Fターム[2C056EC06]の内容

インクジェット(インク供給、その他) (179,423) | 制御 (36,120) | 制御部位 (14,240)

Fターム[2C056EC06]の下位に属するFターム

Fターム[2C056EC06]に分類される特許

1 - 20 / 104


【課題】インク吐出ヘッドによりインクを付与される中間転写体を有し、中間転写体と被記録材との接触領域及びこの接触領域での加圧力を確保しながら中間転写体上のインクを被記録材に転写する転写装置及びこれを備えた画像形成装置の提供。
【解決手段】ヘッド61Y、61M、61C、61BKにより吐出されたインクを付与される中間転写体37と、被記録材SをA1方向に沿って搬送しながら中間転写体37上のインクを転写する搬送経路31を形成する転写部材38との少なくとも一方はベルト状のベルト部材である。搬送経路31が非直線状となるようにベルト部材を巻き掛けた複数の支持部材71、72と、搬送経路31を搬送されている被記録材Sが搬送経路31内において中間転写体37と転写部材38との間で加圧されるように、ベルト部材を内側から加圧した状態とするための加圧部材74とを用いる。 (もっと読む)


【課題】複数のモータを動作させる際の駆動電流の急峻な変化を抑えるインクジェット記録装置を提供する。
【解決手段】記録ヘッドを搭載したキャリッジを往復移動させるキャリッジモータと、記録ヘッドからのインク吐出に伴って生じるミストを排気するファンを駆動するファンモータとを備えるインクジェット記録装置において、キャリッジを停止状態からインク吐出による記録時の目標速度まで加速する加速期間に、ファンの回転数を低下させるようにファンモータを制御する。 (もっと読む)


【課題】カバーが搬送経路に詰まった記録媒体を挟み込むという問題、及び、ヘッドの吐出面にユーザの手が触れるという問題を共に抑制する。
【解決手段】支持体1a1は第1筐体に固定されており、第1筐体と共に移動する。第1筐体が近接位置から離隔位置に向けて回動する際、カバー11a,11bはそれぞれ移動機構(中間部材13a,13b、ねじりコイルばね13a4,13b4、ガイド部14a,14b)により、対応するヘッド10a,10bの吐出面10xを覆わない退避位置から吐出面10xを覆う保護位置に移動する。このとき、第1筐体の回動軸から遠い側のヘッド10aに対応するカバー11aが保護位置に到達するときの角度θ(10°)は、回動軸に近い側のヘッド10bに対応するカバー11bが保護位置に到達するときの角度θ(15°)よりも小さい。 (もっと読む)


【課題】熱によるリニアレギュレータの劣化を防止する。
【解決手段】液体吐出ヘッドの電源装置11は、複数のインク吐出ヘッド15と、電源部70と、複数のリニアレギュレータ72と、温度センサ60と、電圧算出部90と、制御装置24とを備え、制御装置24は、電圧算出部90により算出された元電圧V1と複数の駆動部46のそれぞれの駆動電圧V2との電圧差(V1−V2)に所定の許容値以上のものが含まれている場合、複数の駆動部46全てについての電圧差(V1−V2)が所定の許容値未満となるように、電源部70および複数のリニアレギュレータ72のうち少なくともいずれか1つを制御する。 (もっと読む)


【課題】液体の増粘を防止して、安定した吐出特性の液滴を吐出することができる液体噴射装置を提供する。
【解決手段】ノズル13、ノズル13に連通する圧力発生室12及び圧電素子を有する記録ヘッドと、インクのメニスカス30を加熱により固化させてノズル13に薄膜31を形成するプラテンヒーターと、印刷データに基づいて駆動信号を圧電素子に供給する制御手段とを備え、制御手段は、プラテンヒーターに、全てのノズル13に薄膜31を形成させ、印刷データに基づいて、インクを吐出する吐出ノズルと液体を吐出しない非吐出ノズルとを特定し、吐出ノズルに形成された薄膜31を除去する振動を吐出ノズル13に連通した圧力発生室12内に与える復帰用駆動信号を圧電素子に供給し、印刷データに基づいて、復帰用駆動信号による振動で薄膜31が除去された吐出ノズル13からインクを吐出させる。 (もっと読む)


【課題】光照射部による媒体への悪影響を抑えること。
【解決手段】光硬化型インクを吐出するヘッドと、ヘッドよりも所定方向の一方側に位置する光照射部と、ヘッド及び光照射部を所定方向の他方側に移動させながらヘッドから光硬化型インクを吐出させる吐出動作と、ヘッド及び光照射部と媒体とを所定方向と交差する方向に相対移動させる搬送動作とを、繰り返し、吐出動作時に、媒体上の光硬化型インクによる画像における所定方向の他方側の端部と光照射部における光の照射面とが対向している状態で、移動機構によるヘッド及び光照射部の所定方向の前記他方側への移動を停止させる制御部と、を備える画像記録装置。 (もっと読む)


