説明

Fターム[2C056FA15]の内容

インクジェット(インク供給、その他) (179,423) | ヘッド型式、走査方式 (12,581) | 走査方式 (9,733) | X−Y方向印字 (273)

Fターム[2C056FA15]に分類される特許

1 - 20 / 273


【課題】被捺染材の種類に応じてフレキシブルなセッティングを行い、被捺染材の皺を適切に低減或いは除去することのできるインクジェット捺染装置を提供する。
【解決手段】インクジェット捺染装置1は、被捺染材Pを載置する載置台17と、その両側に設けられた吸引部19とを備えている。載置台17の載置面17aと、被捺染材Pの垂下部分Ptを載置台17に対し両側で保持する保持手段としての吸引部19と、の相対的な高さ位置が調整可能に構成されている。従って被捺染材Pに付与するテンションを、被捺染材Pの種類に応じて調整でき、皺を適切に低減或いは除去することができる。 (もっと読む)


【課題】 高粘度材料に変揺性を与えることなく形状良好な点字を形成することが可能とする技術の提供。
【解決手段】 吐出装置とワークとを相対移動しながら、ワーク上に液体材料を滴下塗布して点字を形成する点字形成方法であって、前記吐出装置は、ノズル内流路と連通し、液体材料が供給される液室と、ノズル内流路の入口を閉鎖する進出位置および後退位置を有するピストンと、を備え、前記吐出装置のノズルの吐出口から吐出される1〜10個の液滴により、ワーク上に点字を構成する一の点を形成する点字形成工程を有することを特徴とする点字形成方法および当該方法を実施可能な塗布装置。 (もっと読む)


【課題】より容易に記録ヘッドの部品の交換を行う。
【解決手段】インクジェット記録装置1は、キャリッジ4の底板4aに設けられた開口部を通じてインクを吐出するノズルを有し、キャリッジ4の底板4aに対して着脱可能に立設してX軸方向に沿って並ぶ複数のヘッド部3aと、ヘッド部3aを駆動する駆動電圧をヘッド部3aに出力する基盤を有し、ヘッド部3aの各々に対して個別に載置されてヘッド部3aと電気的に接続された複数の接続ユニット3bと、複数の接続ユニット3bの各々の上端部と当接した状態でキャリッジ4に着脱可能に固定され、底板4aと協働して複数のヘッド部3a及び複数の接続ユニット3bを挟持する固定部材200と、を備える。 (もっと読む)


【課題】吐出部と対象物の間の離間距離の変動を検査する対象物上の地点が少ない場合でも、吐出タイミングの補正を良好に行うことができる技術を提供すること。
【解決手段】液滴吐出装置は、液滴を吐出する複数の吐出口が形成された吐出部に対して対象物を移動機構によって相対的に移動させ、該吐出部から吐出した前記液滴を前記対象物に着弾させる。液滴吐出装置は、吐出部に対して吐出信号を出力することにより、吐出口からの液滴の吐出を制御する吐出制御部と、対象物上の複数の地点について、対象物の相対的な移動に応じた、吐出部と前記対象物との間の離間距離の変動を検査する検査部と、対象物上の領域のうち、前記複数の地点を除く地点における前記変動を、検査部の検査結果に基づいた演算により補間する補間部と、補間部によって取得された前記変動に関する情報に基づいて、吐出口からの液滴の吐出タイミングを補正する補正部とを備える。 (もっと読む)


【課題】画像の印刷に影響を与えることなく、フラッシングのための時間を短縮することができるインクジェット印刷方法およびインクジェット印刷装置を提供することを課題とする。
【解決手段】印刷対象物Aに画像Bおよび画像Bの位置を検出するためのマークCを印刷すると共に、一連の印刷動作の中で全ノズルからインクを吐出するフラッシングが定期的に行われるインクジェットヘッド22と、インクジェットヘッド22の駆動を制御する制御手段7とを備え、制御手段7は、マークCの印刷を、全ノズルからインクを吐出することで行わせるものである。 (もっと読む)


【課題】画像の記録動作中に、インク循環路などにおいて、インクが滞留することに起因して沈降が発生することを抑制する描画方法を提供する。
【解決手段】描画方法は、吐出ヘッドと被描画媒体とを相対移動させると共に、吐出ヘッドから液状体の液滴を吐出する吐出走査工程と、吐出ヘッドからの液滴の吐出を停止した状態で、吐出ヘッドと被描画媒体とを相対移動させる相対移動工程と、吐出ヘッドに液状体を供給するための液状体供給部において液状体を循環させる循環工程と、を有し、循環工程を、相対移動工程が実施されている間に実施する。 (もっと読む)


