説明

Fターム[2C005JA12]の内容

クレジットカード等 (38,086) | 情報記録部の種類 (2,337) | 光記録部、光学読取部 (920) | パターン (320)

Fターム[2C005JA12]の下位に属するFターム

Fターム[2C005JA12]に分類される特許

21 - 40 / 82


【課題】観察方向に制限されることなく潜像を浮かび上がらせ、観察方向を基材に対して鋭角をなす所定方向に変化させていった場合に、潜像をさらに明確に浮かび上がらせる。
【解決手段】背景色領域11と、背景色領域11上にて背景色領域11とは異なる色を有してマトリックス状に設けられた複数のマーク部12と、背景色領域11の所定領域にて複数のマーク部12の配列方向と並行して行及び/または列を構成し、頂部がマーク部12を含むように形成された複数のエンボス13と、背景色領域11における所定領域以外の領域にて複数のエンボス13の配列方向と並行して行及び/または列を構成し、背景色領域11の色が頂部にて表出するように形成された複数のエンボス14とを有し、マーク部12及びエンボス13,14の底部が、複数のマーク部12の配列方向の行及び列の一方と並行する方向を長手方向とする扁平形状である。 (もっと読む)


【課題】優れた偽造防止効果を達成する。
【解決手段】本発明によると、一方の主面の少なくとも一部にレリーフ構造が設けられた樹脂層11を具備し、前記樹脂層11は、表面に前記レリーフ構造の少なくとも一部が設けられた第1領域A1と、前記第1領域A1と面内方向に隣り合い且つ前記第1領域A1と比較してガラス転移点がより高い第2領域A2とを含んだことを特徴とする表示体10が提供される。 (もっと読む)


【課題】不正行為防止用OMRカードを提供する。
【解決手段】本発明は、正面以外のほかの角度から見る場合、マーキング部のマーキング識別が容易でないように構成されて、不正行為を防止することができる構造の不正行為防止用OMRカードに関するもので、このために、答案表示部を含むマーキング部から構成されるOMRカードにおいて、前記マーキング部の答案表示部は、暗影形態のベースから構成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】
本発明が解決しようとする課題は、切手サイズをコンパクトにし、基体とする切手原紙の使用効率が高く、切手購入者が要望する書画像を切手の広い範囲で印刷することができる郵便切手を提供することを目的とする。
【解決手段】
本発明による郵便切手では、購入者が要望する書画像から、発行者名と料額とを含む領域の部分を切り抜き、前記発行者名と前記料額に重複して印刷することにより解決される。 (もっと読む)


【課題】折り曲げや高熱に強く破損せず、記録された識別情報の不正にコピーを防止し、個人情報の漏洩や識別情報が消去のない識別カードを提供し、識別情報の不正使用を防止した識別カード取引システムを提供する。
【解決手段】識別カード1は6−4チタン合金で一体に形成されたカード本体10に少なくとも1つの識別情報記録部20を備え、識別情報記録部は、カード長辺方向に細分された複数のセル30がカード短辺方向に複数段配列されてなり、複数のセルにはそれぞれセルに刻まれた直線模様の所定の角度による第一識別情報と、セルが刻設される所定の深さによる第二識別情報とからなり、前記第一識別情報と第二識別情報の組み合わせによって複数の固有の識別情報となる。また識別カードの表面が金属蒸着層によって着色されている。識別情報は、レーザー彫刻機によって刻設される。なお、識別カードを現金自動預け払い機による取引システムに使用可能である。 (もっと読む)


【課題】 印刷物製造時に、印刷や箔等を重ねる際のわずかな位置ずれを用いて簡易的な情報を付与することで、あらたな設備を増設することなく検査、品質管理及び真偽判別が確実にできる印刷物、該印刷物の品質管理方法及び真偽判別方法を提供する。
【解決手段】 基材上の一方の面に設けられた箔押し領域に所定の図柄が形成され、形成された所定の図柄上に重ねて又は基材の他方の面に、箔押し領域の位置と同じ位置になるように、金属蒸着部の一部が透明又は穴が空いた非蒸着部となっている箔が貼付され、所定の図柄と、箔の金属蒸着部の一部が透明又は穴が空いた非蒸着部となっている部分が同じ位置に配置されていることを特徴とする印刷物である。 (もっと読む)


