Array ( [0] => 教示用装置 [1] => 間接表示媒体の利用機器 [2] => 操作 [3] => 自動、周囲の雰囲気検知 ) 間接表示媒体の利用機器 | 操作 | 自動、周囲の雰囲気検知
説明

Fターム[2C032HC17]の内容

教示用装置 (70,585) | 間接表示媒体の利用機器 (31,099) | 操作 (7,754) | 自動、周囲の雰囲気検知 (39)

Fターム[2C032HC17]に分類される特許

1 - 20 / 39





【課題】
運転者が目的地と連係された道路を正確に認知できるようにする道案内情報のウィンドシールド表示装置及びその方法を提供する。
【解決手段】本発明に係る装置は、道案内情報のウィンドシールド表示装置において、運転者が設定した目的地までの道案内情報を獲得するナビゲーション連動手段、前方道路の映像を認識する前方映像認識手段、前記運転者の顔映像から目の位置を検出する目線位置検出手段、前記目線位置検出手段が検出した運転者の目線位置を基準に、ウィンドシールド上に実際道路と前記道案内情報をマッピングさせて表示するようにウィンドシールド表示手段を制御する制御手段、及び前記制御手段の制御に従い実際道路に道案内情報をマッピングさせて表示する前記ウィンドシールド表示手段を含むことを特徴とする。 (もっと読む)



システム及び方法が交通信号機の3Dロケーションを識別するマップを提供する。交通信号機の位置、ロケーション及び方位を2つ以上の画像から自動的に外挿することができる。そして、そのマップを用いて、ロボット車両又は運転者が交通信号540のロケーション及び状況を識別するのを支援することができる。 (もっと読む)














【課題】矢印の示す進行方向を運転者が容易に把握することを可能にする経路案内装置を提供
【解決手段】図は、図(a)→(b)→(c)→(d)→(e)の順で時間が経過している場合の矢印YJ1の表示を示す。図(a)に示す状態では、車両の現在地と直近の案内ポイントとの間の距離(以下、案内ポイント・車両間距離という)が所定距離(例えば、700m)以上であるので、矢印の表示を行っていない。その後に図(b)に示す状態になると、案内ポイント・車両間距離が所定距離未満となるため、矢印YJ1の表示を開始し、図3(b)〜(e)に示す矢印YJの表示を繰り返す。矢印YJ1は、車両の現在地を始点B1(図(b)を参照)とし、走行経路Rに沿って矢印終点距離(例えば、900m)先の終点E1(図(e)を参照)に向かって矢尻YEが移動するとともに矢尻YEから現在地まで続く線分を有する矢印である。 (もっと読む)


【課題】特定の位置において検出される自車両の挙動を高精度に学習することが可能な車両挙動学習装置及び車両挙動学習プログラムを提供する。
【解決手段】挙動検出手段により検出された自車両Cの挙動と、当該挙動の検出より前に画像認識手段により認識された対象地物f1との関係を表す関係情報Brを取得し、前記挙動検出手段により検出された自車両Cの挙動の属性を表す挙動属性情報Baと、当該挙動について取得された関係情報Brとを含む検出挙動情報Bを検出挙動記憶手段に記憶し、前記検出挙動記憶手段に記憶された記検出挙動情報Bに基づいて、対象地物と関係付けられた自車両の挙動の学習結果を表す学習挙動情報Sを生成する。 (もっと読む)


1 - 20 / 39