説明

行政院原子能委員會核能研究所により出願された特許

1 - 10 / 37


【課題】リアルな状況をシミュレートし易い医学造影システム用のランドファントムを提供する。
【解決手段】医学造影システム用のランドファントム1は、ファントム外殻2、少なくとも1個の擬似器官ユニット3、板状の第一連接ユニット4を備え、少なくとも1個の擬似器官ユニット3はファントム外殻2内に移動可能状に設置し、分離可能状に連接する上部31と下部32を備え、第一連接ユニット4はおおよそ板状で、擬似器官ユニット3内に移動可能状に設置し、上部31と下部32との間に位置し、少なくとも1個の第一連接孔41を設置し、個数及び位置が異なる病変ファントムをセットすることができ、モジュール化方式で組立てと分解ができる。 (もっと読む)


【課題】固体酸化物燃料電池を利用した二酸化炭素エネルギー変換循環方法及びその装置の提供。
【解決手段】この固体酸化物燃料電池−二酸化炭素エネルギー変換循環方法及びその装置は、廃ガスの二酸化炭素を、利用できるエネルギー材料或いは化学原料となし、固体酸化物燃料電池の電気化学方法に、触媒を組み合わせて化学反応を発生させ、二酸化炭素を一酸化炭素と酸素に分解し、エネルギー材料或いは化学原料となし、これにより環境保護と二酸化炭素温室効果を解決する効果を達成し、炭素排出貿易権利の議題を掌握する。 (もっと読む)


【課題】確率論的リスクアセスメント(Probabilistic Risk Assessment)におけるトップダウン事象に依る故障のツリー解析は異なる事象によって発生確率も異なるので計算を一概に括れない。そのため、より精確に評価するためには他のソフトプログラムを借りて故障モデルを最小限に縮小させる必要がある。
【解決手段】本発明は、一種の標準化したコンピュータ支援リスク定量評価方法を提供し、適当な事象を系列に並びトップダウン論理による故障のツリーモデルを作り、予定値の指令を設定する。このプログラムは事象系列に含める特徴について求解し、基本事象の改名を行い、更に基本事象のパラメーターを評価モデルに代入して合理の最小カットセットやリスク結果や重要度指標を求める。また基本事象のパラメーターを調整することによって、基本事象が故障する感度分析を行い、最善の対策を練られるようにする。 (もっと読む)


【課題】高水素貯蔵容量の水素貯蔵材料と、その簡単で低コストの製造方法の提供。
【解決手段】本発明は高容量の水素貯蔵材料を提供し、それはマイクロ孔構造体中にメソ孔チャネルと、それと接続されたフラクタルネットワークのナノ孔チャネルとが形成され、且つこの二種類のチャネルがいずれもマイクロ孔と接続され、並びに該メソ孔チャネルと該ナノ孔チャネル及びそれらに接続されたマイクロ孔に金属粒子が形成されている。また、本発明は、該マイクロ孔構造体に対する酸化反応を利用してマイクロ孔に接続されたメソ孔チャネルとフラクタルネットワークのナノ孔チャネルを形成し、及びこの二種類のチャネルと、それに接続されたマイクロ孔により、水素分子を解離させて水素原子となす金属粒子堆積の担体を提供する。 (もっと読む)


【課題】特定の気孔率及び気体透過率を備える固体酸化物系燃料電池の電極層の製造方法及び製品の品質及び特性を確認する方法を提供する。
【解決手段】焼結工程と造孔剤添加量の調節と合わせて、特定の気孔率と気体透過率を備えた固体酸化物系燃料電池膜電極接合体(SOFC-MEA)の電極層の製造方法であって、造孔剤及び焼結条件のコントロールによって、電極層の気孔率の体積の百分率を0〜35%とし、電極層の気体透過率を1×10-3〜1×10-6 L/cm2/secとすることを特徴とし、気孔分析器及び気体透過率分析器によって陽極支持基板(電極層)の気孔率を測定することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】完全緻密/気密性電解質層を有する固体酸化物形燃料電池膜電極接合体(電池セル)の提供。
【解決手段】テープキャスティング法によって形成したグリーンテープをラミネートして所定厚さとした陽極支持基板上にマグネトロンスパッタリング法によって薄膜電解質層を形成し、焼結してハーフセルとし、次いで該薄膜電解質層上にシルクスクリーン印刷法などにより、陰極層を形成して焼結し、電池セルとする。電解質層の気体透過率は1×10-6 L/cm2/sec以下、全電池の開回路電圧1.0V以上、発電試験の電力密度は500 mW/cm2以上であった。 (もっと読む)


【課題】平板型固体酸化物形燃料電池の電極接合体の導電性を向上し、低抵抗化を可能とする平板型固体酸化物形燃料電池を提供する。
【解決手段】テープキャスティング法によって成型した陽極グリーンテープを積層圧着するラミネート処理により所定の厚さとし、焼結して陽極基板を製造し、その陽極基板の表面に研磨工程を施して平滑化してからシルクスクリーン印刷法などの薄膜形成法により、電解質層を形成して焼結し、更に該電解質層上に同様にして陰極層を形成し、焼結する。このようにして形成したユニットセルの露出した陽極基板表面を研磨処理により10〜30μm削除して完成する。陽極基板表面の研磨処理により、焼結過程において形成されたNi欠乏層が除去されて、SOFC全電池は高導電性・低抵抗特性となり、電池セルの効率が向上する。 (もっと読む)


【課題】完全緻密/気密の電解質層を有する高性能固体酸化物燃料電池接合体の電池セルを提供する。
【解決手段】テープキャスティング法により支持基板としての強度を具える厚さの電極層グリーンテープを形成し、同じくテープキャスティング法により緻密/気密を満たす薄さの電解質グリーンテープを形成して両者をラミネート処理によって積層し、さらにこれらに対して対極となる電極層をシルクスクリーン印刷法、パッタリングコーティング法、スピンコーティング法、或いはプラズマ・スプレーコーティング法などの薄膜形成法によって形成し、温度昇降速度0.1〜3℃/min、温度1500℃の条件で5時間焼結して、電池セルとする。 (もっと読む)


【課題】油性磁性流体の調整方法の提供。
【解決手段】油性磁性流体の調製方法において、鉄イオン溶液にカルボキシル化合物を混合し、カルボキシル基含有磁性酸化鉄を生成し、カルボキシル化合物に有機除去剤を混合し、カルボキシル基含有有機除去剤溶液を生成し、カルボキシル基含有磁性酸化鉄にカルボキシル基含有有機除去剤溶液を混合し、油性物質を含む有機除去剤溶液を加えて油性磁性流体を得る。 (もっと読む)


【課題】肝臓繊維化レベルを臨床的に精確に識別する方法を提供する。
【解決手段】肝臓標的糖質医学イメージ分子造影法において、
(a)ガラクトースペプチドを含む医学イメージ造影剤を静脈注射し、
(b)特定時間内に医学イメージ器具で単位肝臓体積が発生する医学イメージ信号を測定する。ここで、前記医学イメージ造影剤がTc-99m-SOCTA-galactopeptideまたはTc-99m-DTPA-galactopeptideであり、単光子放射コンピュータ断層測定機器で単位肝臓体積が放出するγ放射量を測定する。または、前記医学イメージ造影剤が磁性造影剤であり、核磁気共鳴機器で単位肝臓体積が発生する電磁信号を測定する。 (もっと読む)


1 - 10 / 37