説明

Fターム[2C001CB05]の内容

電子ゲーム機 (52,106) | データ処理手段 (12,474) | 記憶装置 (3,732) | ROM (1,290) | カートリッジ式 (419)

Fターム[2C001CB05]に分類される特許

21 - 40 / 419


【課題】 カメラで撮影した現実に存在するカードの画像上に、カードに対応したキャラクタが出現するように、アニメーション画像を表示しつつ、ゲームを進行することができるプログラムを提供する。
【解決手段】 カメラによって撮像されたカード識別情報から所定の種類のカードが存在するときに、カード識別情報に対応する立体画像を、カメラによって撮像されたカードのカード撮像画像と重なるように第2の表示画面に表示するとともに、所定の種類のカードのカード識別情報に対応する立体画像を第1の表示画面に表示し、所定の時間間隔で立体画像とカード撮像画像とを更新して第2の表示画面に表示する。 (もっと読む)


【課題】光源が視界内に入っていない場合であっても、光源からの光によって視界内の領域が照らされる様子を好適に表現する。
【解決手段】オブジェクトが配置された仮想3次元空間40を所与の視点から見た様子を表す画面を表示させるゲーム装置10であって、仮想3次元空間40を視点から見た様子を表す第1画像を作成する第1画像作成部52と、仮想3次元空間40に設定された光源48の3次元座標を取得する座標取得部54と、光源48の3次元座標に基づいて、光源48からの光の拡散を表す第2画像を作成する第2画像作成部56と、第1画像と第2画像が合成された画面を表示させる表示制御部58と、を含む。 (もっと読む)


【構成】 ゲーム装置12はCPU40を含み、CPU40は、荷重コントローラ36から入力される荷重値の周期に基づいて、プレイヤの動作を判別し、その動作に応じてプレイヤオブジェクト(202)のアニメーションを選択的に表示する。CPU40は、プレイヤの動作が大羽ばたき動作である場合には、そのうちの振り上げ動作および振り下ろし動作のそれぞれに応じて、アニメーションフレームの更新速度を変化させる。一方、CPU40は、プレイヤの動作が小羽ばたき動作である場合には、そのうちの振り下ろし動作のみに応じて、アニメーションフレームの更新速度を変化させる。したがって、プレイヤの動作とアニメーションとが同期する。
【効果】 仮想ゲームへの没入感を得ることができ、ゲームプレイを楽しむことができる。 (もっと読む)


【課題】同じ特徴を有するパズルピースを所定数揃えることを基本操作とする新しいパズルゲームを実現する。
【解決手段】複数の特徴をそれぞれ固有の組み合わせで備える複数のオブジェクト2(2a〜2k)を移動表示させる。タップ操作されたオブジェクト2を選択状態とする。選択状態のオブジェクト群に共通の特徴が有れば、これをグループ登録し結合表示体10を付与して結合させて表示し、結合得点をライフポイント加点する。新たに結合状態を形成するオブジェクト群が直前に結合状態を形成したオブジェクト群とオブジェクトを共有すると「連鎖」が発生し、連鎖ボーナス得点が与えられる。 (もっと読む)


【課題】プレイヤの操作部の持ち方のばらつきを軽減することが可能なゲーム装置を提供すること。
【解決手段】ゲーム装置(10)は、操作部自体の動き又は姿勢に応じたデータを出力する長手形状の操作部を含み、操作部から出力されるデータに基づいてゲームを実行する。操作部は、長手方向に沿った一の面の、中央と長手方向の一方の端との間に設けられた第1ボタンと、一の面の、中央と長手方向の他方の端との間に設けられた第2ボタンと、を含む。ゲーム処理実行手段(50)は、操作部から出力されるデータに基づいてゲーム処理を実行する。許可手段(52)は、第1ボタンと第2ボタンとの両方が押下されている場合、ゲーム処理の実行の開始を許可する。 (もっと読む)


【課題】ゲームの再開に際して、プレイヤが操作指示を円滑に入力することが可能なゲーム装置、動作方法、およびプログラムを提供する。
【解決手段】ゲーム装置200の記憶部202は、ゲームが中断されていない間に受付部201により受け付けられた最近の操作指示を記憶する。制御部203は、ゲームの中断指示が受け付けられると、進行させていたゲームを中断させる。そして、制御部203は、記憶部202に記憶された最近の操作指示と同じ操作指示をゲームが中断されている間に受け付けられたと判定すると、ゲームを再開する。提示部204は、プレイヤが再入力すべき最近の操作指示をプレイヤに提示する。 (もっと読む)


【課題】複数のオブジェクトを選択の許否に応じて2D表示と3D立体視表示とに分けて、選択の許否状態を視認容易とする。
【解決手段】ビデオゲーム装置1は、3D立体視が可能なモニタ11と、各オブジェクトを形成する左目用画像と右目用画像とを離間距離ゼロの第1態様と所定の離間距離を有する第2の態様とでそれぞれ記憶する左目用及び右目用のオブジェクト画像記憶部163aと、指定が可能な状態か否かを表示対象の各オブジェクトについて判断する指定可否判別手段161kと、指定可能状態にあるオブジェクトの左目用画像と右目用画像とを第2の態様で、それ以外を第1の態様で、それぞれ左目用及び右目用のオブジェクト画像記憶部から読み出して1つの表示用記憶部に導いて合成した後、モニタ11へ読み出す画像表示制御手段161cと、第2の態様で表示されるオブジェクトに対する指定を受け付ける選択処理手段161mとを備えた。 (もっと読む)


