説明

Fターム[2C001BB06]の内容

電子ゲーム機 (52,106) | 判定告知機能 (5,233) | ヒント (87)

Fターム[2C001BB06]に分類される特許

1 - 20 / 87


【課題】 第1のゲームネットワークに所属する第1の端末装置での第1のゲームにおけるアイテム変動イベントの発生に応じて変動するアイテムを、第2のゲームネットワークに所属する第2の端末装置に提供することが可能な情報提供装置等を提供すること。
【解決手段】 情報提供装置100が、アイテムデータ122を記憶する記憶部120と、第1の端末装置での第1のゲームにおけるアイテム変動イベントの発生に応じて、アイテムデータ122を更新する更新部130と、第2の端末装置による購入要求操作に応じて、アイテム情報を、第2の端末装置に送信させるように、通信部190を制御する制御部150を含んで構成される。 (もっと読む)


【課題】プレーヤの撮影画像の新たな利用形態を実現すること。
【解決手段】想定される客層別にその客層向けにゲームの訴求力を高めた演出内容の設定データ(例えば、音楽ゲームであれば自動プレイ用の楽曲を集めた客層別推薦曲リスト)を予め用意しておく。業務用ゲーム装置1300は、イメージセンサモジュール1326で装置前方画像を撮影し、装置前方画像に写っている人物の顔特徴値を求める。そして、顔特徴値に基づいて人物の客層を判定し、判定した客層に応じた演出内容の設定データに従ってアトラクションモードの制御を実行する。例えば、音楽ゲームであれば、日時条件毎に判定した客層を統計処理し、主要客層に適合する客層別推薦曲リストから選曲して自動プレイを実行する。 (もっと読む)


【課題】プレーヤの撮影画像の新たな利用形態を実現すること。
【解決手段】業務用ゲーム装置1300は、イメージセンサモジュール1326を備え、少なくともプレイポジションにいるプレーヤを撮影範囲に含む装置前方画像を撮影できる。また、装置前方画像に写っているプレーヤの客層を判定できるとともに顔表情を認識できる。プレーヤの客層が、予め設定しているマーケティング対象客層に該当する場合、プレーヤの客層と、顔表情認識結果(ゲーム開始前、ゲーム中、ゲーム終了時、景品受け取り時の少なくとも2つのタイミングの認識結果)と、日時とを対応づけてサンプリング調査データに加えることができる。 (もっと読む)


【課題】プレーヤの撮影画像の新たな利用形態を実現すること。
【解決手段】業務用ゲーム装置1300は、イメージセンサモジュール1326を備え、少なくともプレイポジションにいるプレーヤを撮影範囲に含む装置前方画像を撮影できる。また、装置前方画像に写っているプレーヤの顔表情を認識し、その認識結果を用いてゲーム進行及び/又はゲーム演出を制御する。例えば、音楽ゲームの場合、プレイ曲の「サビ」の部分で特定の顔表情をするように提示する「顔表情お題」を行い、「サビ」部分をプレイ中のプレーヤの顔表情が提示された顔表情に適合する場合に特典を付与したり、特別な演出表示を実行する。 (もっと読む)


【課題】ユーザのモバイル機器に設けられたアプリを用いてゲーム参加者の間でラブコネクションのマッチング度合いを確認できるモバイルアプリを用いたラブコネクションゲーム方法を提供すること。
【解決手段】モバイルアプリを用いたラブコネクションゲーム方法は、ゲーム参加承認如何に関する情報に基づいてゲームへの参加を承認したユーザとゲーム開始者を含むゲーム参加者に関するゲーム参加者情報をゲーム参加者のモバイル機器に管理サーバが伝送する段階と、ゲーム参加者のモバイル機器に設けられたアプリを実行して選択された相手選択情報を管理サーバが伝送を受ける段階と、相手選択情報を用いてゲーム参加者間の選択関係を決定するか、又は予め設定されたロジックに従って相手が選択されるようにするか、又は無作為に相手が選択されるようにした選択結果をゲーム参加者のモバイル機器に管理サーバが伝送する段階と、を含んでなる。 (もっと読む)