【課題】機能性インクの吐出安定性を有するインクジェット法による薄膜製造装置を提供する。
【解決手段】基板202を保持するステージ203と、ステージ203に対向して配置されインクジェット法により機能性インクをノズルから吐出して基板202上に塗布するIJヘッド208と、を有し、ステージ203及び/又はIJヘッド208を相対的に移動させて基板202上に機能性インクを吐出し任意のパターンで塗布する液体吐出塗布機構部と、基板202上の機能性インクを加熱し結晶化させて機能性薄膜とする加熱機構部と、を備え、前記液体吐出塗布機構部におけるステージ203は、IJヘッド208の前記機能性インクを塗布するときの走査行路上に前記ノズルと摺擦するワイピングブレード212を有する。 (もっと読む)


【課題】つなぎ目部を有する媒体を首尾よく乾燥させる。
【解決手段】本発明に係る画像記録装置は、つなぎ目部を有する媒体を搬送経路に沿って搬送する搬送部と、前記媒体に液体を吐出することにより前記つなぎ目部及び非つなぎ目部の双方に印刷画像を記録するヘッド部と、前記搬送経路上の加熱領域に位置する前記媒体の部位を加熱することにより、前記印刷画像を形成する液体を乾燥させる加熱部と、前記つなぎ目部を検出する検出部と、前記検出部からの検出信号に基づいて、前記つなぎ目部が前記加熱領域において加熱される時間が、前記非つなぎ目部が前記加熱領域において加熱される時間よりも長くなるように、前記搬送部による媒体の搬送を制御するコントローラーと、を備える。 (もっと読む)


【課題】可動ローラーに起因した記録媒体の巻きぐせ抑制する。
【解決手段】記録媒体を繰り出す繰出ローラーと、繰出ローラーから支持部までの間に設けられたバッファー領域に繰出ローラーが繰り出した記録媒体を、当該バッファー領域から支持部側へ間欠的に搬送する搬送部と、支持部上に間欠停止する記録媒体に画像を記録する記録部とを用いて、記録媒体に画像を記録する。バッファー領域における記録媒体の長さの変化に伴って変位しつつバッファー領域で記録媒体を巻き掛ける可動ローラーにより記録媒体に張力を与えながら、第1速度で記録媒体をバッファー領域に繰り出す高速繰出動作と、第1速度より低い第2速度で記録媒体をバッファー領域に繰り出す低速繰出動作とを選択的に実行する。 (もっと読む)


【課題】光沢感、耐擦性に優れたパターン(印刷部)を備えた記録物を提供すること、光沢感、耐擦性に優れたパターン(印刷部)を備えた記録物を安定的に製造することができる製造方法を提供すること、また、光沢感、耐擦性に優れたパターン(印刷部)を備えた記録物の製造に好適に用いることのできるインクセットを提供すること。
【解決手段】本発明の記録物の製造方法は、金属粉末および重合性化合物を含む第1のインクを、インクジェット方式により記録媒体に付与する第1のインク付与工程と、前記記録媒体の前記第1のインクが付与された領域に、比重が2.0以上の溶剤を含む第2のインクを付与する第2のインク付与工程と、前記記録媒体から前記溶剤を除去する溶剤除去工程と、紫外線を照射することにより、前記重合性化合物を重合させる重合工程とを有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】インクを硬化する紫外線照射の消費電力を抑制する。
【解決手段】紫外線の照射によって硬化するインクを吐出する吐出ヘッドと、前記インクに前記紫外線を照射する紫外線照射ユニットと、吐出タイミングに基づいて紫外線を選択照射する制御部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】印刷媒体の表面にUVインクを平滑化した状態で且つ滲まないように重ねて付着させることにより印刷品質を向上させたインクジェットプリンタ、その印刷ユニットおよびその印刷方法を提供する。
【解決手段】インクジェットプリンタは、印刷媒体を支持するバキュームテーブルと、印刷媒体の表面に向けてインクを吐出して付着させる印刷ヘッド62と、印刷媒体の表面に紫外線を照射してインクを硬化させる右UVLEDユニット70R,左UVLEDユニット70Lと、印刷ヘッド62および右UVLEDユニット70R,左UVLEDユニット70Lをバキュームテーブルと対向させて搭載し、印刷媒体に対して相対移動されるキャリッジ63とを有して構成される。キャリッジ63上において、印刷ヘッド62に対して右UVLEDユニット70R,左UVLEDユニット70Lを相対移動させる前後駆動装置80を備えている。 (もっと読む)


【課題】主走査方向に移動する記録ヘッドから記録媒体へ液体を噴射してライン画像を形成する主走査を複数回行って、副走査方向に隣接するライン画像を互いに異なる主走査により形成する画像記録技術において、ライン画像間における隙間の発生を抑制する。
【解決手段】記録媒体の表面を改質する表面改質処理を実行する表面改質機と、記録媒体に形成されたマークの副走査方向への変位を検出する検出部と、画像記録処理の途中において、以後に形成予定の後続ライン画像の形成に先立って表面改質処理を実行するか否かを、検出部が検出したマークの変位に基づいて判断する表面改質制御部とを備え、表面改質制御部が表面改質処理を実行すると判断した場合は、表面改質機は、後続ライン画像の形成に先立って表面改質処理を実行し、画像記録制御部は、表面改質処理が実行された記録媒体に対して後続ライン画像を形成する。 (もっと読む)


