説明

ネステク ソシエテ アノニムにより出願された特許

71 - 80 / 637


【課題】優れたカプセルシステムを提供する。
【解決手段】本発明は、制御手段(25)を備える遠心分離浸出装置内でのカプセル(1)の遠心分離によって飲料を調製するためのカプセルシステムに関する。上記制御手段は、飲料流速および/または飲料の量を制御することによって遠心分離浸出装置を遠心分離動作させることができるようにする遠心分離浸出装置と、前記遠心分離浸出装置内に挿入されるべきカプセルであって、単独であるいは遠心分離浸出装置と協働して、遠心分離された液体に背圧を与える流れ制限部または流れ制限バルブを形成するようになっている当該カプセルと、を備える。制御手段(25)が、流れ制限部または流れ制限バルブによって及ぼされる背圧に応じて、挿入されるカプセル(1)の回転遠心分離速度および/またはカプセル内に注入される液体の量を、選択的に調整する。 (もっと読む)


本発明は、拡張されたユーザ助言機能を有する飲料調製マシン(1)であって、ユーザ助言機能を作動させる実際の又は来たるべきイベントを、マシンパラメータ若しくはマシンコンテキストイベントの監視に基づいて認識する制御部(21)と、通信ネットワーク(501、511)経由で遠隔の外部装置(50)と通信する通信モジュール(11)と、メッセージを表示するディスプレイ(10)とを備え、制御部(21)が、ユーザ助言機能において、実際の又は来たるべきイベントを処理するためのリソースを提供する外部装置(50)との接続を通信モジュール(11)経由で確立するように、及び、実際の又は来たるべきイベントを示すとともにそのイベントの処理についてユーザに助言するメッセージのディスプレイ(10)上における表示を制御するように更に構成されている。 (もっと読む)


流量計(1)は計量チャンバ(10)を画定するハウジング(2、4)を備える。ハウジングは、所定数の対をなす相互接続用固定部(25、25’、25a、26、26’、26a、45、45’、45a)を有するバヨネットコネクタによって互いに組み付けられる第1本体(4)および第2本体(4)から形成される。固定部の対は、1つの位置でのみまたは相互接続用固定部の対の数よりも少ない数の互いに異なる位置で第1および第2本体(2、4)を組み付けることができるように構成される。 (もっと読む)


本発明は、雰囲気模倣機能を有する飲料調製マシンに関する。提供装置(11、21、17)は、再生に際して既定の雰囲気を作る可視コンテンツを伴うデータを提供し、提供されるデータが、状況を示すコンテキスト情報にリンクされている。取得装置(11、37、60、62、63)は、実際の状況を示す少なくとも1つの実際のコンテキスト情報を取得し、ディスプレイ(10)は、実際の状況に関連する雰囲気を作るために、取得された実際のコンテキスト情報に関連付けられたデータを再生する。 (もっと読む)


本発明は飲料調製マシン(1)用のサービス機能を遠隔で提供する方法に関する。飲料調製マシン(1)は、カプセル抽出部内にカプセルを収容し、カプセル抽出部内のカプセルに例えば水、特に加熱された水などのキャリア液体を循環し、その結果得られた飲料を注出することによって飲料を調製するように構成されている。そのマシンは通信ネットワーク(511、501、502)経由で遠隔サーバ(50)とデータ通信する。マシン(1)はそのマシンに関連するパラメータを監視し(S1、S2、S3、S4)、監視されたパラメータをサーバ(50)に送信する(S5)。サーバ(50)は送信されたパラメータに応じたサービス機能を始動する(S8、S9)。本発明はそのような方法をサポートするように適合される飲料調製マシン(1)と顧客所在地(150)の飲料調製マシン(1)用のサービス機能を遠隔で提供するシステム(100)に更に関する。 (もっと読む)


流量計(1)は、計量チャンバ(10)を含む最外側のケーシング(2、4)と、ケーシングの最外面(20)と、計量チャンバを通じた流れを表わす信号を最外面で発生させる発生器(3、36)と、最外側のケーシング上にケーシングを越えて延び且つセンサ(51)を含むPCB(50)に対して、最外側のケーシングを締結する接続構造(28)であり、センサが最外面に配置されて接続時に発生器からの信号を検出するように構成される、接続構造とを備えている。接続構造がPCBに対して接続されるように構成され、PCBとケーシングとの間の接続がセンサとは区別されている。 (もっと読む)


本発明は仮想買い物機能を有する飲料調製マシン(1)に関する。飲料調製マシンはタッチスクリーン(10)と制御部(21)とを備える。タッチスクリーン(10)は飲料調製マシン(1)に関連する商品(81)を提供するショップの内部の画像(80)をタッチスクリーン(10)上に表示し、容器(82)の画像をタッチスクリーン(10)上に表示し、及び、タッチ操作に関する情報を制御部(21)に送信するように構成されている。表示された内部は、商品(81)を提供している実際のショップの内部、特に商品(81)の標準的な展示を有する実際のチェーン店のショップの内部に対応する。制御部(21)は、タッチスクリーン(10)上の商品(81)上及びタッチスクリーン(10)上の容器(82)上のタッチ操作の検出に基づいて購入用商品(81)の選択を受け付けるように構成されている。 (もっと読む)


本発明は、カード(90)からユーザ識別情報を読み取る又はユーザ若しくはユーザ設定を一意的に識別するカード読み取り装置(23、24)を備える飲料調製マシン(1)、特にカプセルベースの飲料調製マシンに関する。読み取られた情報は、外部サーバに送信されることができる、あるいは飲料調製マシン(1)自体で処理されることができる。制御部(21)は、読み取られたユーザ識別情報に従って並びに/あるいは送信されたデータに応じて外部サーバ(50)から受信された情報に従って、飲料調製マシンの機能及び処理ステップを制御するように構成されている。 (もっと読む)


本発明は、複数のアイコン(72)であり、複数のアイコンが少なくとも2つのメニューレベルのグループ(73、76、78)に分けられることによってそれぞれが飲料調製マシン(1)の選択可能なメニュー機能を示す複数のアイコン(72)を格納するメモリを備える飲料調製マシン(1)に関する。飲料調製マシン(1)は、ディスプレイ(10)であり、第1の動作モードにおいてアイコンの第1のグループ(73)をディスプレイ(10)の主要部分(75)に隣接させて表示し、第2の動作モードにおいて複数のアイコン(72)の1つのグループ(73、76、78)を現在選択可能なアイコン(72)としてディスプレイ(10)の主要部分(75)に表示するディスプレイ(10)を更に備える。タッチパッド(10、22)は第1の動作モードと第2の動作モードの間を切り替えるタッチ操作を受け付けるように構成されている。 (もっと読む)


装置(1)は、抽出用の材料カートリッジ(2)を受容するように配設されたカートリッジ着座部(10)と、抽出中に飲料を供給するためにこのカートリッジ着座部に接続された飲料出口(35)と、供給源(50)からカートリッジ着座部を介して飲料出口に液体を加圧して循環させるためのポンプ(60)を含む液体注入機構(50、60、61、70、80、81)とを有する。液体注入機構はさらに、ポンプとカートリッジ着座部との間の弁(80’)を含む。ポンプが停止された後、飲料出口(35)からの液垂れを抑制するために、液体注入機構は、弁(80’)を介して注入機構内のこの加圧液体から圧力を解放し、かつポンプ(60)からカートリッジ着座部(10)までの注入機構内の液体を維持するように構成される。 (もっと読む)


71 - 80 / 637