説明

Fターム[2B022DA17]の内容

植物の栽培 (11,139) | 環境制御 (1,531) | 温度制御 (181)

Fターム[2B022DA17]に分類される特許

1 - 20 / 181


【課題】既存技術を組み合わせてトータル制御することにより、露地栽培環境を作り出することにより、レタスを結球させることが可能な条件を満たしたレタスの栽培システムおよび方法を得る。
【解決手段】栽培槽11と、給水槽20と、肥料タンク21と、CO2タンク18と、光源13と、エアコン14と、ファン15と、各種センサと、CO2センサ17と、コントローラ2とを備える。コントローラ2は、栽培槽11への給水状態を制御するとともに、CO2濃度が露地栽培よりも高い濃度となるようにCO2タンク18を制御し、露地栽培での周期よりも短い周期で明期および暗期を繰り返すように、光源13を周期的に制御し、環境温度および気流が変動するように、エアコン14およびファン15を制御する。 (もっと読む)


【課題】ぶどうの木の樹勢を失わせず、年間に一回より多い十分な収穫を毎年連続して得ることができるぶどうの栽培方法を提供すること。
【解決手段】二年に三期のぶどうの収穫ができるように、加温設備が設けられているぶどうの栽培ハウスを一対用い、一方の前記ぶどうの栽培ハウスに対して他方の前記ぶどうの栽培ハウスにおいてはぶどうの栽培時期をずらして栽培し、該一対のぶどうの栽培ハウスにおいて一年に三期のぶどうの収穫を毎年行う。 (もっと読む)


【課題】植物体ごとに送風することが可能であり、かつ、送風用の配管の設置を簡略化した植物栽培装置を提供する。
【解決手段】植物栽培装置100は、植物20へ培養液を供給するための複数の開口部11を有する給水パイプ1と、給水パイプ1内の気体を移動させ、開口部11を介して植物20に対して送風するファン5とを備えている。 (もっと読む)


【課題】収穫後のジャガイモや、栽培中の軟化栽培野菜の緑化抑制を、より簡便に行う。
【解決手段】野菜に遠赤色光と、遠赤色光以外の波長域の光を同時に照射する。 (もっと読む)


【課題】 この発明は、小さなスペースで種々の育成植物を育成できる植物栽培装置を提供することにある。
【解決手段】 外部から隔離された植物栽培室1aと、この植物栽培室1a内に配置された複数のプランタン2a、2bと、プランタン2a、2bの植物が植えられる育成面と対向する位置に配設された照明装置3と、プランタン2a、2bの土壌温度を個別に制御できる土壌温度制御装置と、を備え、土壌温度制御装置は、冷温水をプランタンの土壌に供給する水供給パイプライン11aと、水を所定の温度に制御する冷温水発生器10とからなる。 (もっと読む)


【課題】植物の栽培が可能な省スペース設計で、植物を昼夜を問わず育成管理できる栽培装置とする。
【解決手段】所定の直径を持った周壁12のある円筒形のリング11と、リング11の周壁12の両端二箇所にて外周を一周する外周型ラック13と、外周型ラック13の内側で且つ周壁12の両端並びに外周にリング11の回転を補助するための複数の補助ローラ14と、植物を栽培する略直方体の栽培床20が入るようにリング11の内周を円周に直交し区切り、リング11の中心に向う複数の仕切り板15と、リング11の複数の仕切り板15間に配置し固定される栽培床20と、リング11の中心軸状に配置される複数の照明部30と、を備え、リング11の中心軸上に、リング11の奥行きと略同等の長さの導管31を配置し、導管31にリング11の内周を照射できる複数の照明部30を放射状に備える。 (もっと読む)


【課題】植物栽培装置を簡素化及び小型化する。
【解決手段】栽培養液Lを熱源手段Nで冷却又は加熱して気体調温用の熱交換手段15で空間調整気体Gと熱交換させ、熱交換後の栽培養液Lを栽培槽4に供給し、熱交換後の空間調整気体Gを栽培槽4上の栽培空間(栽培領域6a)に供給する。 (もっと読む)


【課題】簡易な構成で屋内において植物を種子や苗から効率的に栽培することができる植物栽培装置を提供する。
【解決手段】植物栽培装置200は、植物Vの種子や苗を植え付けるための栽培トレー202を出し入れ自在に保持するトレー保持体201を備えている。トレー保持体201は、栽培トレー202を載置した状態で保持する載置台であり、水平方向に延びる台状に形成されている。トレー保持体201の上面は、加温部203が設けられている。また、トレー保持体201の側面には、支持支柱205を介して天板206が支持されている。天板206は、人工光源部207を備えている。人工光源部207は、栽培トレー202の植付面に向けて赤色光および青色光をそれぞれ発する多数の発光ダイオード(LED)によって構成されている。また、支持支柱205は、人工光源部207の高さおよび角度を調整可能に支持している。 (もっと読む)