【課題】フラッシング動作において、ノズルから噴射される液体を所定の部材に着弾させ、装置内の他の部材に液体が付着することを防止できる液体噴射装置、および、その制御方法を提供する。
【解決手段】ノズル30から着弾対象6に向けて液体を噴射させる液体噴射ヘッド2と、噴射動作を行う際の液体噴射ヘッド2のノズル形成面に対して間隔を空けて配置され、着弾対象6を支持する支持手段5と、液体噴射ヘッド2から着弾対象6に対して液体が噴射される支持手段5における噴射領域から外れた位置に配設された液滴捕集手段13と、該液滴捕集手段13に設けられた電圧被印加部15と、該電圧被印加部15に電圧を印加する電圧印加手段58と、を備え、液体噴射ヘッド2から液滴捕集手段13に向けて液体を噴射するフラッシング動作後に、電圧印加手段58が電圧被印加部15に電圧を印加する。 (もっと読む)


【課題】インクジェット記録装置において、記録媒体におけるインクの滲みを抑制するとともに、画像担持体から記録媒体への画像の転写効率を高める。
【解決手段】感温性高分子層12が表面に形成された画像担持体1と、水性媒体に顔料を分散させたインクを画像担持体1に吐出して画像を形成するインク吐出ヘッド2と、画像担持体1に接触する転写ローラ3と、画像担持体1に接触し感温性高分子層12を加熱する第2加熱ローラ4と、感温性高分子層12表面の水分を吸収除去する水分吸収ローラ5とを設ける。そしてさらに、インク吐出ヘッド2よりも、画像担持体1の回転方向上流側に水分吐出ヘッド9を設けると共に、転写ローラ3と画像担持体1を挟んで対向する位置に、画像担持体1の内周面と接触するように第1加熱ローラ8aを設ける。 (もっと読む)


【課題】液滴を着弾させるプレートを有する液体回収装置において、プレートに形成される微細孔の目詰まりを軽減することが可能な液体回収装置の提供を目的とする。
【解決手段】複数の微細孔が形成されたプレート704と、微細孔701と連通する液体回収流路605と、を備え、プレート704に対する液体の液面の状態を液面変動手段によって変動させることにより、微細孔701の通液性を維持・回復させるようにする。 (もっと読む)


【課題】廃液タンクの吸収体に均一に液体を吸収させる。
【解決手段】カートリッジ装着部12にインクカートリッジ5を装着すると、スライダ45が、押圧部45bにおいてインクカートリッジ5に押されることで移動し、スライダ45の移動により、ウォームギア44が一方向に回転する。ウォームギア44は、ラチェット機構が内蔵されたプーリ42の歯車に接続されており、プーリ42は、ウォームギア44が一方向に回転したときには、その全体が一方向に回転する。プーリ42が回転すると、プーリ42との間にベルト43が巻き掛けられたプーリ41及びプーリ41が取り付けられた回転軸33が回転する。回転軸33は、廃液タンク9内に配置されたインク吸収体32に挿通されており、回転軸33が回転すると、インク吸収体32が回転軸33と一体的に回転する。 (もっと読む)


【課題】機能拡張のためのオプション基板が取付可能な記録装置において、オプション基板が装着された場合の消費電力を最低限に抑えると共に記録装置の電源容量を低減することで装置の小型化とコストダウンを達成することである。
【解決手段】メイン基板とオプション基板のそれぞれに冷却ユニットがあることを前提とする。オプション基板が取付可能な記録装置において、オプション基板が装着されたかどうかを調べる。ここで、オプション基板が装着されている場合には、各冷却ユニットの駆動をプリンタコントローラに記憶されている各冷却ユニットの冷却性能や消費電力などの情報に基いて、これら冷却ユニットの内の少なくともをいずれかを駆動するように最適な制御を行う。 (もっと読む)


【課題】廃液タンクの吸収体に均一に液体を吸収させる。
【解決手段】吸引パージ及びフラッシングにより排出されたインクは、チューブ16の排出口16aから廃液タンク9に排出される。廃液タンク9のタンク本体31内部には、回転軸33が挿通されたインク吸収体32が配置されており、吸引パージ及びフラッシングの直後に、回転軸33を回転させることによって、インク吸収体32を回転させる。このとき、インク吸収体32は、3色のカラーインクを排出させるカラーインクパージの直後に最も大きく回転させ、以下、ブラックのインクのみを排出させるブラックインクパージの直後、及び、フラッシングの直後の順に、インク吸収体32を大きく回転させる。 (もっと読む)


【課題】振動しやすい検査対象基板を生産性良く検査する基板検査方法及び基板検査装置を提供すること。
【解決手段】ステージの移動後にワークの振動が減衰するまでの時間である振動継続時間を各ワークにて測定し、振動継続時間を記録する準備工程と(ステップS1〜ステップS6)、ワークを移動し、振動継続時間を読み出してワークの移動後に振動継続時間の間待機し、画像の撮影と検査を行う検査工程(ステップS7〜ステップS13)と、を有する。準備工程で記録した振動継続時間を検査工程で行う複数の基板の検査において用いる。 (もっと読む)