【課題】新規な情報処理装置、情報処理プログラム、情報処理方法および情報処理システムを提供すること。
【解決手段】アプリケーション処理手段は、所定のアプリケーションプログラムを実行する。通信処理手段は、他の通信対象との間で所定のデータ通信処理を行う。通信停止判定手段は、アプリケーション処理手段からの指示に基づいて通信処理手段で行われるデータ通信処理の実行を停止するか否かを判定する。そして、通信停止判定手段によってデータ通信処理の実行を停止することが判定されたとき、データ通信処理は停止される。 (もっと読む)


【課題】プレイヤによる選択内容に応じて進行するゲームにおいて、先の選択で選択されなかった選択肢の内容に関連する内容を選択肢とすることで、切り口を変えた内容を選択肢とするゲームプログラムを提供する。
【解決手段】コンピュータを複数の選択肢を設定する選択肢設定手段として機能させるゲームプログラムにおいて、選択肢設定手段が、プレイヤに選択された選択肢に応じてゲームが進行されて、さらに選択肢を設定する場合、前記選択された選択肢以外の選択肢の内容に関連する内容の選択肢を設定するようにした。例えば、手がかり選択画像で選択された選択肢に基づく詰問選択画像である選択図(b)では、手がかり選択画像で表示されて選択されなかった「捜査は誰か?」の選択肢に関連する内容の選択肢S8が設定される。これにより、切り口が異なり、相手を効果的に問い詰める選択肢を設定することができる。 (もっと読む)


【課題】娯楽性の高いゲーム制御技術を提供する。
【解決手段】ゲーム装置10は、プレイヤーからの操作指示に応じて、プレイヤーズキャラクタをゲームフィールド内で移動させるプレイヤーズキャラクタ制御部41と、プレイヤーズキャラクタを含むグループに属するキャラクタをプレイヤーズキャラクタとともに移動させるグループ制御部43と、ゲームフィールドに配置された敵キャラクタを、プレイヤーズキャラクタ又はグループに属するキャラクタを追うように移動させる敵キャラクタ制御部42を備える。グループ制御部43は、グループに属するキャラクタのうち少なくとも1つをグループから離脱させる機能を含む。敵キャラクタ制御部42は、敵キャラクタがプレイヤーズキャラクタ又はグループから離脱したキャラクタに追いついた場合、敵キャラクタにプレイヤーズキャラクタ又はグループから離脱したキャラクタを攻撃させる機能を含む。 (もっと読む)


【課題】囲碁等のボードゲームの盤面の状況を、ユーザに分かりやすく表示することが可能なボードゲーム情報処理装置を提供する。
【解決手段】碁石の配置を示す配置情報が格納される配置格納部101と、碁石を配置する配置指示を受け付ける配置指示受付部102と、配置指示に応じて碁石の配置情報を蓄積する蓄積部103と、配置情報を用いて、碁石の状況を判断する状況判断部104と、碁石の状況に応じた表情の顔を有する碁石の画像やコメント情報が格納されている状況対応情報格納部105と、状況判断部104による状況の判断結果に応じた表情の顔を有する碁石の画像やコメント情報を、状況対応情報格納部105から取得する碁石出力情報取得部106と、碁石出力情報取得部106が取得した碁石の画像またはコメントを配置情報が示す位置近傍に配置した盤面の画像を表示する表示部107とを備えた。 (もっと読む)


【課題】 ミッションの難易度に影響がないようにしつつ、新鮮味のあるプレイを実現することのできるゲームプログラム等を提供する。
【解決手段】 ゲーム装置1は、受注ミッションのクリア後、任意の確率で追加ミッションを発生させると共に、受注ミッションのクリア時点のステータスを、追加ミッションの開始時点のステータスとして引き継ぐにように設定されている。 (もっと読む)


