース繊維とを含む織編物を予備リラックスし、次いで連続精練した後、分散染料を用いてバッチ染色し、ヒートセット後、さらにスレン染料を用いて連続染色するポリエステル/セルロース混用織編物の染色方法を要旨とする。 (もっと読む)


【課題】手術時における患者の手術部位周辺の血液・体液の吸収性や着用者の汗等の吸収性に優れ、加えてバクテリアバリア性も兼ね備えており、また洗濯・滅菌処理を繰り返してもこれらの性能が低減し難い、耐久性に優れた医療用積層布帛及びこれを用いた医療用ドレープ、医療用被服を提供する。
【解決手段】ポリカーボネートポリウレタン系樹脂、シリコーンポリウレタン系樹脂およびクロロスルフォン化ポリエチレン系樹脂からなる群より選ばれたポリマーにて形成されたフィルムの両面に、ポリエステルフィラメント糸を用いたトリコット編地がそれぞれ貼り合わされた積層布帛である。一方のトリコット編地は、2枚筬以上の組織を有するとともに、単糸繊度0.5デシテックス以下のポリエステルフィラメント糸を含有し、かつ吸水加工されたものである。他方のトリコット編地は、撥水加工されたものである。 (もっと読む)


【課題】黒発色性は勿論のこと、堅牢性やストレッチ性などの特性も同時に発揮しうる、新規な織物を提供することを課題とする。
【解決手段】経糸として、アイゾック染料で黒色に先染めされてなる黒原着ポリエステル繊維と、防縮加工されてなると共に黒色に先染めされてなる羊毛繊維との混紡糸を用い、緯糸として、黒原着ポリエステル繊維からなる仮撚加工糸を用いてなる織物。本発明の織物は、発色性、特に黒発色性に優れており、例えば、黒が好まれる学生服、紳士服といった用途に当該織物を適用すれば、高級感あるものに仕立てることができる。 (もっと読む)


【課題】太陽光による蓄熱・保温効果と、天然繊維又は再生繊維が持つ独特の機能とを同時に織編物に反映しうる、新規な紡績糸、並びにその紡績糸を効率よく製造する方法を提供する。
【解決手段】近赤外線吸収剤を備えてなる、繊維長30〜250mmの合成繊維を20〜90質量%含むと共に、天然繊維及び/又は再生繊維を80〜10質量%含んでなり、波長700〜850nmにおける反射率が50%以下である紡績糸。及び近赤外線吸収剤を含有する水分散液を用いて、特定繊維長の合成繊維を特定温度で湿熱処理し、乾燥後、当該合成繊維を20〜90質量%、天然繊維及び/又は再生繊維を80〜10質量%使用して紡績する紡績糸の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 強度や難燃性といった機能特性でなく、審美性や風合いといった感性特性をも織編物に付与しうる、新規な複合紡績糸と、それを用いてなる織編物とを提供する。
【解決手段】 芯成分がパラ系アラミド繊維とメタ系アラミド繊維とからなり、鞘成分がセルロース繊維からなる複合紡績糸であって、芯成分/鞘成分の複合割合が25/75〜55/45の範囲にある複合紡績糸、及び該複合紡績糸を用いてなる織編物。本発明によれば、強度や難燃性といった機能特性だけでなく、審美性や風合いといった感性特性をも織編物に付与しうる、新規な複合紡績糸と、それを用いてなる織編物とを提供することができる。 (もっと読む)


【課題】 優れた制電性能を具備すると共にストレッチ性などの特性も具備し、食品や家電、各種ハイテク機器などを生産する工場で着用感よく使用できる、新規な作業着を提供する。
【解決手段】 ポリエステル長繊維糸条Aの周囲に繊度比0.7≦A/B≦3.3の導電性繊維糸条Bを撚回数200〜500T/Mにてシングルカバリングした複合糸が2.0〜13.0質量%の割合で均等な格子状に配されると共に、地糸としてポリエステル加工糸が用いられ、かつ吸水加工されたトリコット経編地を縫製してなる作業着であり、当該縫製には電気抵抗値10〜10Ωの縫糸が使用され、さらにIEC61340−5−1に準拠して測定される表面抵抗値が10〜10Ωである作業着。 (もっと読む)


【課題】高混率で竹繊維を混繊することが可能な不織布であって、消臭性、抗菌性を有する自動車内装材、建築断熱材、吸音材、遮音材等に最適な不織布であるところの、竹繊維シートを得る。
【解決手段】竹繊維シートであって、竹繊維と熱接着性複合繊維とを含有する不織布にて構成されている。この竹繊維シートは、竹繊維と熱接着性複合繊維とが分散されて堆積されているとともに、繊維同士が熱接着性複合繊維によって熱接着されており、竹繊維及び熱接着性複合繊維の繊維長が15mm以下であり、竹繊維の混率が5〜90質量%である。 (もっと読む)


【課題】厚さが薄いにもかかわらず、ソフト性と共に吸放湿性に優れ、かつ積極的な保温性をも布帛に付与しうる紡績糸と、この紡績糸を用いてなる布帛とを提供する。
【解決手段】太陽光選択吸収型ポリエステル繊維を含む芯部と、溶剤紡糸セルロース繊維を含む鞘部とからなる長短複合紡績糸であって、紡績糸中に占める前記太陽光選択吸収型ポリエステル繊維の質量比率が15〜60質量%であり、紡績糸中に占める前記溶剤紡糸セルロース繊維の質量比率が40〜85質量%であり、かつ撚係数が3.5〜4.5である長短複合紡績糸。 (もっと読む)


【課題】 積極的に保温性を実現でき、併せてソフト感、吸放湿性なども具現しうる、新規な肌着衣料用編地を提供する。
【解決手段】 溶剤紡糸セルロース繊維を含む表面層と、太陽光選択吸収性繊維を含む裏面層とをナイロンフィラメント糸でタックしたリバーシブル構造からなる肌着衣料用編地。本発明では、溶剤紡糸セルロース繊維を用いることにより、編地の風合いをソフト感に優れたものとすることができ、かつ吸放湿性に優れたものとすることができる。また、太陽光選択吸収性繊維を用いることにより、編地の保温性を優れたものにすることができる。 (もっと読む)


【課題】 適度に毛羽が伏せられていると共に、後の工程を経ても毛羽立ち難い紡績糸を低コストで製造する方法を提供する。
【解決手段】 フロントローラーから紡出された繊維束を加撚して紡績糸を得る方法において、フロントローラーとスネルワイヤーとの間にフロントローラーと並行に補助ローラーを設けて該補助ローラーをフロントボトムローラーと逆方向に回転させ、フロントローラーにおける前記繊維束のニップ点から補助ローラーに向けて下ろした垂線方向と、前記繊維束の紡出方向とのなす角度を20°〜60°に設定して、該補助ローラーの表面に前記繊維束を接触させながらスネルワイヤーへ導く紡績糸の製造方法。 (もっと読む)


1 - 10 / 53