説明

Fターム[2C056EC28]の内容

インクジェット(インク供給、その他) (179,423) | 制御 (36,120) | 制御対象、制御手段 (15,058)

Fターム[2C056EC28]の下位に属するFターム

Fターム[2C056EC28]に分類される特許

1 - 20 / 1,148


【課題】吸収体やメンテナンスカートリッジのより正確な交換時期を得る。
【解決手段】インクを吐出して記録を行う記録ヘッドと、記録ヘッドに予備吐出を行わせる予備吐出手段と、記録ヘッドに予備吐出させたインクの吐出数をカウントするカウント手段と、記録ヘッドの前回のインク吐出からの経過時間に応じて、カウント手段によりカウントされたカウント値を補正する補正手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】印刷装置に関する履歴情報をカートリッジに設けた記憶素子を用いて好適に管理することができる印刷装置を提供することを目的とする。
【解決手段】複数のカートリッジ85にそれぞれ充填された各色の記録剤を用いて記録媒体に画像を印刷する印刷装置10である。印刷装置10は、残量検出部28と、記憶部及び読出部とを備える。残量検出部28は、複数のカートリッジ85にそれぞれ充填されている記録剤の残量を、カートリッジ85毎に検出する。記憶部は、カートリッジ85に設けられた記憶素子に、印刷装置10で発生又は実行された事象に関する履歴情報を記憶する。読出部は、カートリッジ85に設けられた記憶素子から履歴情報を読み出す。記憶部は、事象が新たに発生又は実行された場合、最も残量の少ないカートリッジ85に設けられた記憶素子に、新たな事象の履歴情報を記憶する(S100,S110)。 (もっと読む)


【課題】測色のトータルスループットを向上させ、且つ記録した画像への損傷を防止することが可能なプリント装置を提供すること。
【解決手段】測色部と乾燥部を有する測色ユニットと、シート支持面との間の距離を可変にすることが可能である。この距離は、プリント部でのプリントの際には第1の距離となり、乾燥部での乾燥の際には第1の距離よりも短い第2の距離となり、測色部での測色の際には第2の距離よりも短い第3の距離となる。 (もっと読む)


【課題】ノズルの配列方向や被記録媒体の搬送方向が傾いた場合に、記録される画質を向上させる。
【解決手段】搬送方向に搬送される記録用紙に、キャリッジとともに主走査方向に往復移動するインクジェットヘッドからインクを吐出することによって、記録用紙に画像の記録を行うインクジェットプリンタにおいて、画像の記録を行う際に、ノズルの配列方向あるいは記録用紙の搬送方向が、副走査方向に対して傾いている場合、画像記録領域の中央部については、ノズルの配列方向及び記録用紙の搬送方向のいずれもが、副走査方向と平行である場合の吐出タイミング(基準タイミング)でインクを吐出させる。画像記録領域の中央部よりも搬送方向の上流側の部分、及び、下流側の部分については、吐出タイミングを基準タイミングよりも早める又は遅らせて、インクの着弾位置を主走査方向にずらす。 (もっと読む)


【課題】インクのメニスカスに微振動を与えてノズル近傍でのインクの増粘を防止する手段を備えたインクジェット記録装置を用いて記録ヘッドを駆動する際、与えた微振動によりメニスカスが破壊され、吐出安定性が悪化する場合があった。
【解決手段】インクジェット記録装置の記録方法であって、記録ヘッドの駆動周波数に対応して、メニスカス破壊による吐出安定性悪化が生じない程度の適切な頻度にメニスカスの振動頻度を設定し、良好な吐出安定性を確保する。 (もっと読む)


【課題】ヘッドの吐出量ばらつきよる濃淡ムラを、ノズル数を制限することなく平均化させる。
【解決手段】紙送り方向と直交する方向にヘッド90を移動させながら、前記紙送り方向に沿って配列されたノズル92からインクを吐出して情報を印刷するインクジェットプリンター100の制御方法であって、前記ヘッド90の前記ノズル92毎の吐出量を測定する吐出量測定工程S1と、前記吐出量測定工程S1で測定された前記吐出量のばらつきに基づいて、前記ヘッド90をグループ分けするヘッドグルーピング工程S2と、前記ヘッド90の前記グループに対応して予め決められている紙送りパターンをデータとして記憶している記憶部88から、前記ヘッド90の前記グループに応じた前記紙送りパターンを読み出す紙送りパターン読み出し工程S3と、読み出された前記紙送りパターンで紙を送りながら情報を印刷する紙送り印刷工程S4とを有する。 (もっと読む)


【課題】記録装置において、キャリッジをガイドする部材などの精度に係らずキャリッジの姿勢変化による記録位置ずれを高精度に補正でき、また、キャリッジの移動自体を安定的に行なう。
【解決手段】記録ヘッドの傾き補正量を求める処理を総ての基準マーク間に関して行う。そして、所定のタイミングで、キャリッジの往路の移動動作を開始する(S107)。この移動では、キャリッジが基準マークkの位置に到達(S108)するごとに、ステップS106で求めメモリに格納した、基準マークkから基準マークk+1の間のカムモータの駆動データを読み出し(S109)、そのデータに基づいて記録ヘッドを傾かせるためのカムモータを駆動する(S110)。これにより、基準マークkから基準マークk+1の間に、この区間のキャリッジの姿勢変化を相殺するよう記録ヘッドを傾けることができ、結果として、キャリッジの姿勢変化による記録位置ずれを抑制することができる。 (もっと読む)