【課題】装置停止時や装置復旧時における作業安全性を確保する。
【解決手段】記録媒体と相対移動させながら、前記記録媒体に向けて紫外線硬化型の機能液を液滴として吐出する吐出ヘッドと前記記録媒体に塗布された前記機能液に対して紫外線を照射する紫外線照射部とを有するヘッドユニットと、停止信号に基づいて、前記記録媒体と前記ヘッドユニットとを相対移動させながら、前記記録媒体に塗布された前記機能液に前記紫外線を照射した後に前記相対移動を停止させる制御部と、を備えた。 (もっと読む)


【課題】吐出手段における液圧を一定に維持するために、液状体を供給する装置が複雑になったり、装置のコストが増大したりすることを抑制することができる吐出装置、及び液状体供給システムを提供する。
【解決手段】吐出装置は、液状体を吐出する吐出手段と、シリンダーと、シリンダーの内壁に、内壁との間を気体又は液体が通過することを略阻止するとともに、摺動自在に勘合したピストンと、シリンダーとピストンとで形成された液溜室と、吐出手段と、を連通させる液状体流路と、錘によってピストンを液溜室側に付勢する錘付勢手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】凹凸がない下地層上に描画し、描画層の高解像化を実現する。
【解決手段】描画方法は、ワークWに下地層であるクリアインクを吐出し、クリア層を形成し、クリアインクを吐出終了位置からカラーインクの吐出開始位置に、インク吐出位置が移動する間にクリア層を硬化させ、硬化されたクリア層の表面にカラーインクを吐出し、描画する。このようにすることによって、クリア層はクリアインクの吐出から硬化までの過程で凹凸がない均一な層にレベリングされる。よって、カラーインクは凹凸がない均一な面に着弾させることができ、カラーインクの着弾径を小さくすることが可能で、高画像解像度化を実現できる。 (もっと読む)


【課題】記録媒体に発生する筋むらを容易かつ確実に抑制することができる描画装置及び描画方法を提供する。
【解決手段】描画装置は、ワークPに対して液体Lを噴射する走査型液体噴射ヘッド9と、ワークPを吸着支持しつつ副走査方向に搬送するワーク搬送テーブル6と、ワーク搬送テーブル6に形成された吸引開口30の内部に配置されて、ワークPのうち吸引開口30に接する領域の温度を他の領域における温度に近接させる温度調整手段31,32と、を備える。 (もっと読む)


【課題】記録媒体に発生する筋むらを容易かつ確実に抑制することができる描画装置及び描画方法を提供する。
【解決手段】描画装置は、ワークPに対して液体Lを噴射する走査型液体噴射ヘッドと、ワークPを載置しつつ副走査方向に搬送するワーク搬送テーブル6と、ワーク搬送テーブル6のワーク載置面6aに配置された複数の温度差発生素子30と、ワークWに着弾した液体Lにより形成される画像に筋むらMが発生するときに、複数の温度差発生素子30のうち、筋むらMに対向する位置に配置された温度差発生素子30aにより、筋むらMの周囲に着弾した液体Laと他の領域に着弾した液体Lとの間に温度差を発生させる温度差発生部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】液状体が配置された被描画媒体の適切な位置に適切な量の硬化光を照射できるインクジェット描画装置、及びインクジェット描画装置の制御方法を提供する。
【解決手段】インクジェット描画装置は、光硬化型の液状体を吐出する吐出ノズルを備え、媒体保持手段に保持された被描画媒体に向けて液状体を吐出する吐出ヘッドと、液状体の硬化光を、被描画媒体に照射する硬化光照射手段と、吐出ヘッドと硬化光照射手段とを保持するヘッド保持手段と、被描画媒体と吐出ヘッドとを相対移動させるとともに、吐出ヘッドから液状体を吐出して被描画媒体に着弾させる吐出走査の吐出走査方向に、ヘッド保持手段と媒体保持手段とを相対移動させる相対走査手段と、吐出ヘッドを制御する吐出制御手段と、硬化光照射手段を制御する硬化光照射制御手段と、を備え、硬化光照射制御手段は、吐出制御手段が発信する吐出制御信号に基づいて、硬化光照射手段を制御する。 (もっと読む)


【課題】簡単に画像の意匠性を向上させることができる描画装置及び描画方法を提供する。
【解決手段】描画装置は、ワークPに対して液体Lを噴射する走査型液体噴射ヘッドと、ワークPを載置しつつ副走査方向に搬送するワーク搬送テーブル6と、ワーク搬送テーブル6のワーク載置面6aに配置された複数の温度差発生素子30と、ワークPに描画する画像データに基づいて、画像の外周部に対向する位置に配置された温度差発生素子30aにより、画像の外周部に着弾した液体Laと他の領域に着弾した液体Lとの間に温度差を発生させる温度差発生部と、を備える。 (もっと読む)


1 - 20 / 273