【課題】タッチパネル式の表示手段を備えるゲーム装置に適したゲームを実行する。
【解決手段】成功度算出部201は、キャラクタに対して予め定められた評価度が高いほどキャラクタが実行する各イベントの成功度が高くなるように、各イベントの成功度を算出する。表示制御部202は、プレーヤが複数のイベントを選択するための各イベントに対応する複数の選択ボタンを操作表示部100に表示させる。ここで、表示制御部202は、成功度算出部201により算出された各イベントの成功度の値が大きくなるにつれて、各選択ボタンSBの面積が大きくなるように各選択ボタンSBを表示する。 (もっと読む)


【課題】プレーヤキャラクタの行動意欲がその先のゲームの展開に反映されている感じを得やすいゲームを実現する。
【解決手段】ゲームプレイはゲーム世界の日毎や週毎といった期間単位のターンで構成される。1ターン内ではイベントプレイ可能であり、イベントの結果に応じてプレーヤキャラクタ2は仮想養分8を獲得する。そして、獲得した仮想養分8を使って仮想植物24を育成し、イベントシード28を獲得することができる。イベントシード28を主要キャラクタ4a〜4dにセットし関連づけすると、次のターンではイベントシード28のセットされた主要キャラクタが登場するイベントが実行可能になる。 (もっと読む)


【課題】オブジェクト移動経路を設定するユーザの負担を軽減する。
【解決手段】ゲーム装置はゲーム空間60を表示手段に表示し、ゲーム空間60は第1領域62とこの第1領域におけるオブジェクト66の移動の連続性を遮断する第2領域とを含む。ユーザがタッチペン26によって移動経路68をゲーム空間内に設定する。コリジョン68すなわちオブジェクト66はこの経路に沿って移動する。経路上において、オブジェクトが次の点位置に移動したとするとオブジェクトが第2領域内に入り込むことになる点位置が設定されているとき、コンピュータは、その次の点位置を第1領域内の目標位置に補正してオブジェクトを移動させる。 (もっと読む)


【課題】プレイヤキャラクタが攻撃を受けたときに、三次元の仮想ゲーム空間における攻撃方向をプレイヤが直感的に判断できるように表示するゲーム装置を提供する。
【解決手段】三次元の仮想ゲーム空間内において、プレイヤキャラクタPCと、このプレイヤキャラクタPCを攻撃する敵キャラクタとを活動させるゲーム装置において、ゲーム空間内におけるプレイヤキャラクタPCの位置を示すプレイヤ位置情報と敵キャラクタの位置を示す敵位置情報とに基づいて、プレイヤキャラクタPCが敵キャラクタから受けた攻撃の方向を取得し、プレイヤキャラクタPCの周囲に設定された所定の領域における攻撃の方向に対応した位置に、攻撃の方向を示すオブジェクトであるダメージマークDMT1,DMT2,DMCを生成し、プレイヤキャラクタPC及びダメージマークを含む、ゲーム空間の少なくとも一部を表示させるようにした。 (もっと読む)


【課題】同時発音数の制限を緩和しつつ、適切に合成した楽曲音を出力することのできるゲーム装置等を提供する。
【解決手段】音素材記憶部102は、音素材となる複数のトラックを記憶する。合成音素材記憶部103は、所定のトラック同士を合成した合成トラックを記憶する。再構成部105は、プレイヤの操作に応じて、記憶される各トラックの中から任意のトラックを選択し、原曲を構成するトラックと入れ替え、若しくは、加算して、新たなトラックからなる楽曲を再構成する。音素材置き換え部108は、再構成された各トラックのうち、対応する合成トラックが記憶されている場合に、この合成トラックに置き換える。補正部109は、置き換えた合成トラックを、置き換え前の各トラックの音量に基づいて補正する。そして、再生部110は、補正された合成トラックを含む各トラックに基づいた楽曲音を再生する。 (もっと読む)


【課題】ゲームのヒントを与える新たな手法の提案。
【解決手段】リプレイに先立ち表示されるヒント提示画面W10では、ヒントテキスト10中のキーとなる単語(ヒント文字列)が目隠しシール12で隠されており、この目隠しシール12を削り取るようなタッチ操作を行うことで、その後に隠されている文字が出現表示される。 (もっと読む)


【課題】
適切なタイミングで操作を行っているにもかかわらず、その操作がゲームの進行結果に反映されないという不満を解消することができる、趣向性の高いゲーム装置、ゲームの進行方法、ゲームプログラム、及び記録媒体を提供することを目的とする。
【解決手段】
プレイヤからプレイヤキャラクタへの操作指示を受け付けると(ステップS21)、現在のステートに変更されてからの経過時間が計測される(ステップS22)。経過時間が所定の時間内であった場合は、現在のステート、及び1つ前のステートにおいて許容可能なアクションが照会される(ステップS24)。照会した結果に基づいて、プレイヤが行なった操作指示が許容可能なアクションであるか否かが判定され(ステップS26)、許容可能なアクションである場合は、該アクションが実行される(ステップS27)。 (もっと読む)


