説明

Fターム[2C035FD31]の内容

Fターム[2C035FD31]の下位に属するFターム

Fターム[2C035FD31]に分類される特許

21 - 31 / 31


【課題】スクリーンマスクを用いた印刷装置において、被印刷対象の微細化に伴い精度の良い印刷ができなくなる傾向にある。
【解決手段】ペーストをスクリーンの開口部に供給するスキージヘッドを密閉型スキージヘッド構造にして、印刷時にスキージヘッド内部を負圧状態にして、負圧力でスキージヘッドに係る印圧力を適正値にする制御機構を設けて印刷することで装置の大型化を防ぎ、且つ高精度の印刷が行えるようにした。 (もっと読む)


【課題】従来の半田ペースト廃棄作業をせずに、印刷バンプの微細化に対しメンテナンスフリーで対応でき、半田コストの低減及び生産性の向上を可能にしたスクリーン印刷装置及び方法を提供する。
【解決手段】印刷ヘッド4が、内部に半田ペーストPを収容する本体ケース43と、該本体ケースに隣接して配置され、半田ペーストをスクリーンS面から掻き取る掻き取りスキージ44と、本体ケース内の半田ペーストを加圧して押し出す印刷ピストン45と、掻き取りスキージを動作させるスキージ加圧ピストン46とを有していて、掻き取りスキージで掻き取った、フラックスが減少した半田ペーストを本体ケース内に回収し、回収半田ペーストと本体ケース内の半田ペーストとを撹拌・混合させている。 (もっと読む)


【課題】機内の温度調節を低コストで行うことができるスクリーン印刷装置を提供することを目的とする。
【解決手段】マスクプレート22に基板を当接させスキージ26を摺動させることにより、基板にペーストを印刷するスクリーン印刷装置において、装置本体部と独立して設けられた低価格の汎用型のクーラユニットによって供給される冷気を送風ダクト5を介して冷気取込部6に導き、機内空間3aを冷却する。温度制御は、温度センサ27の温度検出結果に基づいて冷気供給制御部9によって冷気取込部6に設けられた冷気開閉用のダンパ8をオンオフ制御して行う。 (もっと読む)


【課題】スクリーン印刷装置においてクリームはんだの印刷状態を迅速に検査する。
【解決手段】 その厚み方向に開口が貫通するスクリーン印刷用マスク表面に沿って移動することにより前記開口にクリームはんだを充填するスキージと、前記スキージと一体的に設けられ前記スクリーン印刷用マスク表面を光学的に読み取るラインセンサと、を備えることを特徴とするスクリーン印刷装置。前記ラインセンサは、前記スキージにその移動方向上流側又は下流側のいずれか一方、又は、両側に設けられていることを特徴とする請求項1に記載のスクリーン印刷装置。 (もっと読む)


【課題】スクリーン印刷において、インクを溶融する熱容量を大きく取り、インクの場所による温度のバラツキや粘度のバラツキを押さえ、印刷状態のバラツキを無くすことを目的とする。
【解決手段】本発明のスクリーン印刷用具100は、スクリーン版により被印刷物240にスクリーン印刷するスクリーン印刷用具であって、熱を供給するヒータ150と、インク170を貯蔵し、ヒータ150から供給された熱によりインク170を加熱するインク貯蔵部130と、インク貯蔵部130で加熱したインク170をスリット160から吐出しながら印刷する先端部140とを備えた。 (もっと読む)


【課題】 メタルマスクの表面に対するスキージの接触のさせ方を示したパラメータを、適切に設定可能とする。
【解決手段】 メタルマスクの表面を含んだ平面におけるメタルマスクの開口部の領域を開口部領域とし、メタルマスクの表面に供給された、回路用の基板を構成する半田が、スキージ13をメタルマスクの表面に接触させながら移動させることによって、開口部に埋め込まれた状態での、平面における半田の領域を半田領域とすると、開口部領域を示した開口部データと、半田領域を示した半田領域データとを取得するデータ取得部61bと、この取得した開口部データと半田領域データとから、半田領域のうち、開口部領域と重複していない非重複領域を特定する特定部61cとを備える。 (もっと読む)