【課題】紙指紋情報または印刷紙面固有情報の照合に、より適した領域を紙面上から検索することが可能となる画像処理に係る技術を提供する。
【解決手段】紙面上におけるランダムな繊維の凹凸や重なりによるパターン、いわゆる紙指紋を基に、紙の原本性を保証するシステムにおいて、読み取られた紙指紋を含む画像データを複数の領域に分割する領域分割手段と、該領域分割手段により分割された各領域の全画素の階調値の分散を求める手段と、該階調値の分散を求める手段により求められた分散値から、当該領域が紙指紋情報の照合に適しているかを判定する判定手段とを有し、前記判定手段により判定された、原本保証のために、より適した領域の紙指紋情報を、その登録及び照合に用いる。 (もっと読む)


【課題】非接触ICタグと光回折構造体を同一基材に形成し、複数の情報記録を可能とすることで高度な製品情報管理システムを構築する事が出来る光回折ICタグラベルを提供する。
【解決手段】本発明の光回折ICタグラベル1は、基材シートに、アンテナ32とICチップ31からなる非接触ICタグ3と、レーザー光による情報記録が可能な光回折構造体2が形成され、光回折構造体形成面の他方側面には粘着層が形成されていることを特徴とする。本発明の光回折ICタグラベルは製品情報管理システムとして利用可能であり、当該製品の流通過程において、同様に当該製品に添付する当該光回折ICタグラベル1の非接触ICタグ3と光回折構造体2に、取り扱い店に関する情報を記録することで構成される。 (もっと読む)


【課題】光回折構造による凹凸領域と光回折構造によらない凹凸領域が同一面に形成されたことにより、ホログラムのような色彩変化領域のなかに、色彩変化の少ない部分を同調させた積層構造を提供することを目的とする。
【解決手段】前記課題の目的を達成するために、支持基材の片側に、少なくとも、部分的に形成された色彩可変層,光回折構造による凹凸領域と光回折構造によらない凹凸領域を有する凹凸形成層,接着構造層,が順次形成された積層構造を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明の第一の課題は、より高度な視覚効果を備え、偽造困難な表示体を提供することである。本発明の第二の課題は、ヒトの視覚によっても、読取機械によっても特徴を把握し真贋判定が容易な表示体を提供することである。本発明の第三の課題は、従来の表示体では表現できなかった新規な視覚効果により、アイキャッチ効果の高い表示体を提供することである。
【解決手段】本願発明の第1の態様は、微細レリーフ構造を有する微細レリーフ領域を備えた表示体であって、微細レリーフ領域は、前記表示体の可視光反射率が低く、かつ、1次回折光を射出することを特徴とする表示体とする。 (もっと読む)


【課題】帯状のセキュリティ材料が基紙の一端に平行に抄き込まれ、セキュリティ材料の少なくとも一部が基紙と同一紙質の被覆層で被覆された偽造防止用紙を提供することを目的とする。
【解決手段】帯状のセキュリティ材料が基紙の一端に平行に抄き込まれ、セキュリティ材料の少なくとも一部が基紙と同一紙質の被覆層で被覆された偽造防止用紙であって、被覆層は、セキュリティ材料を透視可能な厚さで被覆された偽造防止用紙を提供する。 (もっと読む)


機械可読コードは、基材上に設けられる図形標識の一部分を含む。このコードは、一時的な境界によって画定されている。その一時的な境界は、コードが読み取られる時にのみ固定トリガー点を基準として読取装置により生成される。
(もっと読む)


【課題】 簡易な操作でカードのデータを変更することが可能であり、カードおよびゲームに対する興味を持続させることのできる、柔軟性に富んだカードを提供する。
【解決手段】 少なくとも一面に座標値またはコード値を所定のアルゴリズムでパターン化し所定の照射光により認識可能な第1のドットパターンが設けられ、前記第1のドットパターンが設けられた領域と重なる領域または異なる領域に所定のアルゴリズムでパターン化された第2のドットパターンが設けられたカードとした。 (もっと読む)


