説明

Fターム[2C035FC08]の内容

Fターム[2C035FC08]に分類される特許

21 - 40 / 111


【課題】振り分け装置等の付帯設備を要することなくシングル搬送型の装置とデュアル搬送型(又は二系統)の装置との間に設置できるようにする。
【解決手段】スクリーン印刷装置は、印刷実行部20A、20Bと、第1、第2の基板搬入部En1、En2および基板搬出部Exと、印刷実行部20A、20Bで印刷が可能となるように基板Wを支持する第1、第2の基板支持テーブル10A、10Bとを備える。第1基板支持テーブル10Aは、第1基板搬入部En1から搬入される基板Wを受け取る第1受取位置と基板搬出部Exから基板Wを搬出する送出位置との間を移動し、第2基板支持テーブル10Bは、第2基板搬入部En2から搬入される基板Wを受け取る第2受取位置と前記送出位置との間を移動し、印刷実行部20A、20Bは、それぞれ基板支持テーブル10A、10B上の基板Wに印刷可能な位置に配置されている。 (もっと読む)


【課題】スクリーン印刷装置においてスループットを向上させること。
【解決手段】スクリーン印刷装置は、印刷実行部20と、基板搬入部Enと、基板搬出部Exと、基板搬入部Enから基板待機位置P1に搬入された基板Wを印刷実行位置P2に搬送して保持する搬送保持手段と、基板を撮像する基板認識カメラ50とを備える。搬送保持手段は、クランプユニット14とその駆動機構とを含み、クランプユニット14により基板待機位置P1において事前に印刷実行部20による印刷が可能となる状態に基板Wを保持した上で印刷実行位置P2に搬送するように構成されており、基板認識カメラ50は、クランプユニット14により保持されて基板待機位置P1から印刷実行位置P2へ搬送される基板Wをその搬送途中で撮像可能となるように設けられている。 (もっと読む)


【課題】トップクランプ部の有無に応じて、自動的に回路基板の上昇量を調整可能な、スクリーン印刷機および回路基板の上昇量の設定方法を提供することを課題とする。
【解決手段】スクリーン印刷機1は、搬送高さC8において回路基板90を搬送する搬送部2と、搬送高さC8よりも高い印刷高さC7において回路基板90を支持すると共に、搬送高さC8から印刷高さC7まで回路基板90を上昇させるバックアップ部4と、を備える。スクリーン印刷機1は、さらに、トップクランプ部3と、トップクランプ部3の有無に関連付けられる撮像データA1を取得可能な撮像部5と、撮像データA1を基にトップクランプ部3の有無を判別し、トップクランプ部3の有無に応じて回路基板90の上昇量を調整する制御部6と、を備える。 (もっと読む)


【課題】高度な位置決め精度が必要とされるタイプのワークを対象とする場合において、必要な印刷位置精度を確保することができるスクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法を提供することを目的とする。
【解決手段】キャリア10に保持された複数の個片基板11を対象とするスクリーン印刷において、マスクプレート14に単一の個片基板11に対応する印刷パターンが形成されたキャビティ部15を設け、マスクプレート14およびそれぞれの個片基板11をカメラユニット23によって撮像して位置を認識し、この認識結果に基づいてキャリア10に保持された状態の個片基板11をキャビティ部15に個別に位置合わせして順次印刷を行う。これにより、複数の個片基板11をマスクプレート14に一括して位置決めする際に各個片基板11の位置のばらつきに起因して発生する位置誤差を排除することができる。 (もっと読む)


【課題】基板の上面および上面に開口する凹部の底面を対象とするスクリーン印刷において、良好な印刷品質を確保しつつ効率よく印刷作業を実行することができるスクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法を提供する。
【解決手段】上面印刷エリアおよび凹部の底面の底面印刷エリアを有するキャビティ基板を対象として、それぞれ第1の摺接板54A、第2の摺接板54Bを備えた密閉型スキージ機構36(1)(2)を有する上流側印刷部および下流側印刷部によってペーストを2段階で順次印刷するスクリーン印刷において、底面印刷エリアを印刷対象とする場合には、スキージング方向の後方側の摺接板によって嵌合部の上面側の凹入部に残留するペーストをすくい取って凹入部から除去し、上面印刷用領域を印刷対象とする場合には、スキージング方向の後方側の摺接板によって上面印刷用マスクの上面に付着するペーストを掻き取る。 (もっと読む)


