説明

Fターム[2C035FD17]の内容

Fターム[2C035FD17]に分類される特許

81 - 89 / 89


【課題】スキージの移動に伴って塗布剤をローリングさせ、プリント基板上に塗布される塗布剤の品質を一定なものとする。
【解決手段】上流側装置から搬送されてきたプリント基板2が載置台3上方に位置されると、載置台3はシリンダ5により搬送レベルより上昇され、該載置台3上にプリント基板2が吸着保持され、左側のスキージ15はスキージ上下シリンダ17が駆動されてスクリーン板7上に下降し、印刷動作が行われる。即ち、CPU23はRAM24に格納されたNCデータ及びオフセットデータを読み込み、印刷ストロークの計算をする。次いで、CPU23は印刷マージン+スキージ間距離から加速距離Lを計算し、RAM24に格納されたスキージの移動速度Vと加速距離Lから加速度を計算する。CPU23はこの加速度データと、スキージの移動速度や印圧データに基づき、印刷モータ11を制御する。 (もっと読む)


【課題】ペーストのスクリーン内への充填不足を解消し、印刷ペーストの厚膜化が容易であり、高精度の印刷配線を得ることができるスクリーン印刷方法を提供する。
【解決手段】所定のパターン孔3aを有するスクリーン3を用いてペースト4を被印刷物5に印刷するスクリーン印刷方法であって、
スクレッパー1を用いてペースト4をパターン孔3aが覆われるようにスクリーン3上に塗り広げる第1工程と、塗り広げられたペースト4を充填スキージ6を用いてパターン孔内に充填する第2工程と、充填されたペースト4を印刷スキージ2を用いて被印刷物5に印刷する第3工程とを有して成るものとする。 (もっと読む)


【課題】スキージ側方へ漏れた被印刷剤をスクリーン上に残すことなく、また、不要な汚れを生ずることなく、スクリーン上の被印刷剤を掻き取ることができるスキージヘッド,掻取部材を提供する。
【解決手段】スキージ80の幅方向の両端に掻取部材84,86を、スキージ80の前方に延び出し、前方に向かうに従って互いの間隔が広くなる向きに傾斜し、スクリーンに対して直角な姿勢で密着させ、掻取部材取付装置88により、スキージ80を保持する第一主保持部材に取り付ける。掻取部材84,86はシリコンゴム製であり、下端部に、下端に向かって厚さが漸減するリップ部112を有する。印刷時にはスキージ80,掻取部材84,86をスクリーンに密着させて移動させ、スキージ80はクリーム状はんだを貫通孔に押し込んでプリント基板に印刷し、掻取部材84,86はスキージ80の横方向にはみ出したクリーム状はんだを掻き取りつつスキージ80側へ戻す。 (もっと読む)


【課題】 ステンシル51の種類に対応しながら容易にステンシル51の取付作業を行うことができる印刷装置を提供する。
【解決手段】スキージ61を印刷装置の奥行き方向について移動可能なスキージユニット65に、ステンシル51の後端に当接して位置決めを行うストッパ57を設けた。このストッパ57はストッパ昇降手段58によりステンシル51の取付高さから退避可能とした。 (もっと読む)


【課題】 装置内部における基板の印刷状態を目視検査できる印刷装置を提供する。
【解決手段】 本発明の印刷装置は、基板WにペーストSを印刷する装置本体1と、ペーストSが印刷された基板Wを装置本体1の外部に搬出する搬出手段12と、を備える。搬出手段12の基板搬送路上に検査スペース121が設けられるとともに、検査スペース上の基板121を装置外部から目視するための基板目視部が設けられる。 (もっと読む)


【課題】基板の横寸法の大小にかかわらず、印刷空間の密閉性を確保し、スキージヘッドの側方へのペースト漏れを解消できるペーストのスクリーン印刷装置を提供することを目的とする。
【解決手段】スキージヘッド13の本体上部30Aにカートリッジ31を収納し、多孔板32,33を挟んで本体下部30Bを設ける。多孔板33とマスクプレート12の間の印刷空間35に水平なシャフト40を設け、シャフト40に左右2個の仕切り部材41をスライド自在に装着する。スクリーン印刷を行う基板6の横寸法の大きさに応じて仕切り部材41の間隔を調整して仕切り部材41の下面をマスクプレート12の上面に密接させ、印刷空間35の密閉性を確保して印刷空間35内のクリーム半田Pがスキージヘッド13の側方へ漏れないようにする。 (もっと読む)


【課題】基板の横寸法の大小にかかわらず、印刷空間の密閉性を確保し、スキージヘッドの側方へのペースト漏れを解消できるペーストのスクリーン印刷装置を提供することを目的とする。
【解決手段】スキージヘッド13の本体上部30Aにペースト貯溜部としてのカートリッジ31を収納し、多孔板32,33を挟んで本体下部30Bを設ける。カートリッジ31は、板体31bに下方が開口された容器部31aを横方向にピッチをおいて複数個形成し、容器部31aと容器部31aの間の連結部を切断することにより、印刷対象物である基板の横寸法に応じて容器部の個数を変更できるようにした。 (もっと読む)


【課題】
スクリーン印刷機において、印刷対象の印刷領域の微細化に伴って、従来のスキージで対応することは難しく、装置も大形になるという問題がある。
【解決手段】
本発明では、X軸、Y軸及びθ軸の移動機構と昇降機構を備えた印刷テーブルと、版枠に貼られ転写パターンを開口部として有するマスクと、基板とマスクに設けられた位置決めマークを撮像するカメラと、マスクの上方側に配置され、マスク上に当接してペーストを基板面に供給するためのスキージと、スキージを上下方向に移動するスキージ昇降機構及び水平方向移動機構とを備えたスキージヘッドとを備え、スキージが2枚の鋼製のブレードを樹脂製スペーサを挟んで配置し、印刷時のスキージの移動方向前側のブレードの厚さに対して後方側のブレードの厚さを厚くし、前側のブレードの長さより、後方側のブレードの長さを長く設定したものである。 (もっと読む)


【課題】 印刷作業途中で発生した印刷スジをスキージ交換を実施することなく解消することができ、これにより、印刷作業を迅速に再開することができるスクリーン印刷装置及びスクリーン印刷方法を提供する。
【解決手段】 スキージを研磨することができる研磨部1をスクリーン印刷マスク20におけるスキージ移動域内の印刷使用領域2以外の領域に設ける。そして、スキージの角度を所定の設定より起こした角度で研磨部1に押圧してスキージエッジを研磨し、次にスキージの角度を所定の設定より寝かせた角度でスキージのエッジを研磨することにより、スキージを取り外すことなく、スキージの欠陥を除去する。 (もっと読む)


81 - 89 / 89