【課題】紙幣に利用されているホログラムパターンを容易かつ明確に認識できる方法を実現させ、偽造防止効果を高める。また、ホログラムパターンをより安全性の高いコードとして利用するために、解読アルゴリズムを改良する。
【解決手段】紙幣に対しては、水平面内で互いに120度ずつ異なる方向から3種類の発光ダイオードにより光照射を行うことにより、各パターンを明確に識別できるようにする。また、重ね合わされた複数のホログラムコードに対し、複数の方向から同時に光照射を行うこと、光照射を行う順序を使用者が入力したコードによって決定すること等の工夫により、第三者に情報を盗まれる可能性を低下させる。 (もっと読む)


【課題】下敷きシートを組み込むことによって、不透明度が低い薄紙が使用可能な電子ペン記載用紙冊子を提供する。
【解決手段】電子ペンにより読み取られて入力情報が生成されるためのドットパターンが印刷された電子ペン記載用紙が綴じあわされた冊子であって、電子ペンにより入力情報が記載される電子ペン記載用紙の真下に敷くための不透明材料による下敷きシートが、前記冊子に組み込まれて形成された電子ペン記載用紙冊子を提供する。 (もっと読む)


本発明は、印刷された書類または製品の認証、特に銀行券、有価書類、または本人確認書類に凹版印刷された識別印の認証のための、生体測定用指紋検出機器の使用方法および対応するデータ処理アルゴリズムを開示するものである。対応する認証装置も開示される。
(もっと読む)


【課題】目視による真偽判定を容易かつ確実に実行でき、さらに偽造品の製造をより困難にする。
【解決手段】光透過性を有する基材11と、基材表面の少なくとも一部の領域に形成され、ストライプ状に交互に配置された複数の凸部と複数の底部からなるレリーフ型の回折格子と、各凸部を構成する両側の傾斜面のうちの少なくとも片側の傾斜面上にそれぞれ形成され、所定の方向へ回折光L21を射出するための複数の光反射層14と、各光反射層14同士の間にそれぞれ形成され、基材11が露出されてなる複数の光透過面15とを備えたOVD媒体10及びOVD媒体が貼付された情報印刷物並びにOVD媒体の製造方法を用いる。 (もっと読む)


【課題】偽造、改ざんをより確実に防止し、容易に真偽判定を行なうことができる、個人認証媒体、個人認証媒体発行装置、個人認証媒体発行方法、個人認証媒体読取装置、個人認証媒体読取方法、及び個人認証システムを提供する。
【解決手段】個人認証媒体は、表示面17を有する本体8と、被認証者の識別情報を含み表示面に印刷された表示画像と、表示画像に混入された誤植14と、表示画像に電子透かし13として埋め込まれ誤植の情報を示す誤植情報15とを備えている。 (もっと読む)


【課題】偽造や改ざん等を容易に判定することができ、しかも容易に偽造できない真偽判定手段を提供すること。
【解決手段】入射光のうち左円偏光および右円偏光のいずれか一方を反射する光選択反射性を有する光選択反射層、入射光の回転方向が反転するパターン層、ホログラム形成層ならびに反射層をこの順に有する真偽判定用媒体。前記光選択反射層、パターン層、ホログラム形成層および反射層は、可視光に対して透過性を有し、かつ、前記反射層は、可視光に対して前記ホログラム形成層とは異なる屈折率を有する。 (もっと読む)


【課題】
耐熱性が高く、カード製造時の高温加工による、光学薄膜の白化が少ない偽造防止磁気テープ転写シートを提供する。
【解決手段】
シート状の支持体上に、転写の際に該支持体から剥離し被転写体に移行可能な転写層を備えており、該転写層は該支持体に近い側から、少なくとも、(イ)回折光を発生させるための微小な凹凸面を有する透明な回折構造形成層、(ロ)前記凹凸面の凹凸に密着して設けられた光学薄膜から成り、該回折構造形成層を透過してきた光を反射させる回折効果層、(ハ)該回折効果層を被覆して設けてある耐熱層、(ニ)該耐熱層を被覆して設けてある磁気記録層、及び、(ホ)該磁気記録層を被覆して設けてある接着層、を具備することを特徴とする、偽造防止磁気テープ転写シート、及び該偽造防止磁気テープ転写シートで転写したカードを提供する。 (もっと読む)


21 - 40 / 82