【課題】基板保持装置,スクリーン保持装置,スキージ装置およびそれらを支持するフレームを含むスクリーン印刷機に対する作業者による作業の容易化を図る。
【解決手段】スクリーン印刷機のフレーム10の平面形状を、前面側の左右方向の中央部に、後方側に向かってくぼみ、かつ、作業者が入り得る幅を有する凹部32を備えた形状とする。基板保持装置とスクリーン保持装置とが離間させられることにより形成される空間内を移動して、スクリーンの清掃を行う清掃装置、あるいはスクリーンおよび回路基板を撮像する撮像装置を案内する1対の固定ガイド254を、上記凹部32の両側において前方に突出した2つの突部34まで延びた状態とすれば、清掃装置あるいは撮像装置を、それらの一部がフレーム10の凹部32に対応する位置まで移動させることができ、それらに対するメンテナンス作業等が特に容易となる。 (もっと読む)


【課題】スクリーンからスキージが上昇する際、あるいはスクリーンからワークが離れる版離れの際に発生するスクリーンの変形や振動をなくすことによって印刷精度を向上させる。
【解決手段】印刷終了時におけるスキージおよび基板のスクリーンに対する離間動作の順序に関連する構成において、スクリーン上を摺動したスキージがスクリーンの下に位置している基板から離れた位置で停止し、このときにスキージの印圧を基板の幅方向の両端をそれぞれガイドする2本の基板のガイドで受けるようにし、次いで基板がスクリーンに対して下降して版離れを起す際に、基板が下降動作を開始した直後にスクリーンの下方への変形を基板の両側のガイドで受けるようにし、これによって基板のランドに印刷されたクリーム半田がスクリーンを離れてから、すなわちスクリーンの孔から成るパターンからクリーム半田が完全に抜けてからスキージが上昇するようにした。 (もっと読む)


【課題】基板の上下方向の厚さの変更と、基板の搬送方向に対して略直交する方向の長さの変更と、に簡単に対応可能なスクリーン印刷機を提供することを課題とする。
【解決手段】スクリーン印刷機1は、印刷時にマスク50の下面を支持するマスクバックアップ装置2を備える。基板Bの搬送方向をX軸方向、X軸方向に略直交する方向をY軸方向とする。マスクバックアップ装置2は、複数のマスクバックアップ片20L、20Rを有する。複数のマスクバックアップ片20L、20Rのうち、印刷時にマスク50の下面を支持するマスクバックアップ片20L、20Rの数は、基板BのY軸方向の長さに応じて、加除可能である。基板Bの上下方向の厚さによらず、印刷時に、マスク50の下面を支持するマスクバックアップ片20L、20Rの上面と、基板Bの上面と、を略同じ高さにする。 (もっと読む)


【課題】基板の上面および上面に開口する凹部の底面を対象とするスクリーン印刷において、良好な印刷品質を確保しつつ効率よく印刷作業を実行することができるスクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法を提供する。
【解決手段】基板の上面および凹部の底面を対象として電子部品接合用のペーストを印刷するスクリーン印刷装置において、基板を対象としてペーストを2段階で順次印刷する印刷装置2(1)および印刷装置2(2)を直列に配置し、上流側の印刷装置2(1)に、凹部の底面に対応して設けられた底面印刷用マスクと底面印刷用マスクの上面に当接して摺動しペーストを加圧して供給する密閉型スキージ機構36Aとを備え、下流側の印刷装置2(2)に、上面に対応して設けられた上面印刷用マスクと上面印刷用マスクの上面に当接して摺動してパターン孔内にペーストを充填する開放型スキージ機構36Bとを備えた構成とする。 (もっと読む)


