Fターム[2B030CA28]の内容

植物の育種及び培養による繁殖 (7,935) | 育種技術 (1,959) | その他の育種技術 (54)

Fターム[2B030CA28]に分類される特許

1 - 20 / 54



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

【課題】本発明は、そのプロトプラストが植物体に再生可能な、カッサバまたは近縁種のプロトプラストを生成する方法に関するものである。
【解決手段】本発明の方法は、カッサバまたは近縁種の外植体から脆性胚形成性カルスを生成し、この脆性胚形成性カルスからプロトプラストを単離することを含む。本発明はまた、当該方法により得られるプロトプラストに関するものである。さらに本発明は、カッサバまたは近縁種のこのようなプロトプラストを形質転換させる方法、およびそれにより得られる形質転換したプロトプラストに関するものである。加えて、本発明は、これらのプロトプラストから植物体を再生させる方法、およびそれにより得られるカッサバ植物体または近縁種に関するものである。 (もっと読む)


【課題】生育が促進され、且つ環境ストレスの高いアスパラガス苗を提供する。
【解決手段】アスパラガス苗の生育を促進させ得る根部エンドファイト、並びに、該エンドファイトを利用したアスパラガス苗の生産方法に関し、Phialocephala fortiniiに属する菌株FERM AP−22158を混合した培土上でアスパラガス苗を育苗することによって、生育が促進され且つ環境ストレス耐性が高いアスパラガス苗が提供される。 (もっと読む)


【課題】細胞分化促進剤の有効成分として有用な化合物を提供する。また、該化合物を含有する不定根発根促進剤を利用した、挿し木法、組織培養法などの方法によるクローン苗の生産性を向上させるための、発根方法および発根用培地を提供する。
【解決手段】一般式(2−1)で表される化合物もしくはその塩を含む植物細胞分化促進剤、前記植物細胞分化促進剤。



(一般式(2−1)中、R211は置換基を有することがある芳香族炭化水素基または置換基を有することがあるヘテロ複素環基であり、mは1または2であり、nは0または1であり、Aは−CH−である。) (もっと読む)


【課題】制御された栄養分の供給および水の供給を伴なう制御された気候条件の環境を提供すること。
【解決手段】均一の特徴の生育用培地で満たした容器のアレイ中で1つの種の植物を生育させる工程、およびその容器中の全ての植物のその環境中の条件に対する少なくとも実質的に均一の曝露を保証することが必要な場合、その環境内でその容器の位置を変化させる工程を包含する、植物を育種するためのプロセス。本発明に従うプロセスは、好ましくは、表現型特徴(例えば、生育、収穫高および植物の非生物的なストレスに対する抵抗性)を生育周期中に間隔をおいて同定する工程を、さらに包含する。 (もっと読む)


【課題】植物からの発根を促進して、その発根率を向上させる不定根発根促進剤の有効成分として有用な化合物を提供することを目的とする。さらに、該有効成分を含有する不定根発根促進剤を利用した、挿し木法や組織培養法などによるクローン苗、特に発根能が低い植物種に属するクローン苗の生産性を向上させるための、発根方法および発根用培地を提供することを目的する。
【解決手段】アバミンを含む植物の不定根形成促進剤、前記不定根形成促進剤を含有する、植物のシュートの発根用培地、および前記不定根形成促進剤又は前記発根用培地を用いるクローン苗の生産方法。 (もっと読む)


【課題】植物体内のアントシアニンを安全かつ簡単に増加させるアントシアニンの生産方法を提供する。
【解決手段】アントシアニン産生植物を緑葉揮発成分に曝露し、このアントシアニン産生植物をジャスモン酸メチルに曝露することを特徴とするアントシアニンの生産方法、及びアントシアニン高含有植物。上記緑葉揮発成分がn−ヘキサノール、Z−3−ヘキセノール、Z−3−ヘキセナール、E−2−ヘキセノール、n−酢酸ヘキシル、Z−3−酢酸ヘキセニル、n−ヘキサナール、E−2−ヘキセナール、n−ノナノール、n−ノナナールのいずれかであるアントシアニンの生産方法。 (もっと読む)


【課題】制御された栄養分の供給および水の供給を伴なう制御された気候条件の環境を提供すること。
【解決手段】均一の特徴の生育用培地で満たした容器のアレイ中で1つの種の植物を生育させる工程、およびその容器中の全ての植物のその環境中の条件に対する少なくとも実質的に均一の曝露を保証することが必要な場合、その環境内でその容器の位置を変化させる工程を包含する、植物を育種するためのプロセス。本発明に従うプロセスは、好ましくは、表現型特徴(例えば、生育、収穫高および植物の非生物的なストレスに対する抵抗性)を生育周期中に間隔をおいて同定する工程を、さらに包含する。 (もっと読む)


【課題】オゾンによるイネ収量への影響をより正確に評価する。
【解決手段】オゾン暴露処理した被検イネ品種におけるCPN−60(60kDaシャペロニン)、ATP合成酵素及びエノラーゼからなる群より選択される1又は2以上のタンパク質の発現量に基づき、被検イネ品種のオゾンによる収量への影響を評価するようにした。 (もっと読む)


【課題】臭化メチル(2012年末日で使用が禁止されるオゾン層破壊物質)を土壌燻蒸剤として用いることなく、トウガラシ属植物のおけるトウガラシマイルドモットルウイルス(PMMoV)のモザイク病を防除できる安全性の高い方法を提供する。
【解決手段】130KDaウイルス複製酵素に特定の変異を有するアミノ酸配列をコードするRNAを、ゲノムRNA中に有することを特徴とする、トウガラシマイルドモットルウイルス(PMMoV)の弱毒ウイルス、;前記弱毒ウイルスを接種して得られるPMMoVの感染に対して抵抗性を有するトウガラシ属植物、;前記弱毒ウイルスをトウガラシ属植物に接種することを特徴とする、PMMoVモザイク病の防除方法。 (もっと読む)


