説明

ユーロ−セルティーク エス.エイ.により出願された特許

81 - 90 / 134


【課題】ピペリジン化合物、有効量のピペリジン化合物を含む組成物、および疼痛などの症状の治療または予防方法の提供。
【解決手段】 ピペリジン化合物;ピペリジン化合物を含む組成物;および動物における疼痛、UI、潰瘍、IBD、IBS、中毒障害、パーキンソン病、パーキンソン症候群、不安、癇癪、発作、卒中、掻痒状態、精神疾患、認知障害、記憶障害、脳機能の制限、ハンチントン舞踏病、筋萎縮側索硬化症、痴呆症、網膜症、筋痙攣、片頭痛、嘔吐、運動障害または鬱を治療または予防する方法であって、それを必要とする動物に有効量のピペリジン化合物を投与することを包含する方法を開示する。一実施形態では、ピペリジン化合物およびその製薬上許容可能な塩は、式:
【化1】


を有し、式中、Ar1、Ar2、X、R3、R4およびmは、本明細書に開示する通りである。 (もっと読む)


本発明は、気分障害及び同様の障害を処置する際に使用するために所望の性質を有する、神経刺激性ステロイドの3α−ヒドロキシ−3β−メトキシメチル−21−(1’−イミダゾリル)−5α−プレグナン−20−オン又はその医薬的に許容される塩もしくは溶媒和物の医薬組成物に関する。本発明の医薬組成物は3α−ヒドロキシ−3β−メトキシメチル−21−(1’−イミダゾリル)−5α−プレグナン−20−オンの持続した治療的血漿中レベルをもたらす。本発明はまた、医薬組成物を投与することによってこれらの障害を処置する方法に関する。 (もっと読む)


4−テトラゾリル−4−フェニルピペリジン化合物、有効量の4−テトラゾリル−4−フェニルピペリジン化合物を含む組成物、有効量の4−テトラゾリル−4−フェニルピペリジン化合物をそれらを必要とする動物に投与することを含む動物における疼痛又は下痢の治療又は予防方法、ならびにオピオイド受容体を発現することができる細胞を有効量の4−テトラゾリル−4−フェニルピペリジン化合物と接触させることを含む細胞におけるオピオイド受容体機能を刺激する方法を開示する。 (もっと読む)


特定の実施形態で開示したのは、有害薬剤または拮抗薬及び粒子の周囲に配置した層を含有する複数の押出成形した粒子を含有する剤型である。 (もっと読む)


本発明は、隔離できるオピオイド拮抗薬のような副作用物質を含む同時押出医薬組成物と剤形に関する。オピオイドのような活性薬剤を含む剤形の医薬組成物と剤形の転換に関する。本発明は、また、そのような剤形を用いて患者を治療する方法と患者を治療するための剤形使用の説明書とともに剤形を含むキットに関するものである。本発明は、さらに、副作用物質とシースを包含するコアの同時押出を含む医薬組成物と剤形の調合過程に関する。 (もっと読む)


【課題】経口持続放出性オピオイド製剤の提供。
【解決手段】患者を治療するにあたって、オピオイド鎮痛薬の最低有効濃度がより速やか
に得られるように、投与したとき、早期に急速なオピオイド吸収をもたらす24時間経口
持続放出性オピオイド製剤が用いられる。こうした持続放出性オピオイド製剤は、ヒト患
者への経口投与後に少なくとも約24時間にわたり鎮痛効果を発現するのに効果的な速度
でオピオイド鎮痛薬を放出させる、有効量の少なくとも1種の遅延物質を含有し、1時間
〜約8時間の吸収半減期を示す点に特徴がある。これらの持続放出性オピオイド製剤を利
用してヒト患者をタイトレーションする方法も開示される。 (もっと読む)


本発明は、オピオイド鎮痛剤組成物中のα,β−不飽和ケトンのレベルを減少させるための方法であって、ジイミド又はジイミド前駆体で水素化することによる方法を対象とする。 (もっと読む)


本発明は、特定のインビボパラメータ、例えばtmax、Cmax、AUCt値、平均腸機能スコアおよび/または鎮痛作用の継続時間によって特徴づけられる、オキシコドンおよびナロキソンを含む剤形に関する。
(もっと読む)


本発明は、患者における腸機能を評定するための方法を提供し、この方法は、腸機能の尺度である少なくとも1つのパラメータのための数値アナログスケールを患者に提供すること;その患者に経験しているパラメータの量および/または強度をその数値アナログスケール上に示させること;ならびにその数値アナログスケール上に示された少なくとも1つのパラメータの量および/または強度を観察して、腸機能を評定することを含む。さらに本発明は、患者の腸機能を評定するための装置を提供し、この装置は、患者の腸機能と関係する少なくとも1つのパラメータの数値アナログスケールを提供する表示ユニット;その数値アナログスケールに患者が示す少なくとも1つのパラメータの量および/または強度を受信する受信ユニット;ならびにその数値アナログスケールに示された少なくとも1つのパラメータの量および/または強度を提供するインターフェースユニットを備える。
(もっと読む)


放出制御トラマドール鎮痛薬の患者への投与のための漸増投薬処方。漸増投薬処方は、放出制御トラマドール投薬の導入による悪影響の発生の著しい低下を提供し、それゆえ患者の服薬率及び薬剤許容性を向上させる。 (もっと読む)


81 - 90 / 134