【課題】周囲の温度に影響されず、花芽の分化の促進を含め、花芽分化の時期を確実にコントロールすることができ、しかも1つの管路によって花芽分化時期のコントロールと栽培適温の保持の両方を行うことができる植物の栽培方法、植物の栽培装置を提供する。
【解決手段】水タンク15内の10℃に冷却された養液を連結管11、分岐管13を介して一対の養液供給管9へ送る。一対の養液供給管9はイチゴSのクラウン部Cの近傍に配置されているので、花芽の分化を促進したい場合には、上記のように10℃に冷却された養液を一対の養液供給管9に供給する。これにより、クラウン部Cが冷却されて、花芽の分化が促進される。また、養液Yが土壌8に含浸されて土壌8が冷却される。 (もっと読む)


【課題】マンゴーの加温施設による従来の栽培方法は冬季に高温管理での栽培を行い、出荷時期が3月中旬より9月初旬までとなっており、周年における出荷及び生産性の向上、と省エネルギー化が望まれていた。
【解決手段】マンゴーの加温施設による栽培方法において、結果母枝育成期間の夜間最低温度を16℃〜25℃に加温し、また昼間最高温度を26℃〜35℃となるよう換気し、結果母枝育成期間が81〜170日間になるよう設定して、その間に結果母枝育成のための新梢育成を1回ないし2回に調整すること、その後の休眠期間中は、夜間最低温度を5℃〜15℃の範囲に、昼間最高温度を16℃〜25℃の範囲に、土壌湿度を潅水後36時間以降においてPF2.0〜2.9となるよう管理し、目標出荷時期に合わせるよう花芽分化促進及び花芽発芽成長を抑制する2ヶ月以上の休眠期間を設定するマンゴーの加温施設による栽培方法の提供。 (もっと読む)


【課題】セダン草の栽培等された葉茎植物を、有効成分を高めるために、葉の色彩、茎の大きさを適切な状態で収穫して、セダン草を栽培容器毎に栽培して収穫することにより、セダン草の複数状態で均等に育成する栽培方法を提供することを目的とするものである。
【解決手段】セダン草の栽培において、小石と腐葉土と畑土とからなる土壌を入れた容器に,葉を2枚〜10枚で、茎の長さ50mm〜150mmの苗の挿し木によって、5℃〜30℃の室温で、土壌の湿度を20%〜70%の条件で育成して、当該セダン草を複数の葉を一体で長さ100mm以上の形態の物、及び、親茎からの成熟した葉を収穫するセダン草の栽培方法である。 (もっと読む)


【課題】これから世界で起きる食糧問題や農業問題の解決と電力不足の解決と地球温暖化防止をする。
【解決手段】野菜・果物・穀類・豆類等の多種な植物の生産と栽培植物の地産地消と自給自足で循環利用の水・電気エネルギーを完全制御型太陽光・人口光併用した中規模な礫耕・水耕・植物移動・階層型栽培に利用し、自然空調と強制空調を併用し初期投資(建設費・設備費)とランニングコスト(電気費・水道費・人件費等)を最小限に抑え、単位面積当たりの収穫量を通年で露地栽培の数百倍にする。尚、太陽光発電のエネルギーを電気自動車バッテリー等に充電させ売電し電力不足を無くし、電気自動車の普及とCO2排出量の大幅削減や地球温暖化防止をする。更に、該植物工場の採算をとる為、エネルギーの自給自足をする為と栽培植物の種類毎に栽培効率に最適な工場101の規模を選択する。 (もっと読む)


【課題】、電力機器から発生する排熱を利用しながら炭酸ガスを固定化することが可能な変電システムを提供する。
【解決手段】変電システムは変電機器5と、排熱回収部2と、葉緑体保有生物培養部3と、炭酸ガス供給部4とを有する。排熱回収部2には、変電機器51に取付けられた熱交換器52と、この熱交換器52に循環ポンプ23を介して接続された熱供給装置24が設けられる。また、葉緑体保有生物培養部3には、生物培養槽31と生物回収装置32が設けられる。さらに、この葉緑体保有生物培養部3に、熱供給装置2から熱が、炭酸ガス供給部4から炭酸ガスが、それぞれ供給される。 (もっと読む)