【課題】電子部品を実装した状態のフレキシブルプリント基板に対して、その全面にわたって印刷を行うことができるようにする。
【解決手段】弾性体スキージ7、スクレーパ8等の夫々におけるスクリーン版11の隆起部に対応する箇所を、これとの接触を避けるべく窪ませ、印刷位置において印刷ペースト2をスクリーン版上に供給し、印刷終了後スクレーパ8がスクリーン版11上の印刷ペーストを掬い取り、この状態において全体が一体的に上昇し、元の位置方向に戻るようになしたペースト塗布装置1、12を2台一組として用いる。スクリーン版11には、フレキシブルプリント基板に実装した電子部品に対応する箇所に該電子部品を覆う隆起部11Aを形成すると共に、該隆起部11Aの相互の間及び該隆起部11Aの外側におけるスクリーン版の幅方向の両端部にパターン孔11B、11Cを形成する。 (もっと読む)


【解決手段】 本発明のクリーニングシートは、樹脂を含有してなる単層シートの少なくとも片面に1〜50Mradの電子線を照射して得られるクリーニングシートであって、(i)溶剤吸収量、(ii)貯蔵弾性率について特定の値を有していることを特徴としている。
【効果】 本発明のクリーニングシートによれば、クリーニングの対象物に損傷を与えたり、汚染したりすることなく確実に対象物のクリーニングを行うことができる。さらに、本発明のクリーニングシートによれば、単独でロール状に巻回した際のシート同士のブロッキングを有効に防止して、ロールからのシートの繰り出しを改善し、ロール形状での取り扱いの容易さや操作性をより一層向上させることができる。
(もっと読む)


【解決手段】 本発明に係るクリーニングシートは、ワックスを特定量で含む樹脂組成物から得られる単層シートの少なくとも片面が粗面化されてなるクリーニングシートであって、(i)溶剤吸収量、(ii)貯蔵弾性率、(iii)粗面化された面の中心線平均粗
さRaについて特定の値を有していることを特徴としている。
【効果】 本発明のクリーニングシートによれば、クリーニングの対象物に損傷を与えたり、汚染したりすることなく確実に対象物のクリーニングを行うことができる。さらに、本発明のクリーニングシートによれば、単独でロール状に巻回した際のシート同士のブロッキングを有効に防止して、ロールからのシートの繰り出しを改善し、ロール形状での取り扱いの容易さや操作性をより一層向上させることができる。
(もっと読む)


【課題】ペーストのスクリーン版の通過特性を正確に測定し、ペーストの製造ロット間ばらつき等による印刷状態のばらつきを抑制し、精度のよいスクリーン印刷方法を提供する。
【解決手段】一方側開口部がスクリーン版2と同じメッシュ26を用いて塞がれた容器23内に被測定ペーストPを任意の量供給するステップと、上記容器内の被測定ペーストに対し、一定圧力で被測定ペーストを押圧するステップと、上記一方側開口部から上記メッシュを通過して排出される被測定ペーストの排出流量またはこれに相関する値を計測するステップと、上記計測した流量またはこれに相関する値から被測定ペーストのスクリーン版通過特性を推定するステップと、を備える。推定されたスクリーン版通過特性から、所望の印刷状態となるように印刷条件を設定し、スクリーン印刷装置に供給された上記ペーストを、設定された印刷条件に基づきスクリーン印刷する (もっと読む)


【課題】 従来のはんだ印刷機をそのまま用いて、はんだペーストの残量が少なくなっても高品質な印刷を可能とする。
【解決手段】 所望のパターンの開口部(20a,20b,20c,20d,20e)が形成されたマスク2を介してスキージ5の移動によりはんだペースト3をプリント配線基板1上に塗布するはんだ印刷方法において、はんだペースト3を塗布後、開口部(20a,20b,20c,20d,20e)より大きな径を有する、例えば球状の印刷補助部材4をプリント配線基板1上に散布してスキージ5を移動させる。スキージ5が左方向(矢印A方向)に移動すると、印刷補助部材4がはんだペースト3に混入し、更に印刷補助部材4は反時計方向に(B方向)に回転し、この回転により、スキージ5とマスク2との間の先端部分は時計方向(C方向)の回転が生じ、はんだペースト3は確実に開口部に挿入される。 (もっと読む)


21 - 31 / 31