【課題】装置に装着される情報保持媒体に基づいて、表示演出を実行する携帯型ゲーム装置を提供する。
【解決手段】本発明の携帯型ゲーム装置は、透過液晶ディスプレイの裏側に存在する装着部に対して情報保持媒体が装着された場合に、当該情報保持媒体から取得したゲームのキャラクタを識別する情報に基づいて、当該情報保持媒体の表面に表示された記号と、透過液晶ディスプレイ上に表示する同一の記号とが、当該ディスプレイを透して重ねて視認されるように、当該記号を当該ディスプレイに表示する。 (もっと読む)


【課題】従来に無かった新規な操作性で描画が可能な描画処理プログラム、および、情報処理装置を提供すること。
【解決手段】まず、ポインティングデバイスによる指示に基づいて、表示画面上の指示位置を連続的に取得する。次に、音声入力手段へ所定の条件を満たす音声が入力されたことを検出する。そして、当該所定の条件を満たす音声入力が有ることが検出されている間は、上記取得した指示位置に基づく位置に所定の描画関連処理を実行する。 (もっと読む)


【構成】 ゲーム装置10は、内側カメラ32を含み、内側カメラ32で撮影した撮影画像から肌色を抽出する。ゲーム中では、特定領域(110,110´)において、所定の割合を超える肌色領域が検出されるかどうかを判定する。所定の割合を超える場合には、ユーザの顔が正しく認識されていると判断し、撮影画像から特徴点を検出する。この特徴点に基づいて、ユーザの顔全体を認識しているかを検出したり、顔の一部またはその動きを検出したりして、所定の条件を満たすか否かによって、ゲームを進行させる。ただし、所定の割合以下である場合には、ユーザの顔を正しく認識していないと判断し、特徴点に基づく判定は行わない。
【効果】 撮像したユーザの画像による操作をユーザの意図した通りにゲーム処理に反映させることができる (もっと読む)


【課題】ゲーム上のレベル差がある場合であっても戦略によっては対等に対戦することが可能となるバトル制御を行う。
【解決手段】ビデオゲーム処理装置100が、互いのブレイブ攻撃により相手のキャラクタに設定されたブレイブ値であって、HP攻撃の攻撃力の算出に用いられるそのブレイブ値を奪い合うブレイブバトルを含むバトルを制御し、プレイヤPからのブレイブ攻撃の実行要求に応じて、プレイヤキャラクタPCによる敵キャラクタNPCに対するブレイブ攻撃を実行し、敵キャラクタNPCに設定されたブレイブ値の一部又は全部をプレイヤキャラクタPCに移し、プレイヤからのHP攻撃の実行要求に応じて、プレイヤキャラクタPCによる敵キャラクタNPCに対するHP攻撃を実行し、敵キャラクタNPCに設定されたHPの値を低下させる。 (もっと読む)


【課題】戦闘場面におけるプレイヤキャラクタの行動パターンを多様化させ、戦闘内容にバリエーションを持たせたバトル制御を行う。
【解決手段】ビデオゲーム処理装置100が、戦闘場面において召喚獣呼出指定を受け付けたことに応じて召喚獣Xを戦闘場面に登場させ、戦闘場面に登場された召喚獣Xを含む各キャラクタの戦闘場面であるノーマルモードでの戦闘を制御し、召喚獣Xが登場している戦闘場面において、プレイヤの操作によるドライブモード移行指定を受け付けたことに応じて、ゲーム画面に表示されている召喚獣Xを変形させてプレイヤキャラクタPCを乗せることが可能な移動体とし、移動体に変形された召喚獣Xを含む各キャラクタの戦闘場面であるドライブモードでの戦闘を制御し、この制御において、移動体に変形された召喚獣Xに乗ったプレイヤキャラクタPCと敵キャラクタとの戦闘を制御する。 (もっと読む)


【課題】ユーザが簡単かつ正確にキャリブレーションを実行することができるキャリブレーションプログラム及びそれを実行する装置を提供する。
【解決手段】本発明は、ユーザによる位置の指示を検出する指示検出手段を利用可能な情報処理装置のコンピュータにおいて実行されるキャリブレーションプログラムである。当該キャリブレーションプログラムは、上記コンピュータを、指示画像表示手段、及び、キャリブレーション手段、として機能させる。指示画像表示手段は、表示手段上の所定の位置である指示基準位置を示す所定の指示画像を表示する。キャリブレーション手段は、上記指示画像表示中に上記指示検出手段を用いたユーザによる指示を受け付けて、ユーザによる継続的な指示が終了した時点の指示位置を確定位置とし、該確定位置と上記指示基準位置とに基づいてキャリブレーション処理を実行する。 (もっと読む)


21 - 40 / 419