【課題】プレイヤの思考を、キャラクタに対して容易に伝達することができるゲームを、提供することにある。
【解決手段】本プログラムでは、キャラクタの動作に関する複数の命令データCが、記憶部13に格納される。複数の命令データCは、キャラクタの動作の特徴を分類するための複数の動作カテゴリにまたがって構成可能になっている。次に、プレイヤが入力部4に入力したときの一の入力信号に基づいて同時に設定された、複数の動作カテゴリそれぞれの重みに対応する影響データE(i)に応じて、複数の命令データCの中のいずれか1つの命令データが、対象命令データCtとして、設定される。すると、この対象命令データCtに対応する最終指示命令を、キャラクタに指示することによって、最終指示命令の内容がゲームのイベントに反映される。 (もっと読む)


【課題】ゲーム内にユーザー関心情報を挿入する方法及びシステムを提供する。
【解決手段】ゲームクライアントと独立したユーザー関心情報モジュールによってゲーム内にユーザー関心情報を挿入する方法であって、ゲーム状態が変化した場合、情報進行制御部によって、前記ゲームクライアントから前記ゲーム状態の通知を受信し、前記情報進行制御部によって、情報スケジューリングに基づいて前記ゲーム状態に対応するユーザー関心情報を検索し、情報ダウンロード部によって、検索された前記ユーザー関心情報のソース及び/又はソースのリンク情報のうち少なくとも一つをユーザー関心情報サーバーから受信し、情報表示部によって、前記ユーザー関心情報を表示することを含むことを特徴とするゲームクライアントと独立したユーザー関心情報モジュールによってゲーム内にユーザー関心情報を挿入する方法。 (もっと読む)


【課題】一筆書きをモチーフとした新しいパズルゲームを実現すること。
【解決手段】意味のある単語や文章を構成する文字をそれぞれマスに対応づけ、一見しては正しい並びが分からないが、正しい配列順にすると元の読みが復元されるようにして連接配置し出題する。難易度を変えるファクタとして、「角部数」や「直線部最大長さ」「屈曲部数」「配列順の左向き直線部の数」「特殊文字周辺連通可能数」「異種仮名混入数」などを設定する。 (もっと読む)


【課題】プレーヤ同士のコミュニケーションを活性化させる。
【解決手段】コンピュータを、第2のゲーム装置1と通信可能に接続され、ゲーム空間上に登場するオトモキャラクタFを第2のゲーム装置1で登場可能にするため、オトモキャラクタFの属性情報を第2のゲーム装置1に与える機能を備えた第1のゲーム装置1として機能させるためのゲームプログラムであって、コンピュータを、オトモキャラクタFの属性情報を第2のゲーム装置1に付与した回数をカウントする付与回数計数手段と、カウントした付与回数が所定の回数に達すると、所定の特典(里親チケット)をプレーヤの操作により制御されるプレーヤキャラクタAが入手した状態とし、次にキャラクタの属性情報を第2のゲーム装置に付与するまでにプレーヤキャラクタAがゲーム空間上で使用できる状態に制御する特典制御手段と、して機能させる。 (もっと読む)


【課題】プレイヤが楽曲に合わせてゲーム操作を行うゲームにおいて、次に到来する基準タイミング(プレイヤがゲーム操作を行うべきタイミング)において行うべきゲーム操作をプレイヤが比較的容易に把握できるようにすることが可能なゲーム装置を提供すること。
【解決手段】第1の案内手段(51)は、複数種類のゲーム操作に対応する複数の第1の画像と、複数の第1の画像のうちのいずれかに向かって移動する第2の画像と、をゲーム画面に表示することによって、基準タイミングと、基準タイミングにおいて複数種類のゲーム操作のうちのいずれを行うべきかと、をプレイヤに案内する。第2の案内手段(52)は、次に到来する基準タイミングにおいて複数種類のゲーム操作のうちのいずれを行うべきかをプレイヤに案内する。 (もっと読む)