【課題】インクジェット記録装置による記録方法において、記録媒体が帯電することにより浮遊したインクミストが上記帯電箇所に付着し、記録媒体を汚すことがあった。
【解決手段】インクジェット記録装置の記録方法であって、記録媒体の帯電量を抑制するため、記録媒体の帯電量を抑える速度で搬送し、記録媒体の搬送部と画像形成部との間に帯電除去装置を備えることで、記録媒体上の帯電を除去することにより、インクミスト付着による記録媒体の汚れを抑制する。 (もっと読む)


【課題】記録媒体の裏面に対し帯電の傾向に応じた適切な加湿を行うことにより、高品位な画像を出力しながら裏面の汚染を回避することが可能なインクジェット記録装置を提供する。
【解決手段】記録中に記録媒体201の裏面が汚染される懸念が高い場合において、記録媒体201の裏面のみに水分を塗布する。これにより、高分子樹脂等によって構成される記録媒体201の裏面が搬送に伴って帯電するのを抑え、インクやインクミストが記録媒体201の裏面側に付着することを回避することが出来る。 (もっと読む)


【課題】紙粉が画像形成装置内に飛散し紙粉付着によって記録ヘッドがノズルダウンすることを防止し、インク滲みや裏抜け等の画像品質への影響がなく、用紙シワや破れ等の用紙自体の不具合を抑制した画像形成装置の提供を目的とする。
【解決手段】記録ヘッドからインク液滴を噴射させ、印刷用紙に画像形成する画像形成装置において印刷用紙を積載する給紙台と、給紙台上に積載された印刷用紙の側面に液体を塗布する液体塗布手段と、液体塗布手段と給紙台上に積載された印刷用紙の側面との間の距離を変更することが可能な液体塗布手段移動機構とを備えており、液体塗布手段は、給紙台上に積載された印刷用紙の側面のうち、給紙方向と平行な横側面に液体を塗布する横側面部液体塗布手段および/または給紙台上に積載された印刷用紙の側面のうち、給紙方向の先端面に液体を塗布する先端面液体塗布手段であることを特徴とする画像形成装置を提供する。 (もっと読む)


【課題】廃液回収体が着脱可能とされた液体噴射装置から廃液回収体が取り外された際に、その事実を迅速且つ容易に把握して対処することができる液体噴射装置及び同装置に着脱される廃液回収体を提供する。
【解決手段】インクを噴射する記録ヘッド21と、記録ヘッドからインクを廃インクとして排出させる際に駆動される吸引ポンプ33と、吸引ポンプの駆動に伴い排出される廃インクを受容可能な廃インクタンク25が着脱自在に装着される装着位置27と、装着位置に装着される廃インクタンクに係合して吸引ポンプに対して動力伝達可能な位置に移動する一方、装着位置から廃インクタンクが取り外される際には廃インクタンクと非係合状態となって吸引ポンプに対して動力伝達不可能な位置に移動する可動部材43及び変位歯車46を有する動力伝達機構34とを備えた。 (もっと読む)


【課題】圧電素子の薄膜化を達成しつつ、圧電素子への電圧印加による素子破壊を簡便に防止する液体吐出装置及びインクジェットヘッド駆動方法を提供する。
【解決手段】圧電素子(58)を具備するインクジェットヘッド(16)に圧電素子の周囲の空間を囲む気体室(60)が設けられ、圧電素子へ駆動電圧が印加される期間中(インクジェットヘッドの通電中)は、乾燥気体供給部(70)から気体室へ前記インクジェットヘッドの周囲の露点以下の乾燥気体が供給され、圧電素子へ駆動電圧が印加されない期間は乾燥気体の供給が停止される。乾燥気体の供給が停止されると、乾燥気体供給流路(78)の供給バルブ80が閉じられるとともに、気体回収流路(82)の回収バルブ(84)が閉じられる。 (もっと読む)


【課題】損紙の削減を図る。
【解決手段】光の照射によって硬化する液体を被印刷媒体に吐出する吐出部と、前記被印刷媒体に着弾した前記液体に前記光を照射する照射部と、前記被印刷媒体に形成された画像の画質を検査する画質検査部と、を備え、前記画質検査部が前記画像の形成異常を検出した場合に、前記照射部の前記光の光量を制御する。 (もっと読む)