【課題】メロン黄化えそウイルス(MYSV)弱毒株およびその製造方法、ならびに当該弱毒ウイルスの接種によるウリ科植物における黄化えそ病の防除方法を提供する。
【解決手段】(a)MYSVを自然界での宿主植物以外の植物の葉に接種する工程、(b)MYSVを接種した植物を高温処理する工程、および(c)接種葉からMYSV弱毒株を選抜、回収する工程、からなるMYSV弱毒株の製造方法、および上記製造方法によって得られ、特定のアミノ酸配列をコードするRNAまたはその相補鎖を有するMYSV弱毒株。 (もっと読む)


酵素活性を誘導し、かつ安定化させるための方法が提供される。選択に応じて、前記酵素は、酵素を作り出すことができる微生物に存在する。いくつかの実施形態では、前記酵素はニトリルヒドラターゼ、アミダーゼ、あるいはアスパラギナーゼIであり得る。誘導および/または安定化された活性を有する酵素または微生物を含む組成物が供給される。植物または植物の部分を誘導および/または安定化された活性を有する酵素または微生物にさらすことによって、植物の発達プロセスを遅らせる方法も提供される。 (もっと読む)


【課題】窒素酸化物吸収能力に優れたヒメイタビを提供する。
【解決手段】本発明に係るヒメイタビ変異体は、下記(i)〜(iii)の工程を含む製造方法により得られる。(i)親株であるヒメイタビ(Ficus thunbergii)の外植片に、イ
オンビームを照射する工程。(ii)イオンビームを照射した上記外植片を培養して、植物体を得る工程。(iii)上記植物体の中から、上記親株より高い窒素酸化物吸収能力を有
する、ヒメイタビ変異体を選抜する工程。これにより、二酸化窒素等の窒素酸化物吸収能力に優れた、屋上や壁等の壁面緑化に好適なヒメイタビ変異体を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】土壌からカドミウムおよび亜鉛を除去するための方法を提供すること
【解決手段】 本発明は、カドミウムおよび亜鉛をハイパーアキュムレートするThlaspi caerulescens由来の亜種、ならびに植物抽出技術を使用して、土壌からカドミウムおよび亜鉛を除去するための方法、および必要であればカドミウムおよび亜鉛を回収するための方法に関する。この方法は、地上組織にカドミウムおよび亜鉛を蓄積する少なくとも一種類のThlaspi caerulescens由来の亜種を、カドミウムおよび亜鉛を含む土壌で栽培する工程を包含する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、需要者および商業的植物生産者に好ましい多様な特質を有する、植物、植物材料および種子を作製するための方法、並びにこれらの方法によって作製される改良された植物、植物材料および種子を提供する。
【解決手段】本発明の方法は、好ましくは結果的に一つ以上の他の変異対立遺伝子、 例えばsugary-1(su1)、sugary enhancer-1(se1)および/またはshrunken-2(sh2)対立遺伝子に続いてゲノムに変異shrunken-2i(sh2-i)対立遺伝子が組み込まれたハイブリット植物、植物材料および種子であって、および、延長された最も食用に適した段階後での糖保持能力、非常に強化された種子発芽、土壌からの苗発生および植物成長の間の植物、植物材料および/または種子の生長力および適合性を含む、多様な利点を有する、ハイブリット植物、植物材料および種子を提供する。 (もっと読む)


本発明は、倍加半数体植物を作出する方法であって、機能的精細胞を一つ有する花粉を中央細胞ではない胚嚢細胞と受精させる工程; 中央細胞を増殖させて胚乳とする工程; および該胚乳から倍加半数体植物を再生する工程を含む方法に関する。機能的精細胞を一つ有する花粉は、例えば、化学的突然変異、核酸を用いる形質転換または照射によって得ることができる突然変異体花粉である。
(もっと読む)


本開示は、メタ-トポリンを含む植物培養培地を用いて、植物外植片からシュートを再生する方法に関する。本発明はまた、植物、特に林木を再生するための培地および方法も提供する。特に、安定的に形質転換されたユーカリおよびマツ樹木を再生する方法が提供される。
(もっと読む)


配列特異的ヌクレアーゼを、細胞壁を含む植物細胞に導入するための方法が提供される。植物を遺伝子改変するか、又は、他の方法で改変するための方法、及び、細胞壁を含む植物細胞において病気を処置又は防止するための方法が提供される。 (もっと読む)


偽製麦を通してエンバク中のアベナンスラミド濃度を増加させる方法を開示する。最初に、エンバクを二次休眠の誘発又は増強に供し、次いで、高温で5日間まで製麦する。次いで、製麦したが発芽していないエンバクを乾燥させ、このままで使用する、或いは食品、飼料、栄養補助食品若しくはパーソナルケア製品及び成分を製造するためにさらに加工又は製粉する。非休眠エンバクを休眠状態及び偽製麦に適した状態にするための方法も提供する。
(もっと読む)


【課題】植物の不定胚塊からの単一不定胚の割合を高め、従来法に比してより効率的かつ高品質の不定胚集団を誘導する方法を提供する。
【解決手段】植物の不定胚塊を物理的に分割処理することを含む、単一不定胚の誘導方法、並びに、この方法で不定胚塊から単一不定胚を大量に誘導し、該不定胚を発芽させることを含む、植物の大量増殖方法。 (もっと読む)


1 - 20 / 54