【課題】暗期の二酸化炭素濃度の上昇を抑制できると共に、明期の二酸化炭素濃度の低下を抑制できて、植物の生育を良好なものにでき、しかも、それを、無駄のない合理的な構成によって実現できる植物栽培システムを提供する。
【解決手段】栽培用光源7が備えられた第1、第2の各室1,2と、ファン8,9と、制御部12とが備えられ、制御部12は、光源7が点灯した明期と、光源7が消灯した暗期とを、第1室1と第2室2のうちの一方の室が明期のとき、もう一方の室が暗期となるよう、各室1,2において交互に繰り返す制御を、各室の光源7に対して行うと共に、第1室1が明期、第2室2が暗期であるとき、第2室2の空気が第1室1に送り込まれ、逆のとき、第1室1の空気が第2室2に送り込まれるよう、ファン8,9の駆動を制御するようになされている。 (もっと読む)


【課題】制御機構部が配されている空間の有効利用を図る。さらに、制御機構部の駆動熱が各種センサに影響することを、より確実に低減する。
【解決手段】 栽培環境要素測定装置1は、複数の室11,12が設けられたケーシング10と、前記複数の室11,12のそれぞれに配置される環境要素測定手段と、前記複数の室11,12のいずれかに配置され、前記各環境要素測定手段の制御及びデータ収集を行う前記制御機構部30とを有する。さらに、前記制御機構部30が配置された室11に、結露を回避する必要のあるいずれかの前記環境要素測定手段を配置し、他の環境要素測定手段20が配置される室12を、前記制御機構部30が配置された室11から隔離して設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】植物に対し斑なく均一に光を当てることができて、しかも電源ユニット等からの熱による植物に対する悪影響を防止することができる植物栽培装置を提供する。
【解決手段】LED照明装置19のLED19bが発光して、矢印Lで示すように仕切り板13の上面に向かって照射される。仕切り板13の上面側から入った光Lは仕切り板13を透過して下面側から種々の方向へ拡散されて植物配置室15へ出る。植物配置室15の内面15a、扉9、11の内面9a、11aは光を反射しやすい材料によって構成されているので、多くの光が種々の方向へ反射される。従って、光Lは植物Pの葉全体に斑なく照射される。電源ユニット19a等において発生した熱は照明配置室17に放出される。照明配置室17は空調装置23の吹き出し口23bから吹き出される冷気によって冷却される。 (もっと読む)


【課題】新鮮なままの植物を長い間陳列しておくことが可能な植物のディスプレイ装置及び植物の陳列方法を提供する。
【解決手段】本発明の植物のディスプレイ装置は、植物を陳列するためのディスプレイ装置である。植物を水耕栽培するため液肥7を内部に収容する植物陳列用の槽部3と、前記槽部3に栽培された植物の成長を遅らせる成長抑制手段8とを備えている。 (もっと読む)


【課題】風力や太陽光などの自然エネルギーおよび雨水を利用することによって、ライフラインの整っていない場所においても、野菜などの農作物を効率良く栽培することが可能な自立型クリーン農場システムを提供する。
【解決手段】屋根2の表面に太陽光発電手段3が設けられているとともに、屋根2の屋根裏2bに屋根2の表面2bに降下する雨水を導入して貯留する雨水貯留プール4が設けられ、屋根2の下方に壁面の一部が開口されて風の流れが形成されているとともに、風の流れによって得られるエネルギーにより発電を行う風力発電手段5が1つ以上設けられた風力発電フロア6を有し、風力発電フロア6の下階に植物を栽培する栽培棚7と、植物育成用の人工光8と、植物に雨水を散水する雨水散水手段9とが備えられた農場フロア10を有してなり、農場フロア10の人工光8および雨水散水手段9には、太陽光発電手段3および風力発電手段5によって発電された電力が供給されている。 (もっと読む)


【課題】植物栽培用の空調システムに関し、設置作業の容易化を図る。
【解決手段】植物栽培用の空調システム(10)は、空気調和装置(11)と、ケース(12a,12b,12c,12d)を少なくとも1つ有するケースユニット(12)とを備えている。ケース(12a,12b,12c,12d)を、植物(30)の培地を収容するための内側ケース部(21)と、該内側ケース部(21)を覆うと共に上部に該内側ケース部(21)の培地に植えられた複数の植物(30)の生長点がそれぞれ挿通される複数の挿通穴(24a)が形成された外側ケース部(22)とを有する内外二重構造のケースに構成する。外側ケース部(22)と内側ケース部(21)との間の内部空間(S1)の少なくとも培地上方の上方空間(S11)に、空気調和装置(11)において加熱又は冷却された空気を流通させて挿通穴(24a)に導く空気通路(100)を形成する。 (もっと読む)


【課題】家庭内において容易に無農薬で安心、安全なおかつ新鮮な野菜の供給を容易にすることを課題とするものである。
【解決手段】 本発明はその課題を解決するために家庭用冷蔵庫の中に植物育成装置を設け、冷蔵庫の冷気と、廃熱として捨てられている温気を利用して植物の育成に最適な雰囲気温度を保つことにより、容易に植物育成装置を提供することによって解決する。 (もっと読む)


1 - 20 / 181