【課題】楽曲の再生にあわせて、プレイヤがとるべき動作を画面に表示するゲーム装置等を提供する。
【解決手段】ゲーム装置300において、再生部301は、記憶部303に記憶された楽曲を再生する。再生される楽曲は、同じ時間長の複数の区間に分割され、当該複数の区間のそれぞれには、当該区間が再生されている間にプレイヤがとるべき動作を表す動画が対応付けられ、画面内には、複数の領域が配置される。表示部302は、再生部301により、複数の区間のうちi番目の区間が再生されている間、画面内の複数の領域のうちj番目の領域に、複数の区間のうちi+j−1番目の区間に対応付けられる、記憶部303に記憶された動画を表示する。 (もっと読む)


【課題】
プレイヤが画面に表示されていないオブジェクトを発見しやすいビデオゲームを提供する。
【解決手段】
画面61に表示されるプレイヤキャラクタ200は矢印202の方向に移動しており、プレイヤキャラクタ200の画像は、この移動方向に応じた向きの体を有している。ビデオゲーム装置は、画面61に表示されるプレイヤキャラクタ200から所定の距離以内に検知可能なオブジェクトが存在するか否かを定期的に調べる。検知可能なオブジェクト210が存在すると判断されると、プレイヤキャラクタ200の画像は、オブジェクト210に顔を向けた画像に更新される。オブジェクト210を向くのはプレイヤキャラクタ200の顔だけであり、体は移動方向に応じた向きを有している。 (もっと読む)


【課題】ゲームの戦略性が高く、興趣性に富むパズルゲームを提供する。
【解決手段】ゲーム装置は、各々に属性が設定された複数のパズル要素を表示装置の画面内における所定領域内に配置する。所定領域内におけるパズル要素の配置パターンは、プレイヤの操作に従って変更される。配置パターンが変更されると、ゲーム装置は、所定領域内の各パズル要素のうちで、同一種類の属性が設定されており、かつ、閉じた環状に隣接配置されているパズル要素の群を環状パズル要素群として、当該環状パズル要素群を特定する。ゲーム装置は、特定されたパズル要素群を特定環状パズル要素群として、当該特定環状パズル要素群によって決まる位置に配置されるパズル要素を消去する。 (もっと読む)


【課題】仮想プレイヤの動作に人間らしさを持たせるのに好適なゲーム装置、ゲームシステム、動作方法、ならびに、プログラムを提供する。
【解決手段】ゲーム装置200は、記憶部201と進行部202とを備える。記憶部201は、所定の推奨人数のプレイヤによってプレイされた過去のゲームについて、プレイヤのそれぞれにより選択されたアクションの履歴を含むゲーム履歴を記憶する。進行部202は、推奨人数より少い数のプレイヤでゲームが開始された場合、足りない人数分の仮想プレイヤを提供する。進行部202は、仮想プレイヤの次にとるべきアクションを、できるだけ、記憶部201の記憶するゲーム履歴のうちの、いずれかのプレイヤ(参照プレイヤ)のアクションの履歴のうちから選択する。 (もっと読む)


【課題】メインキャラクタとサブキャラクタとが異なる位置に存在していても、各キャラクタに関する情報を報知することができるゲームを、提供する。
【解決手段】本プログラムでは、まず、メインキャラクタおよびサブキャラクタが設定される。そして、メインキャラクタ用の画面であるメイン画面71が、画像表示部に設定される。この状態において、メインキャラクタおよびサブキャラクタが、同一のゲーム空間GS内において制御される。このとき、メインキャラクタの視野角αの内部に含まれるゲーム空間GSの映像が、メイン画面71に表示される。そして、サブキャラクタ用の画面であるサブ画面72が、画像表示部に設定される。すると、サブキャラクタの視野角αの内部に含まれるゲーム空間GSの映像が、サブ画面に表示される。 (もっと読む)


1 - 20 / 87