【課題】スキージの印刷版に対する加圧の精度と応答性を高め、更に被印刷体固定テーブルの水平度を簡易に調整できるようにしたスクリーン印刷機の提供を課題とする。
【解決手段】
印刷版・被印刷体セット機構とスキージ圧調整機構等を具備してなり、印刷版・被印刷体セット機構は被印刷体固定テーブルを有し、版固定部に一時的に水平にセットさせた水平度調整用定盤にその被印刷体載置面の全てが密接するように上昇させて水平度が調整されるようになっており、スキージ圧調整機構は、荷重変換器を有し、その荷重測定面にインキ供給機構のスキージを押し付けて適正荷重を計測しながらスキージの適正な押し付け度合が予め求められているようになっており、その結果を空気圧シリンダのレギュレータにフィードバックし、スキージを印刷版に対して適正な押し付け度合で押し付けられるようにしてからインキの供給が行えるようになっていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】適切な摺動開始位置から印刷を開始することを可能とすることで、タクトタイムの延長および印刷品質の低下を抑制できる技術を提供する。
【解決手段】マスクM表面にある半田Sdの状態を検出する検出工程(S909)と、摺動開始位置にスキージ51を当接させるのに続いて、摺動開始位置からスキージ51を摺動させる往路印刷工程と、検出工程での検出結果に基づいて摺動開始位置を算出する算出工程(S909)とを備える。したがって、オペレータの手入力により摺動開始位置を設定していた従来の印刷技術と比べて、適切な摺動開始位置から印刷を開始することが可能となっており、タクトタイムの延長および印刷品質の低下の抑制が図られている。 (もっと読む)


【課題】電子部品の大きさによらず、はんだの回路基板に対する転写性が高いスクリーン印刷機を提供することを課題とする。
【解決手段】スクリーン印刷機1は、はんだ印刷後の回路基板Bと回路基板Bに略当接する版離れ前のスクリーンマスク301とに、回路基板Bとスクリーンマスク301との積層方向に、一体的に慣性力を加え、回路基板Bに対するはんだの転写性を向上させる慣性力発生装置4を備えてなることを特徴とする。慣性力発生装置4が加える慣性力により、はんだは、回路基板Bに押しつけられる。このため、はんだが回路基板Bに定着する。したがって、電子部品の大きさによらず、はんだの回路基板Bに対する転写性を向上させることができる。 (もっと読む)


【課題】水平状態で保持されたマスクに対して基板を基板搬送手段により位置決めするとともに当該マスクの下面に重ね合わせて当該マスクに形成された貫通孔を介してペーストを基板の上面に印刷する、印刷装置の小型化を図る。
【解決手段】5本の軸部材231a〜231eが水平面(XY平面)内で移動自在に設けられ、これらの軸部材231a〜231eにより可動板21が軸支されている。このため、可動板21は水平面内を移動自在で且つ鉛直軸に対して回転自在となっている。そして、軸部材231aをX1軸方向に駆動し、また軸部材231dをX2軸方向(ガイドレール234dの延設方向)に駆動して可動板21を水平面(XY平面)内で移動したり、鉛直軸に対して回転してマスク51に対して基板1を位置決めしている。このようにX・R軸駆動ユニット23によりマスク51に対する基板1の相対位置調整を行っている。 (もっと読む)


【課題】一方の印刷装置のメンテナンス作業を行っている間、他方の印刷装置はスクリーン印刷作業を続行できるようにしたスクリーン印刷機及びスクリーン印刷機の室内温度調節方法を提供することを目的とする。
【解決手段】基台12とカバー部材11によって囲まれて形成される空間を仕切り部材14によって2つに仕切り、これにより形成される2つの作業室15のそれぞれに2つの印刷装置13を収容したうえで、各作業室15に開口する2つの送風口72に分岐した送風管71を介して各作業室15内に温度調節された空気を送風する。 (もっと読む)


【課題】同一の基板に対して複数回の印刷作業を反復して実行する印刷プロセスを含む多様な印刷作業を効率よく実行することができるスクリーン印刷方法を提供することを目的とする。
【解決手段】ライン方向に基板搬送方向を合わせて並列して配置された複数のスクリーン印刷部とこれらのスクリーン印刷部の間で基板を搬送する印刷部間基板搬送手段とを備えた構成のスクリーン印刷装置において、それぞれのスクリーン印刷部に個別に搬送された基板を対象として個別に印刷作業を行わせる第1の作業モード52aと、同一の基板をそれぞれのスクリーン印刷部に順次搬送し作業内容の異なる印刷作業を同一の基板に対して順次実行する第2の作業モード52bとを作業モード記憶部52に記憶させておき、モード指令部53の指令によってこれら2つの作業モードを選択的に実行する。 (もっと読む)