【課題】紫外線照射装置の大型化に伴い、複数の紫外線照射装置を搭載した液滴吐出装置では装置コストが高くなってしまうことがある。
【解決手段】紫外線硬化型の液状体を記録媒体に向けて吐出する吐出ヘッド33と、吐出ヘッドを保持するヘッド保持部材と、ヘッド保持部材の位置をX方向に変化させる主走査方向変位装置と、記録媒体をY方向に間欠的に改行する副走査方向変位装置と、ヘッド保持部材の主走査方向片側に設けられ、記録媒体に吐出された前記液状体に紫外線を照射する紫外線照射装置15と、を備えた液滴吐出装置の描画方法において、紫外線照射装置15がヘッド保持部材の主走査方向の第1の方向の後方に位置するときに紫外線照射による液状体の硬化時間が、紫外線照射装置15がヘッド保持部材の主走査方向の第2の方向の前方に位置するときに紫外線照射による液状体の硬化時間よりも長い液滴を吐出することを特徴とする描画方法。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で情報を記録できる印刷材収容体を提供する。あるいは、印刷装置の構成の簡略化、または、処理の効率化を図る。
【解決手段】印刷材収容体は、書込部を備えた印刷装置に装着される。書込部は、書込部と印刷材収用体とが第1の方向に相対移動して、印刷材収容体に情報を書き込む。印刷材収用体は、印刷材収容体の使用の程度に関する、更新され得る第1の情報を、非電子的な方法を用いて、更新可能に記録するための第1の記録部と、印刷材収容体に関係する情報であって、印刷装置の動作に関する、更新され得る第2の情報を、非電子的な方法を用いて、更新可能に記録するための第2の記録部とを備える。第1の方向への相対移動が開始される前の書込部と印刷材収用体との相対位置から、印刷材収用体が書込部に対して相対移動する方向に向かって、第2の記録部、第1の記録部の順に配置される。 (もっと読む)


【課題】電源部を冷却する空気が記録媒体の搬送に悪影響を及ぼすことを防止する。
【解決手段】インクジェットプリンタ10は、インク吐出ヘッド14a〜14dと、第1収容部18と、排出部20と、第1搬送経路22と、第1搬送力付与手段24と、電源部26と、冷却空気流路30と、風力付与手段32と、筐体12と、増設収納ユニット34とを備え、筐体12の内部には、中継経路38が設けられ、電源部26および冷却空気流路30は、第1収容部18、第1搬送経路22およびインク吐出ヘッドに対して鉛直方向下方の領域に配置され、インク吐出ヘッドは、鉛直方向に関して第1収容部18以上の領域に配置され、電源部26は、鉛直方向から見た場合に第1収容部18と重なるように配置され、冷却空気流路30は、中継経路38と交わらない経路を通るように構成される。 (もっと読む)


【課題】被記録媒体に対する処理剤液の塗布ムラを抑制できるインクジェットプリンタ用処理剤液塗布装置を提供する。
【解決手段】被記録媒体Wを搬送する搬送ローラ33、被記録媒体Wに処理剤液22を塗布する塗布ローラ31、塗布ローラ用駆動モータ32を備え、モータ32と塗布ローラ31はワンウェイクラッチ43を介して接続され、モータ32により塗布ローラ31を回転したときの周速度は搬送ローラ33の周速度よりも遅く設定され、塗布ローラ31は搬送ローラ33で搬送される被記録媒体Wに従動して回転し、被記録媒体Wに対して塗布ローラ31がスリップした際はモータ32で回転駆動されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】複数のモータを動作させる際の駆動電流の急峻な変化を抑えるインクジェット記録装置を提供する。
【解決手段】記録ヘッドを搭載したキャリッジを往復移動させるキャリッジモータと、記録ヘッドからのインク吐出に伴って生じるミストを排気するファンを駆動するファンモータとを備えるインクジェット記録装置において、キャリッジを停止状態からインク吐出による記録時の目標速度まで加速する加速期間に、ファンの回転数を低下させるようにファンモータを制御する。 (もっと読む)


【課題】記録ヘッドのノズル面の汚れを確実に除去できるインクジェット記録装置を提供する。
【解決手段】ノズル面32aからメディア31に向けてインクを吐出する記録ヘッド32と、記録ヘッド32のノズル面32aを清掃する清掃装置40とを備えるインクジェット記録装置30において、清掃装置40は、ノズル面32aに対向するように形成された開口部48と、開口部48に設けられた複数の吸引孔52と、複数の吸引孔52から記録ヘッド32のノズル面32aに付着したインクを吸引する吸引手段34とを有する。 (もっと読む)


【課題】処理剤液の粘度上昇による処理剤液塗布量の増加を有効に抑制することのできるインクジェットプリンタ用処理剤液塗布装置を提供する。
【解決手段】被記録媒体Wに処理剤液22を塗布する塗布ローラ31、塗布ローラ31との間で被記録媒体Wを挟持すると共に、被記録媒体Wを塗布ローラ側に押圧する加圧ローラ33、
塗布ローラ31と処理剤液22を収容し、塗布ローラ31と加圧ローラ33のニップ部付近に開口部38を有する第1の容器26、第1の容器26よりも気密性が高い第2の容器43、
第1の容器26から第2の容器43に延びた退避経路44、退避経路44の途中に設けられた開閉弁45、第2の容器43から第1の容器26に向けて延びた戻し経路54,46を備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 20 / 1,148