【課題】自在な描画表現を可能とすべく、画像の構成に応じて部分的に濡れ性の調整を可能とする描画装置および描画装置の制御方法を提供する。
【解決手段】ワークWに対し、描画用インク材を吐出する複数の吐出ノズル21を有するインクジェットヘッド18を相対的に走査しながら、複数の吐出ノズル21から描画用インク材を選択的に吐出させて、ワークWに画像を描画処理すると共に、複数の吐出ノズル21から下地材を選択的に吐出させて、ワークWに濡れ性に関する下地塗布処理を行うキャリッジユニット9と、下地塗布処理された下地材を硬化させて定着処理する紫外線照射装置19と、キャリッジユニット9および紫外線照射装置19を制御する制御装置10と、を備え、制御装置10は、描画処理に先行し、描画処理される画像の構成に応じて下地塗布処理を行うと共に定着処理を行う。 (もっと読む)


【課題】第1筐体が離隔位置にあるときに支持面に異物が付着するのを防止する。
【解決手段】第1筐体は、インクジェットヘッドを収容すると共に、第2筐体に近接した近接位置と第2筐体から離隔した離隔位置とを取り得る。第2筐体は、支持面を有するプラテン、メンテナンスに係る対向面を有する対向部材等を含む。プラテン及び対向部材は、支持面がヘッドの吐出面に対向し且つ対向面が吐出面に対向しない第1状態と、支持面が吐出面に対向せず且つ対向面が吐出面に対向する第2状態とが切り換わるように、移動可能である。コントローラは、ロック機構による第1筐体の移動規制が解除されることを示す規制解除信号を受信した場合(S1:YES)、第2状態する(S4)。 (もっと読む)


【課題】液吐出不良検出装置の出力調整を低コストな構成でかつ容易に行うことが可能な液吐出不良検出装置、その調整方法、およびインクジェット記録装置を提供することを目的とする。
【解決手段】発光素子が照射する光ビームに、ヘッドに設けられる各ノズルから吐出される液滴が衝突し、衝突後の光を受光素子で受光して、その受光結果に基づいて液滴の吐出不良を検出する液吐出不良検出装置であって、前記光ビームの光軸から前記受光素子までの高さを調整する第1の調整手段と、前記発光素子から照射される光ビームの光量を調整する第2の調整手段と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】記録装置内に載置できない対象にも、記録装置による画像を設けることができるようにする。
【解決手段】CPU301は、UV照射装置121が発生した紫外線の照射によって、最終インクに対する照射量が、それ以前に重ねられた非最終インクに対する照射量よりも少なくなるように、吐出されたインクに対する紫外線の照射量を調整する。その結果、吐出されたインクのうち、最終に重ねられた最終インクの硬化段階は、それ以前に吐出された非最終インクの硬化段階よりも低い。当該最終インクは非最終インクに比べて粘着性が高く、他の物体に粘着しやすい。 (もっと読む)


【課題】インクカートリッジを交換する際の作業性を向上するとともに、用紙を取り出す際の作業性を向上する。
【解決手段】インクジェット記録装置10は、筐体20と、インクカートリッジ44a〜44dおよび記録ヘッド46を搭載するキャリッジ48と、排紙トレイ28と、「蓋体」としてのスキャナ部14と、インクカートリッジの交換時にキャリッジ48が位置するキャリッジ領域S2および排紙トレイ28に排出された用紙16が位置する排紙領域S1の両方を照射可能に設けられた光源32a〜32dとを備え、排紙領域S1の筐体20内に位置する部分は、筐体20の外部から見えるように構成されており、光源32a〜32dの少なくとも1つは、スキャナ部14を閉じた状態において、少なくとも排紙領域S1の筐体20内に位置する部分に光を照射し、かつ、スキャナ部14を開いた状態において、少なくともキャリッジ領域S2に光を照射する。 (もっと読む)


【課題】保湿面が傾斜している場合であっても、保湿面の広範囲を湿潤させることができる液体噴射装置の保湿キャップ等のキャッピング手段に用いるメンテナンス装置を提供する。
【解決手段】メンテナンス装置は、水平面に対して傾斜するとともに液体を噴射する噴射口が形成された液体噴射ヘッドの該噴射口を封止するキャッピング手段として機能する保湿キャップ50をメンテナンスするためのメンテナンス装置において、前記保湿キャップ50は、前記噴射口と対向する対向面と機能する保湿面52を有し、前記保湿キャップ50内を保湿状態に保守するために前記対向面に供給される保守液を前記保湿面52上において拡散させる保守液拡散構造を備える。 (もっと読む)


【課題】液体受容部材に保守液が供給されたときに、液体受容部材から保守液が流れ出すことを抑制することができるメンテナンス装置、液体噴射装置、及びメンテナンス方法を提供することにある。
【解決手段】記録ヘッド12から廃液として排出されるインク(液体)を受容可能に配設されるキャップ3(液体受容部材)をメンテナンスするメンテナンス装置2は、キャップ3に対して接離可能であって、かつ、キャップ3に当接することによりキャップ3を覆う閉塞部材7と、閉塞部材7がキャップ3を覆うことにより形成される密閉空間(閉空間)に対して保守液を供給する保守液供給部6とを備える。 (もっと読む)


1 - 20 / 104