【課題】パターン孔内へのペーストの充填不足に起因して生じる印刷不良を改善することができるスクリーン印刷方法を提供することを目的とする。
【解決手段】パターン孔4bが形成されたマスクプレート4を基板PBに接触させてペースト50を供給し、マスクプレート4に接触させたスキージ5aをマスクプレート4に対して相対移動させてパターン孔4b内にペースト50を充填させた後、基板PBとマスクプレート4を分離させることによりパターン孔4b内のペースト50を基板PBに転写させるスクリーン印刷方法において、基板PBに転写されたペースト50の基板PBからの高さ方向の形状を検出し、その検出したペースト50の形状に応じて、スキージ5aのマスクプレート4に対する相対移動速度を変更する。 (もっと読む)


【課題】基板に局部的な変形を発生させることなく基板の反りを矯正し、そのうえでスクリーン印刷を実行することができるスクリーン印刷機及びスクリーン印刷方法を提供することを目的とする。
【解決手段】搬送コンベア11によって搬送される基板PBを作業位置に位置決めした後、その位置決めした基板PBの上方位置に押圧プレート47を進出させる。そして、押圧プレート47を押圧手段17によって下方に押圧し、押圧プレート47を介して基板PB全体を押圧する。 (もっと読む)


【課題】両方向に印刷可能なダブルスキージを搭載したスクリーン印刷機において、複数の回路基板にスクリーン印刷する際に、スキージの移動方向がいずれの方向であっても、スキージの押し付け圧力による各回路基板の位置ずれを防止できるようにする。
【解決手段】各回路基板11の位置決め動作時に、各回路基板11を基板位置決めプレート41の各位置決め穴42内に遊挿して、各位置決め穴42内の各回路基板11をほぼ対角線方向に移動させて各位置決め穴42の2辺部に各回路基板11の2辺部を当接させて位置決めする。そして、スキージ56の移動方向が反転する毎に各回路基板11の移動方向を反転させることで、スキージ56の移動方向がいずれの方向であっても、各回路基板11のうちのスキージ56の移動方向側に位置する辺部を各位置決め穴42のうちのスキージ56の移動方向側に位置する辺部に当接させて位置決めする。 (もっと読む)


【課題】印刷条件をより簡単に、かつ速やかに設定できるようして基板の生産性を高める。
【解決手段】スクリーン印刷装置は、基板Wの品種毎にその印刷条件を記憶するデータ記憶手段53と、記憶された印刷条件に従ってヘッド6を駆動制御することにより、基板Wの本生産、およびこの本生産に先立つ試し刷りを実施する主制御手段51と、印刷条件の変更、決定等の入力を行うための入力ユニット58等を備える。主制御手段51は、データ記憶手段53に記憶されている基板Wの印刷条件を仮条件として試し刷りを実行し、この試し刷りの結果に対して印刷条件の変更入力があると、この入力に基づき仮条件を変更すると共に、変更後の仮条件に従って再度試し刷りを実行し、印刷条件の決定入力がると、そのときの仮条件を印刷条件としてデータ記憶手段53に更新的に記憶する。 (もっと読む)


【課題】設備コストや管理負荷を増大させることなく、簡略な作業で複数種類の印刷条件に対応することができるスクリーン印刷装置およびスクリーン印刷用のスキージホルダを提供することを目的とする。
【解決手段】スクリーン印刷装置に用いられるスキージホルダにおいて、ボルト29によって締結される第1部材27と第2部材28とが対向した装着隙間にスキージ部材17とともに介装されるバックアップ部材30の垂直断面の形状を、介装状態においてスキージ部材17の背面と接触しない非接触部をコーナカットにより各コーナ部ごとに異なる非接触寸法で設けた形状とする。スキージ部材17の延出代を変更する際には、バックアップ部材30の装着方向を変えて非接触寸法を変更することにより、スキージ部材17がバックアップ部材30から片持ち状態で下方に延出する延出代La、Lb、Lcを選択する。 (もっと読む)


21 - 40 / 111